2015年12月31日

大晦日 おせち作り

今日は大晦日、
お寺の仕事のかたわら、
おせち料理を作っています。

昨日から黒豆を煮ています。
築地の塩田屋さんで購入した丹波の黒豆 大粒。
今回、一番うまく作ることができました。。
ちょうど良い甘さだと家族からほめられました。
黒豆.jpg
黒豆は色を出すため、
ほんの少ししょうゆを加えて煮ます。

甘い汁は喉風邪に効くので、
豆を食べ終わっても冷蔵庫でとっておきます。

おせち料理は新年を迎えるために作ります。
毎年美味しくできるよう一所懸命です。

でもその年ごとの一番良い出来の料理は変わります。
それが手作りの良さではないでしょうか。

最後になりましたが、
「この一年、寺庵のブログを読んでいただ皆様、
ありがとうございます。」

どうぞ、良い年をお迎えください。お供え.jpg

posted by 寺庵 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2015年12月30日

食の歳時記

今日は昼間に大掃除で外回りをしていたので
歳時記の料理を作るのがすっかり遅くなりました。

来年まであと一日とちょっとですが、
食材は春のものも使います。

菜の花の胡麻酢和え
菜の花の胡麻酢かけ-1.jpg

房州の一月は食用の菜の花が咲いています。
胡麻を半ずりにして酢を加えた和え衣が良く合います。

細工麩の煮物
細工麩-1.jpg

かわいい細工はさっと煮てから味を含ませます。
ミカンとお供え餅は白あんが入っています。

もう一つ春のもの、ふきのとうです。
ふきのとうの天ぷらとくわいの素揚げ-1.jpg
天ぷらにしていただきます。ほろ苦さが春を感じさせます。
正月にはくわいを使います。素揚げにするとホクホクしておいしいです。

まだまだ冬の季節ですが、
かすかに春の足音が聞こえてきそうです。
posted by 寺庵 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2015年12月29日

きんかんの甘煮

きんかんはビタミン類が多く、
古くから風邪や咳止めなどに使われています。

今回は生食できるキンカンで甘煮にします。

切れ目をいれ、米のとぎ汁で下煮をします。
渋みが軽減され、きれいな色に仕上がります。
キンカンの甘煮.jpg

お正月前になくなりそうです!

posted by 寺庵 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2015年12月28日

さつま芋のきんとん

栗きんとんは、
裏ごしがとても大変です。

今回はさつま芋の栂ノ尾煮に
栗の甘露にを混ぜてきんとんもどきを作ります。

途中でクチナシの実を入れたのできれいな
色となりました。煮るさつま芋を.jpg

さっぱりとした味ですが
栗入りでぜいたくな栂ノ尾煮となりました。


2015年12月27日

和食のイロハ お正月のおせち料理3

今回はおせちの中で比較的作りやすい献立です。

炒り鶏、
炒り鶏.jpg
矢羽れんこん
矢羽れんこん.jpg
たたきごぼう
たたきごぼう.jpg
ご家族のために今回はこの三品を作るそうです。
生徒さんの一番のお気に入りは、
たたきごぼうです。
「たたいてあるごぼうなので食べやすく、
 味もしみていて美味しいです。」と感想をいただきました。

そして、れんこんの二種類の煮る方法や、
矢羽になるように切ることについて、
普段と違った料理なのでとても喜んでいただけました。

炒り鶏は「炒る」ことで味を濃くつけます。
正月料理ならではの調理方法です。
「鶏肉もぐっと美味しいあじですね。」とせいとさん。
和食のイロハ.jpg

おせち料理はいくつかありますが、
少しずつでも自分のおせちを作ると
食べる人も喜んでいただけると思います。

ご馳走様です。

2015年12月26日

京都の丸大根

京都の丸大根をいただいたので
油揚げとじっくりと煮ました。

弱火でゆっくり煮る時には
煮くずれないように、必ず面取りををします。

この大根は昆布出し汁と椎茸の戻した出し汁で
大根の甘みがでます。

また、下ごしらえは米のとぎ汁で煮ておきます。
そうすると大根の臭さがぬけるので美味しい大根の煮ものになります。
大根と油揚げの煮物.jpg

生徒さんは「煮くずれず、薄味だけれど美味しいですね。」と感想をいただきました。

また、「全部手作りの精進料理に感激です。」
とニッコリしていただけました。
れんこんのきんぴら.jpg

五色なます.jpg

今日の精進料理.jpg
ご馳走様でした。




posted by 寺庵 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年12月25日

東京タワー

この季節の東京タワーは夜がとてもきれいです。

クリスマスシーズンは特にイルミネーションが
サンタさんからの贈り物のようです。
DSC_0619-1.jpg
でも、昼間はキリッとしています。
DSC_0620.jpg

posted by 寺庵 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2015年12月24日

大掃除2

寺の庭はまだ木の葉が舞い散ちています。
常國寺.jpg

小さな庭ですが、初夏の雑草取り、夏の水やり、落ち葉はきはかせません。

庭掃除で一年が終わります。
紅葉が今きれいな落ち葉になっています。
枝を見ると、蝉の抜け殻がありました。
蝉.jpg
こんなところで羽化をしていたのですね。

まだどんな発見があるかと思いながら、
まだまだ掃除が続きます。
もみじ.jpg

posted by 寺庵 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2015年12月23日

本堂の大掃除

今日は本堂の大掃除第1弾です。

阿弥陀様のすす払いをし、
内陣のホコリを払います。

ひょんなことから、火車香炉を発見しました。
住職が置き忘れていたようです。
ずっとしまっていたので、くすんだ感じでした。

金属磨きをかけて少しきれいになりました。
火車香炉.jpg
すす払いは歳神様を迎えるため、
その祀る場所を浄めると言う意味があります。

今日は住職と子どもたちと4人ですす払い、
後は30日にもう一度外陣をきれいに掃除し、
大晦日を迎えます。
posted by 寺庵 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2015年12月22日

冬至

二十四節気の一つ、一年の中で一番昼が短い日。
この日を境に少しずつ昼がながくなります。
古代では冬至が一年の始まりとされていました。

一陽来復 この意味は冬が去り、春が来ると言う意味です。この時期に使われる言葉です。

柚子と柚子湯。 冬至といえば柚子湯です。柚子を湯船に浮かべ、その効能から体を温めて風邪をひかないいという風習です。なぜお風呂か?と言われれば冬至と湯治との語呂合わせという説もあります。

柚子風呂は江戸時代からとも言われ、江戸時代の洒落から発したともつたえられています。
一年の始まりに柚子で身を清める禊(みそぎ)の意味で柚子が冬至に登場しました。

鬼柚子.jpg
この鬼柚子はいただきものです。玄関に飾っていましたが、今日は下げてお風呂に入れます。


posted by 寺庵 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2015年12月21日

団子がおいしい!

れんこんをたくさんいただいたので、
今月はいろいろなれんこんの料理を作ります。

今日はれんこん団子です

れんこん団子.jpg
すりおろして丸めて団子を作ります。
揚げてから煮汁で煮て、とろみをつけます。

もっちりとした美味しさが
この季節に合います。

「美味しい!」と生徒さん。
今日の生徒さん2.jpg

今日はお母様がお休みです。
次回お二人でのお越しをお待ちしております!

今日の精進料理.jpg
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2015年12月20日

作りたくなる精進料理

今回の料理には、蒸し物と赤飯が登場します。
蕪蒸し 
蕪蒸し1.jpg
蕪の美味しい季節に
この蒸し物をよく作ります。
寒い季節、お腹から温まります。

赤飯は炊飯器で作ります。
来月の小豆粥にも使えます。

たたきごぼうも香り良く仕上がりました。
たたきごぼう.jpg
矢羽れんこん
きれいにな矢羽になりました。

矢羽れんこん.jpg
「れんこんからこんなに風に作ることが出来ておもしろいですね。」
と生徒さん。
生徒さん.jpg

「精進料理をは季節の料理ですね。」
「野菜からこんなに作る楽しみがあるとは思わなかったです。」

精進料理1.jpg
そうなんです、調味料はどこにでもあるものを使い、
野菜、豆腐、海藻、きのこを工夫しながら作ります。


そして、出来上がった料理から、
先人の知恵を感じると思います。

ありがとうございました。
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年12月19日

和食のイロハ

今日は和食のイロハの1回目です。

各料理の中からそれぞれ調理の要点と理由を学んでいただきました。
炒り鶏では乱切りで食材を同じくらいに切ること、
少ない煮汁で炒って調理すること。
炒り鶏.jpg

里芋の煮方では最初に皮ごと煮る方法で
皮の取り方。

ほうれん草とりんごの胡麻和えは
胡麻をすりばちですって和え衣の作り方。
ほうれん草とりんごの胡麻和え.jpg
生徒さんの感想は
「料理には手順があり、
五感を使って料理をするのだとわかりました。」
「美味しかったです。さっそく炒り鶏とほうれん草のとりんごの胡麻和えを作ります。」
和食のイロハ.jpg
いろいろな感想をいただきました。ありがとうございます。
そして、ご馳走様です。

2015年12月18日

おせち料理2 だて巻きを作ろう!

今日はおせち料理2
だて巻き
だて巻き.jpg
だて巻きは調味した卵液をこし、
卵焼きのフライパンで焼いてから
鬼すだれで巻きます。

出来上がりに生徒さんは大喜び!
「できました!」試食の時も「とても良い味です。」
 今日の生徒さん.jpg
炒り鶏
炒り鶏.jpg
たたきごぼう
たたきごぼう.jpg
おまけで
けんちん汁です。
けんちん汁.jpg

おせち料理和食のいろは.jpg
「これで今年のおせちは決まりです」と喜んでいただけました。
ご馳走様です。
  

2015年12月17日

メロンパン

浅草のメロンパンをいただきました。
正式名は花月堂の「ジャンボめろんぱん」

戦後すぐこのメロンパンが売り出されたそうです
今でも一日3000個を作っているそうです。

メロンパン.jpg
トースターで少し温めると美味しいと聞きました。
さっそくやってみると、外はカリカリ、中身はフワフワです。
本当に大きなメロンパン、、美味しかったです。

いつも目にするメロンパンではなのですが、
シンプルな味と食感の良さが、
行列のできるお店の秘密なのかと思いました。

いただいた方に感謝いたします。
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2015年12月16日

和食のイロハ

今日は和食のイロハの日です。
今月はおせち料理を中心に行います。

炒り鶏 矢羽れんこん 五色なます 出汁巻き卵を作りました。
おまけで炒り銀杏。
和食のイロハおせち料理.jpg
小さいお重に詰めていただきました。
今日の生徒さん.jpg
「お重に詰めていただくと、お正月の雰囲気ですね!」
「今年のお正月には、この四種類を作ります。」
おせち料理.jpg

汁ものは紅白の汁ものです。
一足先におせちをいただきました。
ご馳走様です。

2015年12月15日

菜の花

正月ころから出回る「菜の花」,今日はう今年は少し早い気がします。
DSC_0613.jpg
1わ、100円です。
さっとゆで、ごま和えにしました。
DSC_0615.jpg

本格的な冬を前に もう早春はそこまで来ているのでしょうか。

posted by 寺庵 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2015年12月14日

飛竜頭 ひりょうず

今回は飛龍頭を作りました。
冬なのであんかけでいただきました。

ひりょうずの語源はポルトガルの揚げ菓子フィリョースだそうです。
関西ではひろうす、関東では雁もどきと一般的には使われ、
特に京都では禅寺の屋根の鬼瓦に龍があるので飛龍頭とも書きます。

「手間がかかるけれど、美味しいひりょうずができました。」と生徒さん。
飛竜頭を作る.jpg

飛竜頭のあんかけ.jpg

今回はぎんなん、ごぼう、にんじん、きくらげを入れました。
季節によって旬のいろいろな食材が入るので味も違います。
精進料理2.jpg

かぼちゃの胡麻みそ煮.jpg

五色なます.jpg
とても美味しかったです。
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年12月13日

作りながら元気になる精進料理

精進料理は手間暇かけて作ります。
そして、時間がかかり面倒だと思われます。

でも、時間をかけて作りながら自分自身の心をリセットでき、
リラックスして食事に向きあえるのも精進料理です。
切り干し大根の稲荷巻き.jpg

りんごとほうれん草の胡麻和え.jpg

揚げさつま芋の生姜みつ.jpg

師走の忙し時にその体験をしていただけました。
今日の生徒さん.jpg
きちんと出来上がり美味しかったです。
今日の精進料理1.jpg
ご馳走様でした。
posted by 寺庵 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年12月12日

本山での精進料理教室2

今回の講座は2時間では少し足りなく、20分延びてしまいました。
紹介1.jpg

1調理中.jpg

でもご参加の皆さん、「美味しいです。」とニッコリしながら
出来上がりの一汁三菜を試食していました。
食事前.JPG

試食2.jpg

出来上がり2.jpg

出来上がり.jpg
終了後は職員の方と一緒に食具を片づけると4時半になりました。
そして、御影堂、阿弥陀堂に外から手を合わせて夕方帰路につきました

ご参加いただいた坊守さん、
企画、お手伝いいただいた本山職員の皆様に感謝をいたします。
ありがとうございます。
posted by 寺庵 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室