2022年07月01日

焼きナスと万願寺唐辛子の揚げ浸し

今日は焼きナスを使う第2段。
万願寺唐辛子をのせて、
お汁をかけています。
IMG_6623-2.jpg
ナスを焼いている間に、
大根おろしと万願寺唐辛子はさっと揚げています。
一緒に一緒に唐辛子は焼いても。

posted by 寺庵 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2022年06月30日

芝浦から東京湾

今年一番の暑い日です。
IMG_6619-1.jpg
暑さにうんざりですが、
海を眺めちょっとだけ涼しく、
-1.jpg
東京タワー付近は
やっぱり暑そうです。
posted by 寺庵 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2022年06月29日

水無月はどこへ。

今日は昨日より気温が上がっています。
写真の撮影は7時過ぎ。
青空がきれいに見えます。
IMG_6554-1.jpg
紫陽花も少しバテ気味です。
IMG_6557-1.jpg
手水鉢は涼やかですが、
朝の水やりはたっぷりと苔にかけています。
IMG_6612-1.jpg
いつもなら水はもっと澄んでいます。
水無月は終わろうとしていますが、
この先はどうなるのか心配です。

熱中症には気をつけて、
お過ごしください。

posted by 寺庵 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2022年06月28日

夏にはこれ!冷や汁

今日の精進料理は、
キュウリと胡麻をたっぷり使いました。
そしてトマトも。
IMG_6609-1.jpg
「夏本番の料理ですね。」と
生徒さんからの感想です。
IMG_6601-1.jpg
冷や汁は大好評です。

冷たい汁に豆腐、キュウリ、しその葉は、
麺の汁としても使えます。
この夏リピートがたくさんありそうです。
posted by 寺庵 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2022年06月27日

暑い日の昼食、そうめん

本当に暑いので、
お昼はツルツルとそうめんを
食べようと思いました。

冷蔵庫の薬味を探していたら、
ナスが1個だけコロンとありました。

そうめんを茹でながら、
焼きナスを作りました。
1B505761-E0CF-402E-B620-6B093AF50F82.jpeg

そうめんだけでは、栄養がかたよるので、
一手間かけて!

おいしいかったです。
posted by 寺庵 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2022年06月26日

zoom

今日は朝7時からzoomでレッスンをしました。
IMG_6571.JPG
地域は東南アジアとアメリカの二つの地域の方です。
材料は予め用意をしていただきました。
2時間で3品、空豆ご飯、冷や汁を作りました。
IMG_6589-1.jpg

-1.jpg

IMG_6579-1.jpg
通訳以外、生徒さんは二人です。

ゆっくり作り、おいしい料理ができました。
ご満足いただけたようです。
次回は7月です。


posted by 寺庵 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | NY Teran

2022年06月25日

精進料理入門 水無月 テーマ乾物

今日は乾物をテーマにした入門クラスです。
座学と料理実習です。
IMG_6560-1.jpg
乾物は高野豆腐
IMG_6563-1.jpg
大豆
IMG_6567-1.jpg
ひじき
IMG_6569-1.jpg
乾物ではないけれど、油揚げを使いました。
IMG_6564-1.jpg
生徒さんの感想を紹介します。
「本日は、ありがとうございました。
乾物をテーマはとても勉強になり、
時短の世の中で
時間をかけ、ひと手間かける料理は、
やはりおいしいなと改めて感じました。」

毎日の料理作りで
また作ってください!
ありがとうございました。
そして、ご馳走様でした。
posted by 寺庵 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2022年06月24日

これは何でしょう?

C259CEE9-9421-462E-AAF1-F0BB83C5FE0A.jpeg
梅酒の梅の実です。
香りも良く、
カリカリコウメ。
posted by 寺庵 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2022年06月23日

ミズの炒め煮

新潟の魚沼産の山菜の「ミズ」の炒めものです。
IMG_1115-1.jpg
ミズは別名、ウワバミ草です。
沼の近くに自生しているそうです。
ゆでた状態で販売をされています。
シャキシャキがポイントなので、
胡麻油で短時間で炒めます。

味つけは
濃い口醤油、みりんです。最後に削り節を加えます。

最後の出番の山野草のミズ、
おいしい一品です。
posted by 寺庵 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2022年06月22日

広がるお麩ワールド

今日は水無月専科コースの日です。
今月はお麩について学びます。

お麩の歴史、作り方、種類、栄養価などの講義の後に、
調理です。
使う麩は、車麩、庄内麩、丁字麩 粟麩です。
IMG_6523-1.jpg

IMG_1113-2.jpg

IMG_6532-1.jpg

IMG_1105-1.jpg

IMG_1111-1.jpg

生徒さんの感想は、
「4種類のお麩を使いましたが、
見た目より、どれもおいしいです!」
庄内麩は特に甘辛い味が、
ご飯に合います。」

お麩は無限の可能性があると思います。
精進料理ではなくても
たとえば、トマトやチーズをのせてピザ生地に使うなど
工夫ができます。
今までより、お麩がもっと身近に感じていただけることを
願います。

posted by 寺庵 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室