2018年01月21日

大寒を過ぎて。

今年の大寒は、1月20日です。
暦のように、明日は東京でも雪が降るようです。

寒さも厳しいのですが、
八百屋さんで独活を見かけると
春が少し近くなったように思います。

写真のように、独活の表面は柔らかい産毛のようなものが見えます。
独活.jpg
皮をむいて調理をしますが、
皮はきんぴらに、
うどのおきんぴら.jpg
中は梅の胡麻和えにします。
うどの梅和え.jpg
大寒の次は2月の初めころ、立春です。



posted by 寺庵 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年01月20日

うどんのれんこん蒸し

今日はうどんを使った蒸し物を作りました。
うどんのれんこん蒸し.jpg
ごぼう、にんじん、しいたけ、銀杏が入ります。
うどんと一緒に蒸し椀に入れ、
れんこんのすり下ろしたものを上に置き、
蒸します。
れんこんは、加賀野菜です。

最後に別鍋で作ったあんを上からかけて、
ふたをします。
蒸し物.jpg

生徒さんからの感想は、
「このれんこんを蒸したのは、
モチモチしておいしいですね。」
うどんのれんこん蒸し2.jpg

加賀蓮根のおいしさを感じます。

今日の精進料理.jpg
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年01月19日

少しだけ春の兆し

初めて独活を使いました。
IMG_2604-1.jpg

独活は梅と胡麻の和え衣で和えます。

生徒さんも
「胡麻と梅干しの味が独活に合いますね。」
と生徒さん。
他にも
蕪蒸し
IMG_2607-1.jpg
松風豆腐を作りました。
IMG_2609-1.jpg

お二人で仲良く、料理を盛り付けます。
IMG_2599-1.jpg

独活の味に春を感じます。
ご馳走様です。
IMG_2603-1.jpg


posted by 寺庵 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年01月18日

うどんを蒸し物に!

received_10155503384083229.jpeg

今日はうどんを使った蒸し物です。
れんこんをすりおろし、使います。
posted by 寺庵 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年01月17日

小さな阿弥陀様

年末の大掃除の時、浅尾家の仏壇で見つけた阿弥陀様です。
小さな阿弥陀様.jpg

今日、仏具屋に頼んでおいたお厨子が出来たので
本堂の先祖代々の御位牌の前に置きました。

この阿弥陀様、江戸時代に作られた常國寺の阿弥陀様(木彫り)の
中から出てきたものです。

以前聞いた話ですが、木彫りの阿弥陀の中に、
鉄の物を入れたそうです。
もし火災にあって焼けても、
鉄はなくならないからです。

数十年前に、前の木製の阿弥陀様は
蝋燭の煤(すす)と油で真っ黒になり、
お顔の表情もわからないので、
檀家さんの寄付で新しくしました。

しかし、この小さな阿弥陀様はおおよそ三百年のあいだ、
常國寺の阿弥陀様の中で、
お檀家の皆さんの願いやつぶやきをお聞きいただいていました。

今日から、また新しいお厨子の中で
皆さんの声を直にお聴きになります。
小さな阿弥陀様2.jpg
合掌。
posted by 寺庵 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年01月16日

ごぼうの話

お正月料理には、ごぼうを使います。
地味な色ですが、
その美味しさは格別です。

ごぼうのうま煮1.jpg
八部通り火をとおし、
すりこ木でたたき、
煮汁で煮ます。

半ずりの胡麻をたっぷりまぶして出来上がり。
香りのよい一品です。
続きを読む
posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年01月15日

小豆粥

東林院で行われる、
「小豆粥で新春を祝う会」に出席しました。

昨日まで、雪混じりの寒い日と聞いていたので、
遅刻をしないように6時過ぎの新幹線に乗りました。
寒さが身にしみる朝、マフラーと手袋を忘れないように
出かけました。

案外京都は暖かく、陽射しが出ると手袋は
必要なかったです。
DSC_9846.JPG
滞りなく、「生飯(さば)の儀式」も終わり
小豆粥をいただきました。
DSC_9840.JPG
お腹の中から温まり、ホッとしました。
DSC_9849.JPG
今年も無事に、一年が始まりました。
DSC_9835.JPG

posted by 寺庵 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2018年01月14日

精進料理で元気に!

今日の精進料理も三名の生徒さんで
協力して作っっていただきました。
五色なます.jpg
五色なます

ごぼうのうま煮.jpg
ごぼうのうま煮

味噌松風.jpg
松風豆腐

蕪蒸し.jpg
蕪蒸し

料理.jpg
今日の精進料理

生徒さんから
「先月の精進料理から、ずいぶん食材が変わりましたね。」
と、感想をいただきました。

1月に入ると、冬の美味しい根菜類がたくさん、安く出てきます。
蕪、だいこん、にんじん、ごぼう、れんこんなど、
いろいろな精進料理を
生徒さんに作っていただきたいと思っています。

手間をかけて作る精進料理は、
おいしさと栄養をバランスよくいただけます。

技術だけではなく、身も心も元気になる精進料理を
伝えたい思っています。

ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年01月13日

寒い時には、蒸しものが。

今日は全国的にとても寒い一日です。

蒸しもにあんをかけると、いつまでも冷めにくくなり、
ホカホカの一品が出来上がります。
今回のむしもの、
蕪蒸し2.jpg

『蕪蒸し』
生徒さんから、「今日の精進料理の中で一番美味しい」
と感想をよせていただきました。

今日の精進料理.jpg

今日の精進料理
ご馳走様です。

posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年01月12日

加賀野菜

加賀野菜を取り寄せました。
金沢の近江町市場に行ったのがきっかけで、
加賀野菜を送っていただいてます。

「加賀野菜.jpg
源助大根、蕪など特徴のある野菜です。
この源助大根は煮物に適して、
煮くずれしにくい、美味しい、ずんぐりとした形が特徴です。

蕪(かぶら)は、大人の握りこぶしより少し大きく、
ぶりのかぶら寿司によく使われます。

今日はさっそく源助大根、能登115(しいたけ)、にんじんを使い、
けんちん汁を作りました。
美味しい野菜で作った汁ものは、格別です。

中島菜.jpg
能登野菜 中島菜もあります。
お浸しにするつもりです。
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ