2017年03月31日

フキの和え物で身体は春に目覚める。

今日は3月も終わりの日。
食材は春本番を迎えています。

山椒の若芽はまだ高価ですが、
フキの葉は旬を迎えて比較的手に入りやすいので、
この和え物作ります。

フキはゆでて筋を取り、出汁とみりん、薄口しょうゆでさっと煮ます。
この緑色を活かすので、サッと煮てすぐに冷やします。
ふき.jpg

葉もゆでてみそを入れて和えごろもを作ります。
蕗の葉.jpg

香りも蕗独特のものです。

「この蕗独特の香りと味がじわじわと押し寄せます。」
と生徒さん。
生徒さん今日の.jpg

『そうなんです、春になるとこの香りや味、
ふきのとうなどは特に、にがみなどで、
私たちの身体が冬から春に切り替わり、
目覚めるのです。』と答えます。

旬のものを食べて、
今の季節を感じることは、
とても大事なことです。
ふきのともえ和え.jpg




posted by 寺庵 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年03月30日

胡麻を切る

大さじ1杯の胡麻を包丁で切ります。
香りはすり鉢でするよりも
良い香りが広がります。
胡麻を7切る。.jpg
春菊と夏ミカンをみそで和えます。
IMG_0801.JPG

最後にパラリと切り胡麻を和えます。
春菊と夏ミカンのみそ和え.jpg

「みそ味の和え衣ですが、胡麻の香りと
夏ミカンでさっぱりとした一品が出来上がりですね。」
と感想をいただきました。
今日の精進料理.jpg

ごちそうさまです。
posted by 寺庵 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年03月29日

豆腐の調理

今日の精進料理は擬製豆腐を作ります。

まず、豆腐を絞り、
豆腐をする.jpg

流し函に入れます。
流し函に入れる.jpg

飾りを置く
桜を散らす.jpgIMG_0810.JPG
桜の豆腐、香りが春を呼びます。




posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年03月28日

お蕎麦の話

「お蕎麦の歴史は古く、
中国から入って来ました。」
とお店のご主人の話は続きます。
DSC_4128.JPG

房総半島のとあるお蕎麦屋で、
対馬産のそば粉と
DSC_4136.JPG

北海道の牡丹そば粉の盛りそばの食べ比べをしました。
DSC_4135.JPG

牡丹そばは殻付きをひきます。
対馬産はていねいに取ります。

味は北海道の牡丹そばがしっかりしています。
対馬産はさらりとして味があります。

日本の地域でこんな味が違うのだと思うと、
いろいろなご当地そばを食べたくなりました。

お蕎麦屋さんのレクチュアも勉強になり、
美味しいサラダとそばにニッコリしました。
DSC_4132.JPG


posted by 寺庵 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年03月27日

木蓮の花

桜が足踏みの間、
今は木蓮が満開です。
DSC_4104.JPG

水仙や、
DSC_4107.JPG

ふきのとうの花も負けじと咲いてます。
DSC_4112.JPG
雨上がり、
鳥も鳴き、春を満喫できます。

posted by 寺庵 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年03月26日

春野菜で糠漬け

今日は独活を糠漬けにしました。
DSC_4099.JPG
春野菜はちょっとえぐみがありますが、
風味が残り、美味しくつかってます。

紅芯大根もきれいな色です。

糠漬けはビタミン補給に有効ですが、
塩分のとりすぎに気をつけなくてはと思います。
posted by 寺庵 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年03月25日

春の精進料理

桜の開花から寒い日が続いています。
桜坂は1分咲きのようです。

今日の精進料理も桜を使います。
甘みを抑える工夫をした擬製豆腐、
桜.jpg
「きれいな花びらですね。」と生徒さん。
花を豆腐に置きながらニッコリとしています。

出来上がり、桜色は退色しますが、
桜がふんわりと香ります。
桜豆腐.jpg

春野菜のきんぴら、
春野菜のキンピラ.jpg

春菊と夏ミカンのみそ和えなど
春菊と夏ミカンの味噌和え.jpg

一食で塩、しょうゆ、みその味に仕上げます。

「春の料理、美味しく作ることができました。」と感想をいただきました。
今日の精進料理.jpg

ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年03月24日

ヨモギとフキノトウの天ぷら

ヨモギの香りはさわやかな感じです。
ヨモギ団子も美味しいのですが、
今回は天ぷらにしました。

さっくりと揚げるために少し小麦粉をふってから
衣をつけました。
ヨモギとフキノトウの天ぷら.jpg

抹茶塩より、普通の塩のほうが
香りも楽しめます。

一緒にふきのとうも揚げます。

花が開き、緑のブローチのようですね。
posted by 寺庵 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2017年03月23日

土筆(つくし)

昨日の土筆を見ながら、
京都の梅林で見つけた土筆のことを思い出しました。

一緒に行った友人が昔は春になると
土筆を取りに行って食べていたと話をしていました。

土筆はたくさん自生していたのでしょうね。

でも下ごしらえに手間がかかるので
大変だったのではと思います。

はかまを取る細かい作業です。
はかまを取る.jpg

今日は菜の花のと梅干しで和えます。
隠し味に塩昆布と糸唐辛子を入れました。
土筆と菜の花の梅和え.jpg

「土筆のちょっとほろ苦いところと梅干しが合っている。」と家族の感想です。



posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2017年03月22日

山野草

この時期は、築地市場から目が離せません。

理由は山野草の入荷が刻々と変わるからです。
今日は君津、木更津産が入りました。
ツクシ、
つくし.jpg

ヨモギ、
よもぎ.jpg

菜の花、
菜の花.jpg

からし菜の芽、
辛子菜の芽.jpg

少し遠くで栃木のアスラパラ、
アスパラ.jpg

新潟魚沼のフキノトウ(花が咲いているのでふきみそを作ります。)
ふきのとう.jpg

つくばのワラビ
つくばのわらび.jpg

桜や山野草の撮影で大忙しの春の一日ですが、
季節をじかに感じられ幸せです。

しかし急ぎ、下ごしらえが必要です。
すぐにツクシのはかま取りです。
明日の春彼岸の最後の日に阿弥陀様にお供えします。
posted by 寺庵 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 築地に行こう!

2017年03月21日

桜の開花によせて

今日は赤坂の桜が開花しました。
DSC_4079.JPG
あいにくの雨でしたが、
寒さにもめげず一輪がけなげに咲きました。

精進料理でも桜にちなんだ一品があります。
桜豆腐です。
桜豆腐.jpg
「桜の香りが良いですね。」と生徒さん。
料理でも桜を楽しめます。

毎年この時期に作ります。
桜豆腐を作ると一気に春がやって来ます。
今日の精進料理.jpg
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年03月20日

お中日 精進料理

今日は春彼岸のお中日、
讃佛会法要の精進料理を供え、
DSC_4065-1.jpg

お経をあげます。

今日はよもぎ入りれんこんの揚げ炊き、
ヨモギ入りれんこん団子の揚げ煮.jpg

春菊と干し柿のピーナッツ白和え、
春菊と干し柿のピーナッツ白和え.jpg

グリンピースの甘煮、
グリンピースの甘煮.jpg

うどとふきのきんぴら
うどとふきのきんぴら.jpg

竹の子ご飯、
竹の子ご飯.jpg

ワラビの汁もの、
漬物はごぼうのしょうゆ漬けです。

精進料理.jpg

竹の子ご飯は初物です。

作りながら、「春が来た!」と思います。

posted by 寺庵 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2017年03月19日

新芽からの連想

この頃には樹木が芽ぶき、
可愛らしい新芽をつけています。

紫陽花、
紫陽花.jpg

紅葉
もみじ.JPG

どちらもかわいらしい芽が出ています。

そう言えばタラの芽は八百屋さんでもでていますね。
こちらは桜の季節が旬だそうです。

煮びたしを今度作ろうと思います。

新芽からちょっと食い気に走ってしまいました。
posted by 寺庵 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年03月18日

魚屋さんの春はどこから?

和食のイロハで使う魚は
築地場外市場から購入します。

季節の魚や魚のさばき方などを
教えていただきます。

先日築地で「魚屋さんでは
どの魚で春来たと感じますか?」と聞きました。

「この季節は、海藻や貝から春を感じるね。」と魚屋さん。
築地3.JPG

「鰆(さわら)は12月末から1月が美味しい季節、
 この頃ではもう遅いからね。」
築地2.JPG

そうなんですね。
そう言えば、この間は新もののひじきを使いました。
hijiki.jpg

香りの良い煮物ができました。
posted by 寺庵 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年03月17日

今日から春彼岸

杏子の花が咲きました。
DSC_6023.JPG
今日から春彼岸です。
精進料理を作り、お供えしてからお経をあげます。
精進料理2.JPG

穏やかな春彼岸となりますように。
本堂.jpg

まだ寒い一日、早く暖かくなるように。
posted by 寺庵 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年03月16日

災害食

地域栄養士会の試作会。
出来上がり.jpg
今年も3月に作りました。
スパゲッテイの海苔の佃煮
海苔の佃煮.jpg

見た目は屋台の焼きそばのようですが
一つの鍋で湯を沸かすだけで作りました。

海苔味に梅干しと水菜を加えました。

結構おいしいと評判です。
posted by 寺庵 at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年03月15日

和食のイロハ 

今回の献立は、
・春巻き
和食のイロハ.jpg

・ほうれん草の白和え
ほうれん草の白あえ.jpg

・ぼたもち
おはぎ.jpg

和食のイロハと言うより、家庭料理です。

お彼岸も近いので、ぼたもちを黒米で作りました。
春巻きは汁の出ない具材の調理、
白和えはいつもより手順を省き、簡単に作ります。
手抜きではないので、美味しい白和えができます。

黒米は2合炊いて半分はぼたもち、残りを主食にしました。
黒米のご飯.jpg

生徒さんは、「満足です!」とニッコリ。
今回は料理手順をよく考えて作ります。
ボリュームもありますが、
食べ応えのある一食となりました。
w和食のイロハ.jpg

ごちそうさまです。
posted by 寺庵 at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2017年03月14日

常國寺 ホームページ

昨日の昼間に
常國寺ホームページが産声をあげました。
http://akasaka-jokokuji.net/
是非ご覧ください。
住職の写真も貼ってあります!
どうぞよろしくお願いいたします。
DSC_3991-1.jpg



posted by 寺庵 at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年03月13日

香を愉しむ会のお誘い

寺小屋で行われるお香の会
日時
4月1日(土)午後2時〜4時
内容
4月1日 午後2時〜4時
内容、桜にちなんだ香り
20170311152900.jpg
桜のバスソルト作り
電子香炉で薫物 

参加費2500円

皆様のご参加お待ちしております。
posted by 寺庵 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋

2017年03月12日

桜の花びら

今週は桜の花びらを使い
精進ちらし寿司と
DSC_5739.JPG

桜ちらし寿司.jpg

桜ご飯
桜ご飯.jpg
を作りました。

どちらも色を大切に使い、
春を演出します。

寒かった冬から
コートを少しずつ軽くして
花見に出かける準備をしているような気持ちです。

東京の桜の花の開花はいつでしょうか。
桜.jpg
posted by 寺庵 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ