2016年10月31日

いつもと違う@かぼちゃ

かぼちゃ!.jpg
生徒さんからいただいたものです。
今日のハロウィンに合わてご持参いただきました。

形がいつもと違いゴツゴツしています。
小田原産の
日本かぼちゃの系統で
ねっとりとした味だそうです。

明日炊いてみようと思います!

posted by 寺庵 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年10月30日

キノコの種類

ヒルズマルシェで見つけた面白いキノコです。

DSC_2805.JPG
信州中野から来たキノコ専門店です。
お店の人がキノコの機能性をたくさん語っているましたが、
どんな料理に合うのかわからず、
美味しそうなぶなしめじを買ってしまいました。

DSC_2807.JPG

今日は寒い1日だったので、
夕飯はお鍋です。
ぶなしめじをたくさん入れていただきました。
もちろん、美味しかったです。
posted by 寺庵 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年10月29日

ケールを使って

青汁で有名な野菜「ケール」を使った和えものです。
葉が縮んでいるもの
ke-ru.jpg
平たい葉のものがあります。
ケール.jpg

蒸したりんごを使って胡麻和えを作りました。
ケールと蒸しりん2ご.jpg

柿とクコの実の白和えは色がきれいな仕上がりです。
甘酒を砂糖の代わりに少し入れました。
甘くなくて美味しい和え衣です。
白あえケールと柿の.jpg
春菊やほうれん草の感覚で使えると思いました。
posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2016年10月28日

油の使い方

今日の精進料理
今日の精進料理.jpg

珍しく油を使った料理が三品です。

生徒さんから
「油の使い方がよくわかりました。」
と試食をしながら言われました。

「今まで見たレシピ本では、油は適宜使って炒めると書いてありますが、
適宜がよくわからないでのです。
今回、計量しながら使うので、ちょうどよい量がわかります。」

春菊と高野豆腐のあえもの.jpg
春菊の和え物

じゃが芋の胡麻煮.jpg
じゃが芋の黒胡麻煮

きのこあん.jpg
豆腐のあんかけ

そうなんです、健康のためにはでは油は減らした方がよいと言われていますが、
賢く使うことが大事です。

例えば油の効能を知ったうえで
どんな油を使うか、
計量しながら使うなどです。

精進料理では胡麻油・菜種油をよく使います。
使う時はおまじない
「アブラカタブラ
 油過多油・・・しないように!」
posted by 寺庵 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年10月27日

今日の富士山

今日は三重県の津市、
真宗高田派の本山専修寺に行きました。

参詣ではなく、寺の坊守さんの勉強講座の中の一コマ、
精進料理教室の打ち合わせです。

名古屋の近鉄のホームでは
この看板が出迎えてくれました。
専修寺.jpg

初冠雪の富士山は新幹線側からは
雪が見えませんでした。
富士山.jpg

いつも行きの新幹線の中から
「今日の富士山」を見るのが楽しみです。




posted by 寺庵 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年10月26日

ごま豆腐で自分に向き合う

今回は生徒さんからのリクエスト「ごま豆腐」が献立にあります。

暑い時にはちょっと作るのが大変だったので、
涼しくなってからと思って今日にしました。
しかし、今日だけ25度を超える気温になりました。

生徒さんから「今日は胡麻豆腐で一日終わりました」と感想です。
しかし、食事の時は
「おいしいー」とにっこりとしていただけました。
ごま豆腐.jpg
ごま豆腐は作り方はとてもシンプルです。
胡麻をする。こす。ねる。固める。
全て終わるまで1時間はかかります。

「胡麻をするときは胡麻に自分の気持ちが入っていきます」と生徒さん。
それは、胡麻の集中している間は自分の向き合っていたと思います。
作り終えた時には達成感があったのではないでしょうか。

後の二品はもう一人の生徒さんが作っていました。
二人の協力でこの精進料理はできました。

春菊と柿のピーナッツ白和え.jpg
春菊と柿のピーナッツ白和え

揚げ里芋のみそ.jpg
揚げさといもの白味噌

とってもおいしいごま豆腐、そして精進料理でした。
精進料理の込められているメッセージの中の、
一心集中、調和が体験できましたね。

今日の精進料理.jpg

きのこご飯.jpg
きのこご飯
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年10月25日

濃い口しょうゆで決まり!

寺庵で使う濃い口しょうゆを買いに行きました。
薄口しょうゆはヒガシマルで決まりですが、
あまり使わない濃い口はいつも迷います。
どんな味かわからない時に
1本買うのは勇気がいります。

寺庵のしょうゆ.jpg
寺庵のしょうゆ勢揃い

そんな悩みを解決してくれたのが、
東京銀座松屋デパートのしょう油売り場です。
たくさんある中から試飲させてくれます。

今回試したのは千葉と埼玉と
島根のしょうゆです。
色や香り、味の違いを感じながら今回は島根のしょうゆを選びました。

濃い口しょうゆ.jpg

理由は色が濃くないので、煮物の色がきつくないと思ったからです。
千葉のしょう油は一番なじみがありましたが、
今回はこれで試してみようと思いました。

この売り場では甘味や香り、色などを説明しています。
全国のしょう油を味わえることや
しょうゆの材料やどんな料理に合うかまで
パンフレットに書いてあります。

明日から教室に登場します!
posted by 寺庵 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年10月24日

柚子

今日生徒さんからいただいた柚子です。
今日の生徒さん.jpg
普通よりとても大きな柚子。
この柚子はお飾りにもなります。
ゆず.jpg
毎日、霧吹きで水をやるとけっこう持つらしいです。

まだ青い柚子ですが、立派です!
ありがとうございます。
posted by 寺庵 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年10月23日

里芋が美味しい季節です。

今日は里芋がとても美味しいと生徒さんから感想をいただきました。
里芋.jpg
揚げた里芋に味噌をからめます。
カリッと揚げているので
とても味噌がからみやすいのです。

他には昨日の胡桃を和え衣に使い、
春菊を和えました。
香りが良い一品です。
春菊.jpg

今日の精進料理.jpg
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年10月22日

くるみ

築地の市場で「くるみ」の話を聞きました。
先ほど入荷した、新潟の魚沼産です。
もとはアメリカの木を植えたもので、
日本古来の胡桃の木とは違うそうです。
uonuma.jpg
横には同じ新潟の村上のくるみがありました。
日本古来の木のくるみ。
村上.jpg

こちらはすぐに使えるようにむいてありますが、
殻はずんぐりとした形、
味もアメリカの物より濃いそうです。

店先には秋のものがたくさん並んでます。
晩秋でしょうか。ginnnann.jpg


posted by 寺庵 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 築地に行こう!

2016年10月21日

アメリカのラジオの取材

今日の料理教室は
アメリカのNational Public Radio
「The Splendid Table」すてきな食卓と言う番組の取材がありました。

ラジオなので音の収録と精進料理のインタビューです。
生徒さんにも作る途中で質問があり、
作りながら話をすることで、
たいへんだったかもしれません。

映像もないので、音の表現でどんなことをしているのか、
イメージすることにとても興味も覚えました。
面白かったです。

今日の生徒さんに感謝し
インタビュアさん、通訳の方に、
とても良い仕事ができたことにお礼を申し上げます。

精進料理.jpg
ありがとうございました。



posted by 寺庵 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年10月20日

今月は芋名月!

今月の中秋の名月には
昔から里芋をお供えするほど、
里芋がおいしい季節になりました。

揚げてからみそををからめます。
「カラッと揚がった里芋にみそが程よくからんでいますね。」
「おいしいですね。」
と参加者の方からの感想です。
揚げ里芋.jpg

紅ずいきもレシピはないのですが、
一緒に作っていただきました。
お酢がきめてのずいき料理、
枝豆もきれいな色です。
紅ずいきと枝豆の甘酢和え.jpg
お二人はここで初めて会ったのですが、
とにかく仲良く楽しく料理をしていました。
IMG_1631-1.jpg

精進料理.jpg
こちらも楽しかったです。ありがとうございます。
ご馳走様です。
れんこんのきんぴら.jpg

春菊と柿のピーナツツ白和え.jpg







posted by 寺庵 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年10月19日

春菊の和え物

春菊で和え物を作りました。
春菊と高野豆腐の和え物.jpg
高野豆腐と昆布が入ります。
食材.jpg
ちょっと変わった和え物ですが、
春菊と昆布が程よく調和しています。


posted by 寺庵 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2016年10月18日

シャドークィーン

じゃが芋の種類がいろいろと出てきた思います。

新潟産のメクイーンの仲間、
シャドクイーンです。
皮をむいても、切り口も濃い紫です。

ポテトサラダにしようと思いましたが、
この色が残りそうなので止めました。

粉ふき芋にしてからバターで炒めました。
最後にしょうゆを小さじ1入れました。

じゃが芋.jpg

デンプンが多いので、ゆでても色が薄くならないのでしょうね。
食べても、けっこう美味しかったです。
posted by 寺庵 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2016年10月17日

季節を感じる

朝は雨の音を聞きながら食事をしました。

今は虫の音を聞きながらパソコンの前にいます。

毎日忙しく過ごしていますが、
季節を感じる時間が一時でもあると心が豊かになります。
季節の演出.jpg

そしていろいろなことに、優しくなれる気がします。
栗のお香入れ.jpg
posted by 寺庵 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年10月16日

蕪蒸し

この季節、初めての蕪蒸しです。
蕪蒸し.jpg

晩秋感じる気温にピッタリの料理ではないでしょうか。

本当はかぶも聖護院蕪や天蕪が美味しいのですが、
金町系の蕪(ふつうの大きさ)のもので作りました。

すり下ろした蕪をザルにあげ、水分をきり、
その汁を飲むと自然の甘さの差ががわかります。
しかし、蒸して上からあんをかけると
そんなに変わりはないと思います。
すりおろす.jpg
具材はぎんなん、きくらげ、にんじん、ゆり根、生麩もみじを使います。
ぎんなん.jpg

蕪蒸し-1.jpg
「温まりますね。」と生徒さん。
そうなんです、お腹の中から温まるので
寒い日は特に食べたくなる一品です。

「今日の精進料理はいろいろな味、
 季節の料理がとても美味しいですね。」
と生徒さんは召し上がっていました。
精進料理.jpg
ご馳走様です。


posted by 寺庵 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年10月15日

報恩講 厳修

今日10月15日は常國寺の報恩講です。
一年で一番大きな行事です。
報恩講.jpg
お経があがり、
その後に法話と続き、最後に精進料理をお出しします。
お供え.jpg
久しぶりに秋の晴天となりました。

お檀家さんは、食事の後にお茶を飲みながら料理の話や季節の話に花が咲いていました。
みなさんはゆっくりとしていただけたようです。
精進料理.jpg

おかげさまで無事に報恩講も終わりほっとしています。
posted by 寺庵 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年10月14日

松茸ご飯

明日は報恩講です。

掃除を済ませ、午後には料理の下ごしらえです。
今は松茸ご飯の準備中です。
DSC_2746.JPG

ご飯用の松茸の刻み、下味をつけて置いておきます。
700gの松茸の刻みは、少々疲れてきます。

DSC_2753.JPG
一年に一度の松茸三昧だと思いながら、
手を動かします。
後はお米をとぎ、ザルにあげます。
あと二本手が欲しいところです。

posted by 寺庵 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年10月13日

松茸は

常國寺の報恩講が近づいています。

毎年この頃は築地の買い出しに何回も行きます。
天候の関係で秋の食材の入荷が少なかったり、
もうあとわずかで終わるものも出てきています。

特に栗やほうれん、草春菊ははとても入荷が少なく
高値で取引されています。
ほうれん草はいつもは2把買いますが
1把だけにしました。

松茸はと言うと、そんなに安くはないのですが、
国産のものがずいぶん並んでいました。(岩手産)
松茸.jpg

常國寺の報恩講の精進料理にいつも松茸ご飯を炊きます。
いつの頃から続いているかわかりませんが、
今年もこのご飯を炊きます。
もちろん岩手産です。


posted by 寺庵 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 築地に行こう!

2016年10月12日

丹波篠山の黒豆の枝豆

この季節に毎年いただく、
丹波篠山の黒豆の枝豆です。
丹波篠山の黒豆枝豆.jpg
粒も大きくふっくらとしたサヤです。

塩ゆででいただくのが一番おいしいと思います。

他の料理は
れんこんのずんだ和え。
砂糖を入れずに、塩を少々で十分な味となりました。

何より、薄皮をとるときれいな緑色。
自然な色が食卓に合います。
枝豆.jpg

ご馳走様です。
れんこんのずんだ和え.jpg

posted by 寺庵 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理