2016年02月29日

弥生の歳時記

弥生となると、
春めく食卓を想像します。
こんな時には桜の生麩が登場します。
1竹の子と桜生麩の炊きあわせ.jpg

舞茸の時雨煮
1舞茸の時雨煮.jpg

舞茸の美味しさがじんわりと伝わってくる一品。
柚子のせん切りが味のポイントです。

新じゃがの煮っころがし
1新じゃがの煮っころがし.jpg
新じゃがを蒸してから皮をむき、
炊いてます。ほっこりとします。

posted by 寺庵 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年02月28日

桜の花のちらし寿司

今日は一足先に
ひな祭りのちらし寿司を作りました。
桜の精進ちらし.jpg
桃の花の生麩がなかったので、
桜の花の生麩と花びらの塩漬けを使いました。

その他、竹の子、ふき、グリンピースなどの
竹の子.jpg
春の食材が入ります。

ちょっと豪華な花のちらし寿司、
春のちらし寿司jpg.jpg
ご馳走様です。

posted by 寺庵 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2016年02月27日

蕪蒸し

日中は明るい陽射しとなりました。
しかし、朝晩の冷え込みがのおかげで、
温かい料理が食べたくなります。

そんな時には蕪蒸しを作ります。
大きな蕪が手に入らない時は
普通の蕪を使います。
蕪蒸し.jpg
中身の具材は、
ぎんなん、にんじん、きくらげ、ゆり根です。

蒸してから温めておいたあんをかけます。

「今日の一番美味しい料理はは蕪蒸しです」
と二人は笑いながら料理をしていました。
今日の生徒さん.jpg

今日の精進料理.jpg
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年02月26日

蕗と菜の花

ふきのとうの次は、
蕗の料理です。
ふき.jpg
下煮をしていると、
ふきの香りがしてきます。

あー春近し!と思います。

筋を取り、昆布出汁と薄口しょうゆ、みりんで
薄味で煮ます。
菜の花も同様です。
蕗と菜の花.jpg
ちょっと箸置き程度の一皿で春を堪能です。

posted by 寺庵 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2016年02月25日

梅と河津桜

皇居にある梅を見に出かけました。
DSC_0923-3b7c0.jpg
紅梅、白梅がありました。
広い皇居の中なので、10本以上あっても梅林の感じ ではありません。
DSC_0945.jpg
よく見ると、根もとにはふきのとうがあります。
(  美味しそうなふきのとうですが、採取は不可能!)

二の丸の後では河津桜が満開です。
DSC_0943-6c313.jpg



posted by 寺庵 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年02月24日

全国調理師養成施設協会の食育フェスタ見学

今日は全調協食育フェスタを見学しました。
場所は後楽園の東京ドームシティの
プリズムホールです。
ポスター.jpg
食育情報フェアと地産地消のコーナーもあり、
食に関するものが多数ありました。
大阪八尾市のごぼう.jpg
食材では、大阪八尾の若ごぼうに興味をもちました。
関東では店先に上ることが少ないのか
見たこともありません。
八尾のごぼうの葉.jpg

茎.jpg

根.jpg
ごぼうと言っても、葉から茎から根まですべて食べます。
食物繊維やルチン、ビタミン類が多いそうです。

さっそく調理してみようと思います。
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年02月23日

菜の花の寒天よせ

まだ春はちょっと足踏みですが、
食卓では菜の花が毎日登場しています。

今回は菜の花の寒天よせです。
さっとゆがいた菜の花を味のついたお出汁の寒天で寄せていきます。
IMG_2784-2.jpg
少しほろ苦さがありますが、
つるんと菜の花が食べられます。
posted by 寺庵 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2016年02月22日

撮影

今日は精進料理の撮影の日です。

精進料理を「作り、食べる」体験を通し、
その精神性を学びます。

そして日々に活かすことで
育児力を養うお話をしました。

献立
切り干し大根の稲荷巻き、
ほうれん草とりんごの胡麻和え、
ほうれん草とりんごの胡麻和え.jpg
れんこんのきんぴら

生徒さんは、
「思わぬ食材が精進料理に使われたのが驚きです。
そして美味しです!」
今日の精進料理.jpg
五感を使い、初めて体験された生徒さんは
満足いただけたようです。
posted by 寺庵 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年02月21日

今しかない!芽吹きの春の味

生徒さんが「ふきみそ」を作りながら、
『今の時期に、ふきのとうは作らなければ!』と
言っています。

そうなんです、ふきのとうは保存ができない食材です。
ふきのとう.jpg
このきれいな色であまり開いてないものを
新聞紙にくるんで、冷蔵庫の野菜室に入れても
2,3日くらいでしょうか。
あくが強いのですぐ茶色になります。

このほろ苦さがには味噌があいます。
炊いた里芋にちょっとのせていただきます。
芽吹きの春の味です。
里芋田楽ふきみそのせ。.jpg

精進料理今日の.jpg
ご馳走様です。


posted by 寺庵 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年02月20日

きゅうりの麹漬け

今日はきゅうりの麹漬けの紹介です。
きゅううり.jpg
きゅうりはヘタを切り落とし
容器に並べます。

上から麹しょうゆをかけて2時間後に
いただきます。
きゅうりの麹漬け.jpg
麹しょうゆは生麹に酒としょうゆを入れ、
冷蔵庫で保管します。
和え物や煮物にも使えます。
便利ですよ!
posted by 寺庵 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2016年02月19日

和食のイロハ 鰯のつみれ汁

今日は和食のイロハ 鰯のつみれ汁です。

時折、鰯は高級魚になる時があります。
今回は大丈夫、フツーの値段です。

鰯の下処理をして、手開きにします。
中骨を取り、
包丁でたたいて生姜と塩で味をつけ、
すり鉢ですります。
匙てすくい汁の中に入れ、味をつけます。
最後にねぎを入れて出来上がりです。
鰯のつみれ汁.jpg
他には、ふきみそを作り里芋の田楽にします。
里芋のふきみそ.jpg
「春の味を感じつつ、鰯のつみれ汁の美味しい味がいいですね。」
と生徒さん。
生徒さん今日の.jpg

和食のイロハ.jpg
ご馳走様でした。




2016年02月18日

築地の春の食材

築地のいつもの八百屋に筑波産のワラビがありました。灰で灰汁抜きをしています。
DSC_0889-d3271.jpg
スナップエンドウ
DSC_0892-702e2.jpg

菜の花、ふきのとう             
DSC_0883-f5b32.jpg

posted by 寺庵 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 築地に行こう!

2016年02月17日

菜の花のふき味噌あえ

DSC_0848.jpg

梅の木の下には
ふきのとうが地面から
顔を出しています。


DSC_0855.jpg
すぐふき味噌を作りました。
菜の花とスナップえんどうをゆでてあえました。

DSC_0819.jpg
ほろ苦さが春の味です。
posted by 寺庵 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2016年02月16日

ビーツの漬物

DSC_0806.jpg
ビーツの漬物です。
外側も中も赤い色。

赤蕪ではありません

かたいので二日間、
糠漬けにしました。

美味しいですよ。

posted by 寺庵 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年02月15日

ふきのとうみそ

今日はふきのとうみそを使って、
豆腐の田楽みそにしました。

先週の土曜日に築地の場外市場で
ふきのとうを購入。
千葉の君津のです。

今日の生徒さんは、
今日の生徒さん.jpg
「美味しいふきみそですね!
ご飯にのせてもいいですね。」
と気に入っていただけました。

ふきのとうみそ.jpg
節分を過ぎたころから、
春の足音が聞こえてきたようです。
大根の白和え.jpg
ちょっと気温差がありすぎですが。
今日の精進料理.jpg
今日の精進料理も春の味です。
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年02月14日

常國寺落語会大盛況!

今日はバレンタインの日、
常國寺では落語会が開かれました。

鈴々舎馬桜師匠の噺は今回で5回目、
演題は「明烏」です。
師匠鈴々舎馬桜.jpg
「お寺で吉原の噺は?」と言われそうですが、
「落語のまくら」もどんな噺なのかとても興味がありました。

恒例の精進弁当付きで、木戸は3,000円、
お陰様で25名の参加で、大盛況です。
お弁当は今朝から作りました。
(今日はあまりにも気温が高く、前日の準備は買い物だけしかできません)
きょうのお弁当.jpg

献立.jpg

落語の終了後、次回の噺が師匠からありました。
8月14日(日)12:30〜14:30
「牡丹灯籠 お札はがし」
昼間の本堂に暗幕を張り、
百目蝋燭を使います。

怪談です!



posted by 寺庵 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年02月13日

せりと菜の花

今日は春の食材が二つそろいます。

菜の花とセリです。
今朝、料理教室の前に
築地場外で買い物をしてそろえました。
三杯酢海苔芹の.jpg
せりの三杯酢
「せりは今まであまり気にも留めない食材でしたが、
 今回三杯酢でいただき、美味しいと思いました。」

「これからお店で見つけたら、
 せりを買おうと思います。」 

菜の花の辛子酢みそ和え.jpg

菜の花の辛子酢みそ和え
「菜の花のおいしさを感じます。
 家でも作ろうと思います。」 

れんこん.jpg

れんこんのきんぴら
きれいに仕上げていただけました。
「梅酢がいいですね。」

ごぼうの胡麻煮.jpg
ごぼう胡麻煮
「ごぼうが深い味になっています。」
「ごぼうだけの一品は初めてで
 料理のレパートリーが増えました。」

今日の精進料理.jpg
たくさんの感想をありがとうございます。
ご馳走様です。









posted by 寺庵 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年02月12日

豆腐のけんちんあんかけ

豆腐を使った料理です。
何種類かの野菜を使い、
けんちん汁のあんかけにしました。
豆腐のけんちんあんかけ.jpg
けんちん汁の味つけは
しょうゆと塩ですが、
上品な味にすると
あんかけの場合、ぼんやりした味になってしまいます。

作り方は、炒めた根菜類にしょうゆを加え、出汁を入れて煮ます。
野菜がやわらかくなったら残りのしょうゆと塩少々で味をつけます。

吸い物の味を少々濃くした感じです。
片栗粉でとろみをつけ、あんをかけます。

そして、出汁で温めた豆腐にかけます。
ひと手間かけると豆腐は水切りして油で両面を焼いてから、
器に盛りつけ、あんをかけます。

posted by 寺庵 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2016年02月11日

如月の精進料理

春の食材を使います。
DSC_0788.jpg
天ぷらは人参とごぼうです。
胡麻塩でいただきます。

DSC_0789-e3ba4.jpg

蒸し物は寒い時には温まります。
DSC_0790.jpg

春までもう少しですね。

DSC_0784.jpg
posted by 寺庵 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2016年02月10日

NHKのラジオ収録

今回は精進スイーツです。
豆乳を使った寒天よせ。イチゴも入って 、春のよそおいです。
甘酒入り抹茶ソースをかけています。
放送では普段聞けない、栄養のお話も。。

DSC_0796.jpg
バレンタインに精進スイーツをいかがでしょうか。

DSC_0799.jpg

posted by 寺庵 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理