2017年02月08日

寒ーい京都

時折、太陽が出ていますが
雪が舞っている京都です。

2月は底冷えのする一番寒い季節の京都です。
寒い京都.jpg

寒い日には蒸し物を用意します。
今回は「うどんの海苔むし」
海苔の中にはうどんの他においしいれんこん団子が入っています。
うどんののり蒸し.jpg
寒い時期にはお腹の中から温まる一品。
その時期を過ごすための工夫で
満足感も得られます。
先人の知恵を感じます。
今日の精進料理2.jpg

ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2017年02月07日

新幹線の楽しみ。

2時間半の新幹線の楽しみは富士山と浜名湖です。
すっかりきれいに見える富士山はこの時期だけです。

DSC_3599.JPG
麓の田んぼや景色も四季折々の顔を見せます。

立春が過ぎ、明るい光が射し込んでいますが、
外は寒さが厳しそうです。

数分で過ぎる車窓にカメラを向けて、
息を止めシャッターを切ります。

DSC_3623.JPG
帰りの様子を考えながら、
列車の予約時刻を考えます。
少し日没が延びたので
5時過ぎでもまだ薄明かりでしょうか。
夕方の富士山も素晴らしく美しいです。
posted by 寺庵 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2017年02月06日

かぶは小ぶりがおいしいです。

今日のかぶは小ぶりです。
蕪の炒め煮.jpg

先日、築地に買い物に行った時に、
八百屋さんで「小ぶりなかぶは、この形のまま使えますよ。」
と言われ購入しました。

今まで天かぶや聖護院かぶなどの大きめのものを買い求めていました。
小ぶりを使うのは初めてです。

よくかぶを炒めるので煮くずれもしません。
味もしみています。

生徒さんも
「美味しいですね。」としみじみとおっしゃっていました。
今日の精進料理.jpg

ありがとうございます。ご馳走様です。

posted by 寺庵 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年02月05日

築地場外市場に新しいエリア

築地場外市場にできた新しい買い物エリアに行きました。
海幸橋と言う名前の3階建です。
全体.jpg
場内のお店が出店とあって
ワクワクしながら行きました。

海産物のお店が多く、
マグロの遠洋物や近海の魚、
穴子、フグ専門の店などがあり
とても面白かったです。

お店と食べるところが分かれていて
食べ歩きが盛んな場外市場と違う雰囲気です。

八百屋さんは特に入念に見ながら歩きました。
気に入ったのが「鎌倉野菜のお店」です。
鎌倉野菜3.jpg
きれいなディスプレイで
マルシェを思わせます。
鎌倉野菜4.jpg

鎌倉野菜2.jpg
これからこのエリアはもっとお店が増えると思います。
とても楽しみです!

2017年02月04日

入門精進料理の食材

精進料理の入門コースでは、
乾物を第一回目に使います。

切り干し大根や、おから、かんぴょう、干し椎茸などです。
ビタミン類、食物繊維を含んでいるので
野菜不足解消に一役買っています。

稲荷巻き切り干し大根の.jpg

今回は切り干し大根とかんぴょうを使います。
戻し汁は出汁に使います。
生徒さんは、
「切り干し大根は母がよく使っていました。」「かんぴょうは初めてです。」
コトコト似ているうちに油揚げに、切り干し大根の煮汁がしみて美味しい一品になります。
今日の精進料理.jpg

乾物は季節を問わず使うことが出来るので便利です。
入門で使うことで
乾物料理に慣れていただき、いつでもサッと使うことが出来ればと思います。

ご馳走様です。

posted by 寺庵 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年02月03日

炒り大豆の炊き込みご飯

今日は豆まき!

さて、いつ豆をまきますか?
この寺では夕飯が済んだ後、
本堂からまき始めます。

一年の中で楽しく大声を出しながら、
外に内に豆を投げます。

明日は早起きして外の掃除をしなければなりませんが…

お昼にその炒り豆を少々入れた炊き込みご飯を作りました。
炒り大豆の炊き込みご飯.jpg
米をとぎ、豆と一緒に水につけてから
加熱します。

炊き上がりはふんわりと豆の香りがします。
美味しいですよ!鬼も一緒に仲良く食べている気がします。

もし、豆が余ったら
このご飯を炊いてはいかがでしょうか。
味つけもいりません。
posted by 寺庵 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2017年02月02日

味はしっかりと。

精進料理のイメージは
味が薄そう、色が茶色イメージなど
よく言われます。

しかし、実際に作り、食べることの体験から
「こんなにカラフルで、味もしっかりとついているのには驚きました。」
「野菜の味が感じられ、おいしいですね。」
「豆腐もおいしい!どこのですか?」
「出汁は昆布だけですか?」
と、いろいろと質問をいただきます。

手間を惜しまず、心をこめて、ていねいに作るから
この味が出るのだと思います。
炒りにんじんの白酢和え.jpg

この精進料理もとても美味しく出来上がりました。
今日の精進料理.jpg

ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年02月01日

おもてなしのごま豆腐

今日はご夫婦で参加いただきました。
まず、ごま豆腐から始めました。

作る過程は難しくはないのですが、
時間と手間がかかります。

途中、「ミルやブレンダーを使って作らないのでしょうか?」
との質問がありました。

『胡麻の風味は、
金っ気がないほうがより美味しく感じます。』
『このひと手間を惜しみません。』
と答えました。

「手間がかかかっているのがわかりました」
と生徒さん。
胡麻豆腐.jpg
そして「おいしいですね。」とニッコリ。

おもてなしのごま豆腐に、
じっくりと向き合っていただけて
良かったです。

posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室