2016年01月31日

精進お菓子

朗読の会で用意した精進お菓子です。

ぜんざい
1月にちなみ、小豆を使いました。
小豆の渋切りを何回か繰り返し、ていねいに煮ました。
形をくずさないように木べらで混ぜます。
小豆の75%の砂糖を入れました。上品な甘さになります。
ぜんざい.jpg

揚げ餅
お供え餅をよく乾燥させ、小さく砕き、また乾燥させてから
180℃の油で揚げました。
味つけは青のり塩とすり胡麻です。
揚げ餅海苔塩.jpg

揚げ餅すり胡麻.jpg
揚げ餅は手が止まらないほどの美味しさです。

どちらも好評!でした。
posted by 寺庵 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋

2016年01月30日

五目飛竜頭

五目飛竜頭は、
「レシピを読んだだけでは難しいそうです。」とよく言われます。

500gの豆腐を布巾でしぼり、すり鉢ですります。
中身はごぼう、にんじん、きくらげ、ゆりね、ぎんなんを入れます。
素揚げのしていただきます。
五目飛竜頭.jpg

「さっくりと上がっていて美味しかったです」

「でも実際に作るとそうでもなかったです。」

他に、は春菊の胡麻和え
春菊と油揚げの胡麻和え.jpg
菜の花の酢みそ和えも作りました。
菜の花の辛子酢みそ和え.jpg
最後はれんこん団子のみたらしです。
「甘辛くていいですね。」
「食事の最後に登場したら、デザートですね。」
れんこん団子.jpg

今日の精進料理2.jpg
四菜作っていただきました。
美味しかったです。
ご馳走様でした。


posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年01月29日

甘酒2

久しぶりに作ったのですが、
濃い甘酒ができました。
amazake.jpg

飲料としては、麹の粒が気になるので
ミキサーにかけます。

甘酒の栄養はブドウ糖が大半、他にはビタミンB群です。
甘さについてはショ糖(砂糖)の7割なので、やわらかい甘味を感じます。

煮物に使う場合は砂糖やみりんを減らし、大さじ1くらいから入れます。
白玉団子を作る時は
水の代わり甘酒を入れます。

そのまま飲むときは炭酸水でわっても飲みやすいです。
posted by 寺庵 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年01月28日

甘酒

寒さが続くと、甘酒を作りたくなるのは私だけでしょうか。

甘酒は、夏や冬の季節に高齢者の栄養補給に良いと
昔から伝えられ、「飲む点滴」とも言われています。

歴史も古く、一番古いのは日本書紀に、
甘酒の記載があるようです。
江戸時代には、「甘酒売り」の商売も繁盛し、
庶民の気軽な甘味飲料だったようです。

甘酒の材料は、
米麹   400g
生麹.jpg
お粥500g  
粥.jpg
少し冷ました湯は200ccくらい
作り方は、お粥を保温のできる容器に入れ、手でほぐした米麹を加えます。
温度は50℃〜60℃、15時間くらいで出来上がります。

甘酒づくり器.jpg
※お粥はご飯に水を入れ加熱し作ると簡単です。

posted by 寺庵 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年01月27日

とろろご飯

伊勢芋をいただいたので、
すりおろしてトロロを作りました。

昆布出汁を少し入れ、
しょうゆをほんの少し加えます。
すり鉢でよくすります。
とろろ.jpg
すり胡麻を散らし、ご飯にかけていただきます!
とろろご飯.jpg
伊勢いもは自然薯の仲間、
すりおろしても白いままです、
和菓子の材料にも使えるそうです。

posted by 寺庵 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年01月26日

干し椎茸

今日は出汁の使い分けの質問がありました。
「精進料理では昆布出汁を良く使いますが、
干し椎茸の戻し汁はどんな時に使いますか?」

干し椎茸の戻し汁は独特の強い香りです。
コクを出したい時、食材にによっては
少し使うことで美味しさや味が深くなります。
かぶの炒め煮.jpg
もどし方は、きれいなビニール袋に
干し椎茸を5個ぐらい入れ水を入れ
輪ゴムで縛り一晩おきます。
冬期は台所でも大丈夫です。
他の時期は冷蔵庫がお勧めです。

posted by 寺庵 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年01月25日

早春の食材

菜の花に芹と聞くと、
早春の食材です。

菜の花は辛子酢みそ和え、
菜の花の辛子酢みそ和え.jpg
芹は焼き海苔を使います。
芹の海苔酢和え.jpg
寒さの中に春のかすかなきざしを感じます。
でもここ一番の寒さには蕪料理、
味がしみた蕪はお腹を温めます。
今日の精進料理.jpg

いろいろな食材ののお話もできました。
今日の生徒さん.jpg
ご馳走様でした。

posted by 寺庵 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年01月24日

撮影

今日は精進料理の撮影がありました。
撮影風景.jpg
飛竜頭(がんもどき)
モニター.jpg
参加者は一汁三菜を作り、

参加者.jpg
本堂の外陣でいただきました。
一汁三菜.jpg
精進料理のとは何か、その味の特徴などもインタビューがありました。




posted by 寺庵 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年01月23日

和食のイロハ ブリの照り焼き

大寒は過ぎましたが、本当に寒いこの頃です。
和食のイロハでも旬の食材を中心に献立をたてます。

今回は冬に旬を迎える魚、ブリを使います。
ブリの照り焼き.jpg
ブリの照り焼き

照り焼きにすると、初心者には作りやすいと思います。

照り焼きのタレの砂糖、みりん、しょうゆは
量の比率で覚えると応用できます。
また、魚臭さを抑えるやり方もお伝えしました。

他には春菊の胡麻みそ和え、
春菊の胡麻みそ和え.jpg
じゃが芋のバター焼き、
じゃが芋のバター煮.jpg
菜の花のすまし汁を作りました。
和食のイロハ.jpg
ご馳走様でした。

2016年01月22日

れんこん団子

「ふだんれんこんは、
酢の物か煮るくらいしか思いつかない。」と生徒さん
れんこん団子がとても美味しいと
喜んでいただけました。
今日の精進料理.jpg
今回はすり下ろして団子にして揚げて煮ました。
れんこん団子.jpg
「料理のレパートリーが増えてうれしい。」
とおっしゃっていただけました。
今日の精進料理1.jpg
良かったです。ご馳走様でした。


posted by 寺庵 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年01月21日

つきコンニャクのピリカラ

コンニャクもいろいろな種類があります。
その中でつきコンニャクが一番好きです。

シラタキより味があり、
食べやすいと思います。

今回はゆでてアクぬきをしてから
ごま油で炒め、砂糖、しょうゆ、みりんで味をつけました。
つきこんにゃくのピリカラ.jpg

箸休めです。
でも美味しくできあがり、ご飯のお供となりました!
posted by 寺庵 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2016年01月20日

お供え餅

鏡開きで下げたお供えもちは、
カラカラに乾燥させています。
その後、揚げてあられを作るためです。
お供え小.jpg
表面にはひびが入っているので
細かくしやすいのですが、
中までカビが入り込んでいるので
削りながら作業をします。

カビ臭い揚げ餅にならないよう、ていねいに取ります。
あられ用.jpg
本堂のお供えは大仕事です。
水餅にでもしないと食べられそうもありません。
お供え大.jpg
中まで火を通さなければお腹をこわすので、
下準備には念を入れます。

あと二、三日したら一部を揚げてあられにします。
残りは密閉した袋に入れて冷凍庫に入れて保存します。

あられの味付けは塩や青のりの予定です。
ちょっと待ち遠しい気がします。
posted by 寺庵 at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年01月19日

揚げ餅のけんちん汁

昨日の雪は、その日のうちに雨になり、
雪かきの後の道端の雪山もほとんど小さくなりました。

しかし、今日は一日冷たい風が吹き、
外は冷蔵庫の中にいるようです。

そんな日は温かいけんちん汁がお勧めです。
根菜類がたっぷりと、
揚げ餅を入れたのでボリュームも満点!
揚げ餅のけんちん汁.jpg
お餅は市販のものを半分に切り、
低温から入れて揚げます。

お腹の中から温まります。

posted by 寺庵 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2016年01月18日

災害食

毎日、お金さえあれば食料を買える環境から
災害がおきると、食べることもままならない状況へと激変します。

命をつなぐための食事づくりに、
食糧の備蓄と食べる知恵を持たなければなりません。

栄養士の仕事で、一年に最低1回は
災害食の更新をしていきます。
この仕事は区の災害食の献立になっていきます。

温かい食事は災害のストレスの軽減と
栄養の改善にも役立つものです。

もちろん災害後すぐではありません。
カセットコンロを使い、簡単な煮炊きができる想定です。
衛生と栄養を主に考えます。

今回は乾物を複数組み合わせて作りました。
インスタントのポタージュスープ、
高野豆腐、チーズ。
高野豆腐のきのこポタージュ.jpg
またはインスタントのポタージュと
車麩、干し野菜で作りました。
乾物.jpg
味は車麩の方が高野豆腐より
ポタージュに合いました。
干し野菜と車麩でぽたーじゅ.jpg
前回の干し野菜とパスタより進化させ、美味しいと思います。

小さな積み重ねでできたものは、
いく通りの使い方のできる献立にもなります。
それはやがて、生きる知恵になっていくのではないかと思います。



posted by 寺庵 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年01月17日

胡麻豆腐

今日は胡麻豆腐を体験していただきました。

作り方は
胡麻をすり、水でこし、葛粉を溶かし、火を入れながらねります。
最後に流し函に入れてかためます。

作る手間がかかるので、
おもてなし料理とも言われます。

「乾いた胡麻がやわらかい食感に変わるのが不思議ですね。」
と生徒さん。
今日の生徒さん1.jpg

きょうの生徒さん2.jpg
試食の時には
「胡麻豆腐、美味しい!」と皆さんからいただけました。
胡麻豆腐.jpg
他にもこの季節の料理を作りました。
興味をいただいたのは、
加賀れんこんの揚げ炊きです。

加賀れんこんは普通のれんこんよりもっちりとしています。
すりおろしてそのまま団子にして揚げます。
お吸い物より濃い味の汁で煮ます。
加賀蓮根の煮あえ.jpg
「アツアツで美味しいです。」と好評でした。
今日の精進料理.jpg
参加者のかたの笑顔がうれしいと思います。
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年01月16日

NHKラジオ マイあさラジオの放送

明日、NHKラジオ第1放送
1月17日午前7時20分より、
「からだのキモチ 睦月の精進ごはん」の放送があります。
DSC_0712.jpg
今月は「年はじめに心と体を整える小豆粥」です。
粥の話、小豆の話の内容で
キャスターとの楽しいお話。
栄養にも触れますので、
是非、お聞きください。DSC_0714.jpg


posted by 寺庵 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年01月15日

小豆粥は桜粥1

今日一月十五日は小正月と呼ばれ小豆粥を食べます。
邪気を払い、五穀豊穣、子孫繁栄を祈る信仰からくるもので、
本来は米、小豆、あわ、きび、ひえ、みの、ごまの7種で作っていました。

今朝はこの小豆粥を炊き、本堂にお供えしました。
お供え.jpg
小豆を煮ると小豆色になります。
ちょっと渋めな色ですが、
それを粥に入れるとさらに色がきれいな桜色になります。
そこから桜粥とも言われています。
小豆粥.jpg

この小豆粥、一口食べると小豆のほのかな香りとその温かさが
お腹に染み入ります。
健康を願い、今朝は桜粥を住職といただきました。

ご馳走様でした。
posted by 寺庵 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2016年01月14日

手の届かない精進料理

精進料理の中で作ってみたいのは
胡麻豆腐とよく言われます。
手間がかかるので、
生徒さんが何人か集まった時に作ります。

飛竜頭(がんもどき)はどうでしょうか?
「手の届かない難しい料理」と生徒さんは
レシピを見て一言。

実際作ると
「1回作ると難しい料理ではないと思います。」
と感想をいただきました。
飛竜頭五目.jpg
そうなんです。レシピの字を追うとイメージできますが、
実際作ってみると感じ方が変わります。

精進料理は五感を使う料理と言われます。
まさに今回の飛龍頭はいろいろな調理をするので、
「あっそうなのか!こんな料理なのか」と考えるようです。
今日の生徒さん.jpg
四季の食材で変化する飛龍頭のお話をしました。
「応用のできる料理なのですね。」とにっこり。
精進料理.jpg
今回も美味しくいただきました。
ご馳走様です。


posted by 寺庵 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年01月13日

三番叟

小正月まであと少し。
干支のおめでたい飾りも
片付けられてしまいます。
DSC_0697.jpg

でも美味しいようかんの猿たちは、しばらくこのままでしょうか。
DSC_0683.jpg
でも、食べちゃいます。

posted by 寺庵 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年01月12日

チシャトウのみそ和え

先日築地場外市場で購入のチシャトウ、
お正月のお重に詰めます。
チシャトウ.jpg
とは言っても、昔の話だそうです。
今ではチシャトウをご存知のかたは少ないそうです。
写真のものは、千葉県鋸南町で栽培です。
4pくらいの輪切りにしてから
皮を厚つめにむきます。
切る.jpg
さっとゆでこぼし(3分くらい煮ます。)
用意しておいた味付きの白みそに入れ、一晩おきます。
コリコリした食感と黄緑色がきれいなので、
お正月のお重に詰めたそうです。
出来上がり.jpg
この食感と上品な白みその味が
お正月用なのだと実感しました。

折しも前住職の祥月命日に
珍しいものをお供えできたので
良かったです。チシャトウの味噌和え.jpg
posted by 寺庵 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理