2016年08月11日

おから稲荷

今日の精進料理は
おから稲荷を作りました。
おから稲荷.jpg
夏場にはおからは足が早いので夏の料理には向かないと言われますが、
ちゃんと炒り煮にして作ってすぐに食べれば大丈夫です。
また。少しお酢を入れる工夫などでもこの時期でも安心です。

おからは初めてという方には是非作っていただければと思います。
今日の精進料理.jpg
今日の生徒さんも
「おいしいですね」とにっこりとしてご試食いただいてました。

ご馳走様です。

posted by 寺庵 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年08月10日

夏野菜の天ぷら

夏野菜がたくさんとれる時期、
京都の精進料理は天ぷらを作りました。
夏野菜の天ぷら.JPG
ちょっと面白いのは梅干しの天ぷらです。

水につけて塩出しした梅干しに衣をつけて揚げます。梅干し.JPG
梅干しがが高級な食材になりました。

posted by 寺庵 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2016年08月09日

酷暑の京都

今朝は京都駅に降り立ち、
朝から気温が高いと感じました。

日差しは射すように照りつけ、
草木も白く感じます。
DSC_2252.JPG
用事を済ませ、帰りの電車の中の扇風機に
一息着きました。

東京も今日は37度とか。

DSC_2231.JPG
京都も同じ気温なのでどこ行っても日中は同じですが、アスファルトの照り返しがすくないと思います。

posted by 寺庵 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2016年08月08日

立秋の頃の活け花

昨日立秋でしたが、
とても秋風が吹くような空ではありません。

それでも活け花はリンドウやススキが登場しました。
りんどう1.jpg
しかし日中の暑さは毎日30度は超え
汗が顔からしたたり落ちます。

活け花もまだヒマワリがに合いますが、
DSC_0854-1.jpg

夕方の庭の水まきで時折吹く風は
もう少しで秋を運んでくれそうです
すすき.JPG


posted by 寺庵 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年08月07日

夏野菜の精進料理

今日は豆乳蒸しの中に
豆腐、きくらげ、にんじんの他に
とうもろこしのゆでたものを入れました。
夏野菜の飛龍頭.jpg
飛龍頭にはしいたけ、みょうがが入ります。
夏野菜の飛竜頭.jpg
それぞれ夏野菜の彩りが料理をひきたてます。
長いもののモロヘイヤ和え.jpg
そして暑い日には体の中から熱を作るものがいいですね今日の精進料理.jpg

posted by 寺庵 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年08月06日

小豆の選別は

今日の築地市場は
猛暑とリオのオリンピック開幕のため
少しだけすいていました。
築地.jpg
いつもは混んでいる豆の塩田屋さんでも
お客さんが少なかったので、
置いてあるザルについて質問ができました。
豆の選別に使うこしザルだそうです。
網目の大きさで三種類あります。

雑穀用、小豆のサイズの豆、花豆のような大きな豆用です。
使い方は袋から出した小豆をザルに入れ回します。
遠心力で良い豆は外側に、中が軽い豆などは中心に残ります。
小豆2.jpg
中心に残ったのはよけておきます。
良い豆は小分けの袋詰めにします。
豆.jpg
回したり、返したりする豆の選別は簡単そうですが
とても難しく、写真のようにできるの人は築地の中で
一人か二人ぐらいだそうです。
小豆1.jpg
昔ながらの豆の選別を見せていただき、
ちょっと得した気分です。
ご主人、暑いところありがとうございます。

2016年08月05日

茗荷 ミョウガ

ミョウガはアクセントのような夏野菜です。
DSC_2142.JPG
モロヘイヤと刻んだミョウガを酢醤油や吸い物に浮かすと、スッキリした味になります。
漬物も夏の食欲減退の時には食べたいものです。

この名前の由来は、その昔、インドのあるお坊さんがお寺の隅々までお掃除していたそうです。ちりがなくなるとまた別のところを掃除していたそうです。
やがて、一心に塵を払うことで悟りを開いた偉いお坊さんになったのです。
ところがそのお坊さんは毎回自分の名前を忘れてしまうので、釈尊から名前を書いたものを身につけるように与えらました。

その後、その偉いお坊さんが亡くなり、お墓のそばに名も知らぬ草が生えたのを、名前を背負って歩いたことに因み「茗荷」ミョウガと名づけれらました。

「ミョウガをたくさん食べると物忘れをする」と言われたのはこの偉いお坊さんのお話からです。
DSC_2139.JPG
私は毎日ミョウガを料理に使っています。
物忘れは?


posted by 寺庵 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年08月04日

キャベツ キャベツ

キャベツ畑を見たくて、嬬恋に来ています。
浅間山の麓に広がるキャベツ畑です。
DSC_2171.JPG
朝露がまだのっています。
キャベツは、「かんらん」と昔は言われていたそうです。

近くの食堂でかんらんラーメンを見つけました。
塩味でさっぱりした味です。
DSC_2181.JPG
帰る途中でキャベツを買いました。
DSC_2205.JPG
漬物代りのキャベツ塩麹を作るためです。

刻んでビニール袋に入れ、
塩をふり重石をしました。
DSC_2206.JPG
10分後に水気を絞り、
塩麹を少し入れました。

キャベツの味が塩麹に引き出されて
さっぱり味のサラダです。
DSC_2213.JPG
明日は蒸すか炒めものにします。
posted by 寺庵 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年08月03日

立秋近し

今週末は暦の上では立秋です。

ヨガの後に生徒さんが
「空がもう秋空ですね。
空が高くなっています。」
DSC_2165.JPG
季節の移ろいをとても早く感じます。
しかし、関東ではどこに行っても
雷がなっています。

雨上がりは空気が冷たく、
一枚薄い上着が欲しくなります。

とは言え、まだ夏野菜がたくさん出ています。
今、トウモロコシがゆであがりました。
今日の朝どれす。
DSC_2136.JPG
トウモロコシの甘い香りがたち、
湯気が上がっているのをいただきます。

まだ秋はちょっと早いですね。


posted by 寺庵 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年08月02日

きれいな色の旬の野菜

明け方からゴロゴロと雷の音がなっていました。
暦の上では大暑も過ぎましたが、
蒸し暑さと雷で何となく睡眠不足です。

こんな時は夏野菜をたっぷりいただきます。

写真は先日土曜日のヒルズマルシェで買いました。
夏野菜.jpg
緑の濃い野菜と真っ赤なトマト。

モロヘイヤがお勧めの野菜です。
moroheiya.jpg
さっとゆでた葉を刻み、粘りが出たところで
酢醤油でいただきます。

このモロヘイヤ、古くから中東で食用とされてました。
エジプト語で「王家の野菜」と言われていたとか。
栄養価も高く,カロテンやカルシウムなど含まれています。

またオクラも新鮮!産毛のような細かい毛が見えます。
オクラ.jpg
薄く輪切りでオクラとまぜたり、油で炒める野菜料理に加えてもいいですね!

甘長唐辛子は油と相性が良いので、
炒めてしょうゆ、みりんで味付けも。
油で揚げる時は必ず穴をあけましょう。
破裂する危険がありますので。

旬のきれいな色の野菜が合言葉です。



posted by 寺庵 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年08月01日

葉月食の歳時記

暑中お見舞い申し上げます。

葉月の歳時記は夏をおう歌するような食材で作りました。

「坊ちゃんかぼちゃの五目あんかけ」
坊ちゃんかぼちゃの五目あんかけhp.jpg
夏にとれる小ぶりなかぼちゃ。
坊ちゃんかぼちゃと呼ばれ、かわいいイメージがあります。
下煮の枝豆、にんじん、きくらげを入れて蒸します。
あんをかけていただくので野菜本来の味を堪能できます。
召し上がる時はケーキのように切って器に盛りつけます。
あんをかけて時間が経つとかぼちゃにしみこんで
あんがなくなります。作ったらすぐに召し上がってください。


「冬瓜ののっぺい汁」
のっぺ五汁1-1.jpg
冬瓜、にんじん、生しいたけ、オクラを入れて汁を作り、
葛粉でとろみをつけます。
暑い時期に温かい汁ものが身体にしみわたります。
もちろん、お盆さんには欠かせない仏様のお料理の一品です。

梅みつ豆乳寒天
梅みつの豆乳かん1.jpg
この6月に仕込んだ梅みつが出来ました。
豆乳に加えて寒天でよせます。
こしあんを少しのせてアクセント、
梅みつ味がさわやかで、寒天寄せでのど越しが良いデザートです。
暑い昼下がりにどうぞ。温かいほうじ茶が合います。


posted by 寺庵 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記