2015年10月31日

料理の手間

今日は久しぶりに参加の生徒さん、
ゆっくりていねいに作っていただきました。
kyouno生徒さん.jpg
里芋は米のとぎ汁を使って下煮をしました。
八部通り火が通ったところでまな板の上にのせ、手で皮をむきます。
生の皮を包丁でむくのと違い、ぬめりもなく、手がかゆくなりません。
里芋の和え物.jpg
時にはこんなやり方で里芋の皮をむきます。

コンニャクの白和えはつきコンニャクを使うので
切る手間が一つ減りました。

白和えの豆腐の下ごしらえは手間を省きません。
そしてすり鉢でゴリゴリとすり、
調味料も入れさらによくすると
写真のような美味しい白和えができます。
こんにゃくのきんぴら.jpg
生徒さんは、
「手間をかけるとホント美味しいものができるのですね。」
と感想をいただきました。
そうなんです、精進料理は
無駄を省き、手間ひまかけて作るのです。

出来上がりは滋味あふれるものが出来上がります。
DSC_0242-1.jpg
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年10月30日

栗が甘い!

栗ご飯を作りました。

栗ごはん.jpg
「初めて作りました!甘い栗ですね。」
生の栗を沸騰した鍋に入れ、火を止めます。
少し冷やしてから皮をむきます。

生徒さん.jpg
味覚の秋を満喫です。
今日の精進料理.jpg

ご馳走様でした。
posted by 寺庵 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年10月29日

鬼柚子

先日、生徒さんからいただいた柚子です。
鬼柚子.jpg

獅子頭のような形なので鬼の名前がついたようです。
魔除けのイメージがあるので
玄関や床の間に飾るようです。

中身は思ったより果汁は絞れません。
でもどこかユニークな顔の気がします。

毎年鬼柚子をいただくとうれしいのですが、
もう年末が見えてきた気がします。
posted by 寺庵 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2015年10月28日

秋の精進料理はうれしいのです。

食材から、出来上がった料理からその季節を感じます。
今日の精進料理.jpg

特に今回はほうれん草と菊の花の柚子びたし
ほうれん草の菊花ゆず浸し.jpg

里芋の和え物、
里芋の和え物.jpg

春菊のピーナッツ白和え、
春菊のピーナッツ白和え.jpg

旬の食材がたくさん登場しています。
今日の生徒さん.jpg
生徒さんには
「久しぶりだけど、美味しく作れました!」と、
とても喜んでいただけました。

ご馳走様でした。
posted by 寺庵 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年10月27日

和歌朗読の会 満月の夜会

今日は満月です。
満月.JPG
この日の朗読の会は、月にちなんだ和歌も詠まれました。

本堂の外陣に和ろうそくをたてました。

DSC_0154.JPG
みなさんの感想は、
「ろうそくのおかげで、心が和歌の中に入っていきます。」
「しみじみと人を想う気持ちに感動しました。」などがありました。

精進弁当も秋、月にちなんだ食材で作りました。
「おいしい!」と一言。
朗読の会のお弁当.jpg
ありがとうございました。
posted by 寺庵 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋

2015年10月26日

愛着がわく料理!

「何回か通ううちに料理の手順がわかってきました。」と生徒さん
「音の違いもおもしろいですね。」
白和えは胡桃をすりばちですり、次に豆腐をすります。
ゴリゴリと音を立てますが、最初のうちはゴニョゴニョの音です。
慣れるとゴリゴリ。
音の違いを確かめながら、生徒さんは真剣にすりこ木をまわしています。
精進料理1.jpg

「これだけ手間がかかっているので、
 時間はかかりました。おかげで美味しく感じます。」

そうなんです、作ったものに愛着がわきますね。

ほうれん草の柚子びたしもきれいですね。
しめじと柚子がポイントです。

ほうれん草と菊花の柚子びたし.jpg
ご馳走様でした。今日の精進料理2.jpg

posted by 寺庵 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年10月25日

白和え

精進料理を作り始めて白和えが好きになった生徒さんです。
今回は春菊、にんじん、椎茸が具材です。
和え衣は胡桃の白和えです。
今日の生徒さん.jpg

春菊とにんじんの胡桃和白和え.jpg
試食の時、「くるみの味が豆腐と良く調和してとても美味しいです。」
と感想をいただきました。

里芋みそ和え.jpg

「里芋もおいしいですね」
いつもは煮物ぐらい、里芋の和え物も初めてだそうです。
ゆば.jpg
久しぶりにの湯葉を使いましたです。
生徒さんは
「精進料理と言えば湯葉ですね。
 揚げて煮るだけで湯葉の味がぐんと美味しく感じます。」

今日の精進料理.jpg
「一か月に一回の精進料理で普段の自分がリセットされます。」
ゆっくりていねいに作り、それを味わいながら食べると、
何かほっとするのでしょうか。

ご馳走様でした。

posted by 寺庵 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年10月24日

NYへ。

11月13日からNYへ行きます。
精進料理の紹介と食育の講座です。

食育ではNYのスーパーマーケットで
よく目にする食材を使い精進料理を作ります。
築地.jpg
キヌアやケール、パプリカを使うのですが
どんな精進料理にするか、
ただ今検討中です。
チャービル.jpg
世界のどこでも作れるようにと思っています。

posted by 寺庵 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2015年10月23日

築地から秋の便りが。

お麩の色合いから秋を見つけました。
銀杏は緑から黄色になるところです。
生麩.jpg

菊の花も山形のモッテ菊、
kiku.jpg
しいたけもこの時ばかりは旬の顔色。
椎茸.jpg

築地から秋の便りが届きました。
posted by 寺庵 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 築地に行こう!

2015年10月22日

秋の築地市場

この季節は全国から入る豊富な食材で、
にぎやかな品揃えです。

名残りの野菜の万願寺唐辛子や、
走りの今日入荷の正月用のくわい、

DSC_0208.jpg
ふきを見かけました。

DSC_0213.jpg
今月は芋名月と呼ばれるくらい、
里芋、石川芋もたくさんありました。
DSC_0201.jpg
珍しいシロセロリ、
DSC_0211.jpg

アケビもありました。
DSC_0195.jpg

さて、何を買いましょうか!
posted by 寺庵 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 築地に行こう!

2015年10月21日

寺小屋の秋の行事

この季節、寺子屋の行事がたくさん開催します。

10月24日(土) 習字    午後2時〜4時
10月25日(日) 香の会  「秋の香りを愉しむ」午後2時〜4時
10月27日(火) 朗読の会 「満月の朗読夜会」午後7時〜9時 精進弁当つき
11月8日(日)  常國寺落語会 鈴々舎馬桜師匠12時〜2時30分  精進弁当つき
          
秋の心地よい季節、五感を使って体験してはいかがですか?
DSC_0010-1.JPG
皆様のご参加をお待ちしております。
posted by 寺庵 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋

2015年10月20日

和食のイロハの復習して思ったこと

前回の料理を家で復習したお話から始まりました。
鯵の南蛮漬け
「ここで作った時はちゃんと美味しくできたのですが、
家では魚の骨はかたく、見栄えも良くなかったです。」
と生徒さん。

よく聞いてみると鍋の直径は12p、
油は後の処理を考えて少なくしたそうです。

生徒さんが用意した鯵は豆鯵ではなく、
育って大きくなっていたそうです。

反省から、
・揚げものは22pの直径の鍋、
・油の量は底からから5pくらいを目安に入れる。
・骨まで食べられる豆鯵を用意し、2度揚げする。
などお話しました。

「三度作ると上手に作れますよ!」
と励ましました。
和食のイロハ.jpg
そして今回は酢豚です。
ちょっと黒いけれど美味しかったです。
酢豚2.jpg

posted by 寺庵 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2015年10月19日

寺庵のキッチン

お寺の台所は寺庵の精進料理でも使っています。
kitchen1.jpg

手洗い場所、野菜洗いのシンクが他にあります。
kitchenA.jpg
外国の方から日本のキッチンは珍しいので、
写真を撮りたいと言われました。

一番興味を持たれたのが、
魚焼きグリルです。
3.jpg
もちろん野菜をグリルする時しか使わいませんと
付け加えました。

その方の家では電子レンジとオーブンが2つ、
同じ場所に縦に置いてあるそうです。
もちろん大きな家にお住まいな気がします。

小さな台所で何枚も写真を撮っていたのが印象的でした。
posted by 寺庵 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2015年10月18日

ゴロゴロ

今日は英語でレッスン、
ヨーロッパから来た方が生徒さんです。

味わいも、組み合わせも精進料理は良いので、
実際に作ってみたいのでこちらに参加を決めたそうです。

今日は豆腐料理と春菊の和え物を作りました。
すりばちで豆腐をする時に、
「ゴロゴロと音がするように」とアドバイスをしました。
すると、「ゴロゴロ」が気に入ったようで
「Good sound! ゴロゴロ」と言いながらすりこ木を使っていました。

今日の生徒さん.jpg
料理中はとても楽しそうです!

食事は本堂です。お箸を使うこともとても上手な方です。

食事.jpg
「どれも美味しい!」と残さず召し上がっていただきました。
ありがとうございました。

posted by 寺庵 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Shojin-Ryori cooking

2015年10月17日

胡麻やピーナッツを使った精進料理

精進料理は種実類を何種類か使います。
今回は胡麻とピーナッツです。

「しゃきしゃきしたれんこんのきんぴらは、
 胡麻をたっぷり使うのでさらに美味しく感じます。」

れんこんの彩りきんぴら.jpg
「春菊はピーナッツペーストが合いますね。」

春菊のピーナッツ和え.jpg
などいろいろと感想をいただきました。

精進料理今日の.jpg
精進料理は旬の食材を使うので
時には一汁三菜のなかで、和え物が二つになります。

いろいろな料理法があるので和え物が2種類ですが、
似た感じにはなりません。
ご馳走様でした。

 
posted by 寺庵 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年10月16日

和え物

精進料理では和え物が毎回登場します。
その和え物の中で、秋の季節にぴったりの食材があります。

栗です。栗が和え衣になります。
具材はしめじとえのきです。
栗自体の甘さで調味料の量は変わります。

しっとりした和え衣をきのこにまとわせます。
「和え衣のかたさがわからないので、
 実際に作ってみてわかります。」と生徒さん
栗をむく.jpg

生の栗をむくのは大変ですが、
ちょっとしたコツを覚えれば大丈夫です。

しめじとえのきの栗あえ.jpg
「この季節にぴったりの和え物、美味しいです。」
と感想をいただきました。
posted by 寺庵 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2015年10月15日

常國寺報恩講 厳修

晴天に恵まれ 、12時より報恩講が厳修されました。
IMG_1906-1.jpg

精進弁当(お非時 おひじ)は精進料理の原点、
大きいがんもどきを使いました。
(いつもはもっと小ぶりです。)
がんも.jpg

秋の風景を表す紅葉麩、食材は栗、柿も入ります。
お弁当全体.jpg
毎年の楽しみは、お非時(おとき)召しあがるをお檀家さんと
お弁当や季節のお話です。
用意.jpg
弁当箱を片づけながら、
今年も報恩講が無事に終わった開放感にひたっています。


posted by 寺庵 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2015年10月14日

NHKラジル君

今日はラジオの収録の日です。

NHK渋谷放送センターで、収録の前にラジル君に挨拶をします。
耳の大きな犬のようなキャラクターです。
ラジル君1.jpg
いつもマイクの前で緊張しますが、
このキャラクターを見ると心が落ち着きます。
ラジル君.jpg
柿沼アナウンサーの落ち着いた声と、
渡辺ひとみアナウンサーの大きな目に励まされ、
今日も無事終わりました。
代々木公演.jpg
外は秋色がかった代々木公園、
日暮れが早いので帰宅を急ぎました。
posted by 寺庵 at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2015年10月13日

報恩講前の買い物

DSC_0161.jpg
今日は報恩講の精進弁当の食材買い出しです。

なんと、松茸の値段がとっても高くなり、
3軒もまわってようやく買いました。
DSC_0171.jpg
今年はいつもより長雨の後に晴天が続いたので、
早いうちに国産が出回りました。
外国産も高値で思うように買えず少々焦りました。


他の八百屋さんで、万願寺とうがらしの赤と緑を見つけました。
DSC_0153.jpg
赤の万願寺は初めてです。
赤いほうは、伏見の唐辛子のように辛くないそうです。
見るからに赤唐辛子のようです。

石川芋や菊の花、舞茸、平茸しめじ、銀杏、百合根、柚子、すだちもあり、
八百屋さん店先は秋野菜がにぎやかに並べられていました。
DSC_0158.jpg
菊の花は秋田の十文字、山形のもって菊がありきれいな色でした。
ちょうど今日は俳句の季語の「菊花開く」でした。



posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 築地に行こう!

2015年10月12日

黒枝豆

外国の方には「エダマミー」と評判の枝豆。
丹波黒枝豆.jpg
枝豆の旬は夏ですが、
これは、この季節に収穫される「黒枝豆」です。
毎年、親戚から送ってきます。
丹波篠山の黒枝豆。
ゆで.jpg

ゆで方、は
プリッとした豆に塩をまぶしてうぶげを取り、
2リッターの湯に塩90g入れ、やわらかくなるまでゆでます。
そのあとすぐ水につけて冷やします。

薄皮をむけば、きれいな緑色。
普通の枝豆より、粒も大きく、味も濃く、とても美味しいです。
ひと皮むけば.jpg

この枝豆が来る頃は十月十日前後、
黒枝豆をいただきながら、秋も半ばになったと思います。
posted by 寺庵 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ