2016年12月31日

常國寺

本堂3.jpg

親鸞聖人.jpg
親鸞聖人江戸時代作

お軸.jpg
聖徳太子と七高僧

常國寺の紋.jpg
常國寺の紋

posted by 寺庵 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年12月30日

晦日(みそか)の仕事

今日はおせちの買い物第1弾と掃除の日です。
天気が良い日なので、玄関と窓を先に拭き掃除です。

今はいろいろなタイプの雑巾があるので
汚れが比較的簡単に落ちます。
山号額もきれいになってから、夕方には幕をかけます。
山号額.jpg
掃除をすませた本堂には
お供え餅をあげました。
明日の31日に飾ると一夜飾りになると言われているので
何としても今日飾らなくてなりません。

そして、晦日にやらなくてはならないのは
黒豆を水につけることです。
明日は一日コトコト。
毎年の晦日の仕事です。
posted by 寺庵 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年12月29日

金時にんじん

金時にんじんはきれいな赤い色です。
その色を活かした料理、
なますや煮物がこの時期の定番です。
金時.jpg
輪切りにして梅の形にぬき、
煮物にいれると正月のおせちもランクがグッとあがります。

いつも使うにんじんより硬さと味を比べると
にんじん臭さもなく、硬さもあるので煮くずれもありません。

明日はお正月料理の最後の買い出しですが、
もちろん金時にんじんも買います。
posted by 寺庵 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年12月28日

今日は笑い納めの日

夕方6時30分〜から池袋の演芸場で、
落語を聴きました。

常國寺落語会でお世話になっている
鈴々舎馬桜師匠による
「掛取萬歳」「富久」
どちらも大みそかにふさわし演目。

たくさん笑ってきました。

常國寺落語会は
来年2月12日
12時30分からです。
演目は「らくだ」です。
どうぞお越しください。
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年12月27日

師走精進料理

今日、師走の精進料理のお終いの日です。

精進料理今日の.jpg
献立:松風豆腐、五色なます、矢羽れんこん、ほうれん草のお浸し梅入り、むかごご飯、柴漬け、粕汁
「ここで精進料理を作っていると、
とても癒されます。」と生徒さんはおっしゃいます。

「普段は忙しくて時間に追われていて、
なかなか落ち着きません。」

「手間暇かけて作ることで
心も落ち着いてきて
作ること、食べることに集中でき、、
気持ちがリセットされるのでしょうね。」
とさらに感想をいただきました。

師走には珍しい雨の一日でした。
いつもよりゆっくりと料理に向き合うことができました。

ご馳走様です。

松風豆腐.jpg

posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年12月26日

おせちの買い物

今日は午後1時ころ築地に行きました。
用事があり、ちょっと遅くなりましたが
まだまだ暮れの買い物と観光客が多かったです。
築地魚河岸.jpg
料理道具の常陸屋さんでは
10月に送っていただいた道具の支払いと
まな板の大、小を買いました。

結構まな板は消耗品です。
新年には新しいまな板をおろします。

この店は日本製のものを扱っているので
精進料理によく使うすり鉢やすりこ木、
木べらや流し函も種類がいくつかあります。
料理道具常陸屋.jpg
欲しいものが手に入る道具屋さんなので重宝します。

また、姉妹店の「酒美土場」シュビドゥバも面白い店です。
ナチュラルワイン・酒とオーガニック食材の店です。
酒美土馬場.jpg
ちょっと気になるお茶もあります。

posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 築地に行こう!

2016年12月25日

和食のイロハ おせち料理

今回の料理はさつまいもの栂ノ尾煮に栗を入れました。
栗きんとんまではいかないけれど、
簡単に作れる美味しい一品です。
さつまいもの栂ノ尾煮 栗入り.jpg
きれいな色に仕上がりました。

だて巻きも作りました。
だて巻き.jpg

「だて巻きは自分で作れるとは思いませんでした。
 甘くなくていいですね。」と生徒さんの感想です。

「里芋もいつもは煮ていますが、揚げて、みそ味がおいしいですね。」

この料理になますを入れれば、お正月料理に近づきますね。
今日の和食.jpg
ご馳走様です。



2016年12月24日

和食のイロハ おせち料理

今日は和食のイロハのおせち料理です。

着物を着た生徒さん、
「今年最後に着物を着て参加したかったので。」
と割烹着も着物用のロング丈。
とてもお似合いです。
kyouno.jpg
おせち料理の人気の高いもの、
だて巻き
だて巻き.jpg
五色なます
五色なます.jpg
炒り鶏
炒り鶏.jpg

おいしくできましたね。
和食のイロハ.jpg

「しっかりと巻けただて巻きや五色なますの美味しかったこと、炒り鶏の肉の入れルタイミングなど
わかりました。とても満足です。」
ご馳走様です。



2016年12月23日

南房総の農園

百笑農園に行きました。
南房総で、車で10分の海に近いところです。

用事があり、良くそばを通ります。
空いていない時に通るのかしら。
ここ数年で初めてです。

農家さんの直売所なので
朝採りたての野菜たちです。
百笑農園.jpg

サボイキャベツはとても柔らかく
刻むだけの生食用です。
サボイキャベツ.jpg

にんじんとトマトも同じく今日のサラダになります。
にんじんとトマト.jpg

大根はなます料理に葉は佃煮にします。
無農薬の大根.jpg

今日の野菜料理の材料で、
これこから料理します。

posted by 寺庵 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年12月22日

カラフルな精進料理

今日は生徒さんよりカラフルな精進料理をリクエストされました。
今の食材はれんこん、にんじん、さつま芋、大根、蕪など根菜類。
豆腐はどのような仕上がりにするかなど、
本当にいろいろとあるので迷います。

精進料理.jpg
れんこんのきんぴら、五色なます、ほうれん草とりんごのあえもの、豆腐のきのこあんかけ

今回はこんな仕上がりです。

posted by 寺庵 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年12月21日

冬至の精進料理

今日は冬至です。
精進料理にももちろん「かぼちゃの炊き合わせ」が登場です。
南瓜の炊き合わせ.jpg
他におもてなしのごま豆腐、じゃがいもの梨もどき、
黒米のおはぎも作りました。
梨もどき.jpg
特に胡麻豆腐を作る時には
胡麻をする、こす、ねるの3ステップをていねいにします。
ごま豆腐.jpg
「初めて作るごま豆腐、美味しいですね。」

ありがとうございます。
師走で忙しい中、ご参加ありがとうございます。
今日の精進料理.jpg
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年12月20日

明日は冬至

常國寺の紅葉も終わり、
紅葉.jpg

山号額.jpg
落ち葉がじゅうたんのようになり、
毎朝の掃除がいつもより長くかかります。
全て散るのが例年より遅いと思います。

今年のりんごは各地の天候によって
大きさが違いました。
リンゴ.jpg
小さいほうが青森産、
無農薬。

後ろは長野産。
こんなに大きさが違う年はありません。
もちろん美味しいリンゴです。

今年の天候は野菜や果物を育てる生産者に
とってどんな一年だったのでしょうか。

魚も同じように不漁のため値段が高騰しているものあります。
漁業関係の方もたいへんだったのではないでしょうか。

地球温暖化防止のため、
寺庵ではなるべく食品ロスをしないようにと思います。
表札.jpg
明日の柚子湯にも昨日まで使った柚子をためています。
南瓜を食べて柚子湯に入り、風邪をひかないようにと思います。
posted by 寺庵 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年12月19日

一皿ずつの感想です。

「今日の一番面白かったのは、
さつまいもの茶巾絞りです。」
茶巾しぼり.jpg

「矢羽れんこんも何とか矢羽になりました」と生徒さん
矢羽れんこん.jpg

「美味しいのは、蕪蒸しですね。」蕪蒸し.jpg

「むかごご飯もモチモチしてますね。」
むかごご飯.jpg

「なますの砂糖と酢の加減が良いです」
五色なます.jpg

「豆腐の松風は初めてです。
お菓子なら聞いたことがあります。」
松風豆腐.jpg

今日の精進料理.jpg

今日は一つずつ感想をいただきました。
ご馳走様です。

posted by 寺庵 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年12月18日

面白い形の柿です。
富士柿
富士柿.jpg
形が本当に富士山です。
いただいてからお供えをしていましが、
そろそろ軟らかくなったのでおろしました。

柿は奈良時代から栽培され、
長い歴史の間にいろいろな種類が食卓にのぼるようになりました。

アメリカでの精進料理教室でも
柿がまを作りました。
柿.jpg
スプーンで柿をくりぬきました。

ビタミンC、カロテンが豊富なので
風邪の予防に役立ててはいかがでしょうか。

posted by 寺庵 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2016年12月17日

達成感とおいしさ

今日は作る楽しみが感じられる精進料理です。

まずは矢羽れんこん、
矢羽れんこん.jpg

きれいな矢羽に見えるように作ります。
「なかなか矢羽になりませんが、
 できた時の達成感があります。」と生徒さん

季節の美味しさをもつのは「蕪蒸し」
お腹の中から温めます。

「口当たりの良い蕪のすりおろしと、
中身の銀杏、ゆりね,きくらげ、甘栗を
一緒に食べるとさらに美味しいですね。」

「今回の料理は作った達成感と美味しいと思う料理が違いました。」
と感想をいただきました。

さつまいもの茶巾も
かわいい出来ばえです。
さつまいもの茶巾絞り.jpg

身体が温まる精進料理、師走の忙しさからちょっと離れ、
料理に集中していただきました。

今日の精進料理.jpg
ありがとうございます。
ご馳走様です。


posted by 寺庵 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年12月16日

寒い日は蕪蒸し!

今日は本当に寒い日です。
そんな日は蒸し物を作ります。

かぶをすりおろした「蕪蒸し」。
蕪蒸し.jpg
中身はゆり根、銀杏、にんじん、きくらげ、甘栗を器に入れ、
上にかぶをおき、蒸すこと10分。
火を止めてとろみのついた汁をかけ、
ふたをしてから運びます。

「お腹の中から温まります。」と生徒さん。

蒸してから上からあんをかけているので
冷めにくいのです。

先人の知恵を感じます。
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年12月15日

旬を知る精進料理

「今日の精進料理はお正月料理ですね」と生徒さん。

精進料理今日の.jpg
松風豆腐や五色なますも作りました。
松風豆腐.jpg
豆腐を布巾でしぼるのがちょっと難しそうでした。

なます料理.jpg

お正月に作っていただきたいと思い、この献立にしました。
ちょっと面白いのが、黒米のむかご入りご飯です。

黒米ご飯.jpg

黒米ご飯2.jpg
お赤飯のような色です。米2合に赤米を20g入れました。むかごは60g。
きれいな色に炊けました。
むかごは下煮をしてアクをとったものです。

「ここでは旬を知ることができるのでうれしいです。」と生徒さんの感想です。

ありがとうございます。
ご馳走様です。



posted by 寺庵 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年12月14日

精進料理でおせち

精進料理で作るおせち料理
今日のしょうじんりょう1.jpg

生徒さん.jpg

さつまいものきんとん.jpg
さつま芋のきんとん

矢羽れんこん.jpg
矢羽れんこん

松風豆腐.jpg
松風豆腐

五色なます
五色なます.jpg



posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年12月13日

精進料理の体験

寺庵では初めていらっしゃった生徒さんには乾物の料理を作っていただきます。
切り干し大根の稲荷まき.jpg
写真は切り干し大根の稲荷まきです。
材料は切り干し大根、かんぴょう、油揚げ。
作り方は、油揚げを観音開きにしてゆでた干し大根を巻いて煮ます。

「切り干し大根が立派な一品になりますね。」と生徒さん。

次は里芋を揚げてから白みそで煮ます。
揚げ里芋の味噌煮.jpg
「おいしいですね!家でも作ります。」

れんこんのきんぴら.jpg
「れんこん料理はは彩がきれいにですね。」

精進料理今日の.jpg
生徒さんから精進料理について質問があり、
料理に対する思いやメッセージを伝えることができました。

ありがとうございます。
ご馳走様です


posted by 寺庵 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年12月12日

和のスイーツ おはぎ

師走に入り、おはぎを作るのは季節外れだと思いましたが、
前住職の好物だったのでお供えのために作りました。
おはぎ.jpg

もち米だけではちょっと重たいので、
うるち米を3/4、もち米を1/4にしました。
包むあんは市販のものです。

今年最後の前住職へのお経とともにおはぎもお供えし、
ちょっとだけ気持ちも落ち着きました。
おはぎ2.jpg

posted by 寺庵 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理