2016年05月31日

和歌朗読の感想 「小野小町」

先日の和歌朗読の感想をいただきました。

百人一首の中の女流歌人〜小野小町

「今回は小野小町の和歌がお題でした。
 和歌から彼女の情熱的で、
 一方で可愛らしい感性を感じることができました。
 和歌に秘めた想いを伺い、
 美人なだけではない、
 新しい小町像に出会えました。」

DSC_1585-1.jpg
ありがとうございます。

次回は百人一首の中の女流歌人〜和泉式部
7月23日(土)午後2時〜4時半です。

posted by 寺庵 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋

2016年05月30日

永代経法会の精進ご飯

今回はお弁当箱ではなく、
朱塗りの器を使いました。
お供え.jpg
朝から作り、法要の後の12時にはお出しできました。
IMG_3978-1.jpg

お名号と精進料理.jpg
一つひとつの料理を器で出すと
皆さんから喜んでいただけました。

今回初めて、ピースご飯はご自分の食べられる量をよそっていただきました。
(ご飯の食べられる量は人によってかなり違います。)

お食事の時にはお料理のお話で盛り上がりました。

面白かったのは家族の中でかぼちゃが好き、
ぐりんぴーすが好きとか苦手などを
時代背景と一緒に説明しています。
とても楽しい時間でした。

これもめいめいの器で食べたからだと思います。

法要のあとの精進ご飯、
次回は10月の報恩講です。
神無月.jpg
寺小屋の8月の落語会も作ります。
葉月.jpg
季節は違いますが
想いは同じ、頑張ります!
posted by 寺庵 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年05月29日

和食のイロハ 金目鯛の煮つけ

今回の和食のイロハは
・金目鯛の煮つけ
・アスパラガスの梅長いも和え
・小松菜とこんにゃくの炒め煮
・グリーピースご飯
を作りました。
寺庵では大根ときゅうりの糠漬けと
浸し豆を用意しました。
和食のイロハ.jpg
この献立は家でもすぐに作ることができるものです。
ふだんは魚の煮つけは…と言う方に是非作っていただきたいと思いました。
煮つけ金目鯛の.jpg
また、グリピースご飯はピースの色を大事にしました。

こまつなとこんにゃくの炒め煮は
コンニャクのおいしくなる下ごしらえもお伝えしました。
小松菜とコンニャクの炒め煮.jpg
生徒さんは
調理中.jpg
「バランスの良い献立なのでおいしくいただけました。」
アスパラガスの梅入り長いもかけ.jpg
「こんにゃくの下ごしらえがおもしろく、箸でちぎるのも良かったです。」
「金目鯛のおいしかったこと!」
「家でもすぐ作れるのがうれしいです。」
などいろいろとお話をいただきました。

ありがとうございます。
そして、ご馳走様です。

2016年05月28日

精進お菓子

今日は和歌朗読の会がありました。
皆さんには常國寺まんじゅうと、
夏みかんの豆乳かんをお出ししました。

DSC_1592.JPG
この時期は
湿度も高くなり、
さっぱりしたものが好まれます。

粉寒天4gに豆乳と昆布だしを溶かし
夏みかんのほぐしたものを入れて固めます。

もちろん砂糖も入ります。
皆さんは、ちょうど良い甘味と夏みかんのバランスが
よかったようです。

次回は7月23日です。
何を作りましょうか。

posted by 寺庵 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋

2016年05月27日

名残の春野菜からはしりの夏野菜

明日の和食のいろはと
日曜日の永代経法会の精進弁当で使うので
しばらくぶりに、築地場外市場に行きました。
小雨でしたが相変わらず観光客でにぎわっています。

竹の子も姫竹、破竹、真竹が一緒にでています。
一方、ゴーヤもあり本当に季節は名残の春野菜から夏の野菜まで
移り変わっているのを実感します。
姫竹.jpg

ゴーヤ.jpg
青梅と赤しそもありました。
茨城県の梅です。
梅と赤しそ.jpg

今日は築地に和歌山の南高梅100函が初入荷したのですが、
あるお店で全部買われたそうです。
いつもの八百屋さんが残念そうに言ってました。

今年の梅の出来はどうなのでしょうか。
posted by 寺庵 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 築地に行こう!

2016年05月26日

横置きのしゃもじ

ルーブル美術館の売店で見つけたものです。
DSC_1559.JPG
顔はリスです
日本では、縦置きのものは見かけました。
パリで買おうとは思いませんでしたが、
形がユニークなので購入しました。
このしゃもじを見ながら、
パリでは、米料理が流行かと思います。

もちろん日本の米とは違い、
粘りけのない長粒米でしょう。

そしてスープを入れて炊くのか、
サフランやバターで調理するのかと推察します。
DSC_1564.JPG

おもしろい形の料理道具です。

posted by 寺庵 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年05月25日

新じゃがいもの季節八分音符

新じゃがいもの小芋が美味しいので紹介をします。
よく洗って、水気を取り素揚げをします。低温からじっくり揚げると
中まで火が通り、
じゃがいもの良い味がでます。
塩をふり、食べても良いのですが、
胡麻味噌煮も美味しいです。
でも今回は塩でさっぱりといただきます。
DSC_0482.JPG
posted by 寺庵 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年05月24日

新かぼちゃの胡麻煮

房総の新かぼちゃ。
色が少し薄く、小ぶりです。
黒ごまをすり、味噌少しと砂糖で味つけます。
かぼちゃを下煮をして、やわらかくなったら
黒ごまを加えて少し煮て出来上がりです。

DSC_1553.JPG
少々黒さが気になりますが、
とても美味しいです
posted by 寺庵 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2016年05月23日

スイレン

三年前に京都の東林院さんから株分けをしていただいた
スイレンが咲きました。
すいれん.jpg
かなり暑くなった一日、
少し涼しくなった気がします。
posted by 寺庵 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年05月22日

法事の精進料理

今日はお檀家さんのために
精進料理のお弁当を作りました。

亡くなった家族の方の法要ですが、
その方を思い出しながらの調理をします。

朝から気温が高くなり、
献立の一部を変えました。
アスパラガスの胡麻和えを
たたき長いもの梅和えにしました。

今日の精進料理.jpg
あっと言う間に過ぎた一日です。
出来ばえも気になりますが、
精進料理を作ることができたことに
安心しました。

posted by 寺庵 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年05月21日

ひと手間かけた精進料理は…

今日は胡麻和えのお話です。

アスパラガスは胡麻と相性が良く、
白和えや胡麻和えを作ります。


今回は炒り胡麻をじっくりとすり、
あえごろもを作ります。

生徒さんは、初めて胡麻をじっくりすりました。
「香りもいいですね!、すればするほどおいしくなるのですね。」と生徒さん
そうなんですうっすらとすりこ木に油がにんじんできてから、
砂糖しょうゆで味をつけます。

最後にキヌサヤと一緒に炒め、和え衣に入れて出来上がりです。

試食の時には「これほど美味しい胡麻和えは食べたことがないので、嬉しいです。」
「手間をかけた分、おいしいですね。」
アスパラガスとキヌサヤのごまあえ.jpg
と生徒さん。
「おから稲荷も油揚げに味がしみておいしいです!」
五目おから.jpg

きんぴらにんじんの.jpg
ありがとうございます。
今日の精進料理.jpg
ご馳走様です。



posted by 寺庵 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年05月20日

パリの最後の日

パリの名所巡りも最後となりました。
やはり、オペラ座の見学です。
DSC_1097.JPG
音楽だけではなく、オペラ座の中の装飾品はその当時にタイムスリップをさせてくれます。
DSC_1527.JPG
DSC_1515.JPG
posted by 寺庵 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年05月19日

パリ市内の写真 

昨日の朝に帰国しました。

きれいな写真を紹介します。
二日目の午後はノートルダム寺院に行きました。
ノートルダム寺院1.jpg
内部のステンドグラスがきれいです。
ステンドグラス.jpg
階段を使いのぼります。

けっこうキツイので頑張ります。
頑張ったごぼうびは、鐘の値と景色です。
ちょうど鐘がなりました。

町全体に広がる、美しい音色です。
鐘.jpg
遠くにモンマルトルの丘が見えます。
モンマルトルの丘.jpg
外には花屋さんと
花や1.jpg
小鳥が売られています。
小鳥や.jpg
小鳥だけではなくニワトリもいました。
もしかして、食用かしら?




posted by 寺庵 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年05月18日

ルーブル美術館

ルーブルー美術館は絵画のほかに、調度品も有名です。DSC_1340.JPG

DSC_1516.JPG

DSC_1286.JPG
posted by 寺庵 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年05月17日

ルーブル

やはりパリの美術館はルーブル〜始まります。
DSC_1321.JPG
DSC_1302.JPG

DSC_1350.JPG
DSC_1365.JPG
posted by 寺庵 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

ジベルニーの庭2

モネのアトリエには印象派画家の絵と浮世絵が公開されています。
小さい家ですが、こじんまりとしています。セザンヌ.jpg

DSC_1213.JPG

印象派2.jpg

台所.jpg




posted by 寺庵 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年05月16日

ジベルニーの庭

モネの庭を見に行きました。
パリ郊外のノルマンディーにあるアトリエです。
DSC_1193-1.jpg
花の庭、
DSC_1250-1.jpg
水の庭です。
有名な「水連」を書いたことで有名です。
花のきれいな季節です。DSC_1228-1.jpg


posted by 寺庵 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年05月15日

パリのマルシェ

パリのマルシェを見に来ました。
さすが、パリはマルシェの本場です。
marushe.jpg
規模が大きく、お使う品物もたくさんありました。
野菜、花、肉、魚、その加工品、衣類、靴、アクセサリー…

アスパラ.jpg

魚介.jpg

お花.jpg

posted by 寺庵 at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年05月14日

英語で精進料理

英語で精進料理を開催しました。
精進料理の理念や食材までお話をしながら料理をしました。
DSC_1059-9bfe3.JPG
こんにゃくのイチゴに興味を持っていただけました。
DSC_1061.JPG
帰国後もまた作るそうです。
こんにゃくの代わりに豆腐を紹介しました。


posted by 寺庵 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年05月13日

野菜が大好き

今日の参加者の方は野菜が大好きな方です。
来る途中にブッロコリの芽を買って来てくださいました。

「とても美味しいそうなので。」とニッコリ。お土産でいただいたので、すぐにしょうが和えにしました。
DSC_1048.JPG
イチゴを白和えに使うことや
こんにゃくの下ごしらえが新鮮だったようです。

DSC_1047.JPG
DSC_1043.JPG
「あっという間に時間が過ぎていましたね。」の感想と「思っていた通りの美味しいお料理です。」と試食しながらたくさんのコメントをいただきました。

ありがとうございます。
ごちそうさまです。

posted by 寺庵 at 07:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ