2017年06月28日

梅実のココロ

今年の梅漬けは順調です。

梅を漬けて白酢が十分に上がってきました。
赤紫蘇を入れて色づけをします。
梅.jpg
赤紫蘇を塩でもみ、ギュッと手でしぼり、
また塩もみしてアクを取ります。

茎を取るのが大変ですが、
そこは省きません。
赤紫蘇.jpg
アクを取り、赤紫蘇を少しずつ伸ばしながら、
少しよけておいた白酢を少しずつ赤紫蘇に加え、
ピンク色にしてから、梅づけに戻します。
IMG_0846-1.jpg
重石を半分にし、7月の土用まで置いておきます。
IMG_0845.JPG
梅実は漬ける前から熟したきれいな黄色と
芳醇な香りでした。

毎年漬けますが、毎年初心に帰り
ていねいな作業をココロがけています。

今年も良い梅干しが出来ますように!
posted by 寺庵 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年06月27日

調和

今日の精進料理の三菜は、
ピーナツツ和えアスパラガスと絹さやの.jpg
アスパラガスと絹さやのピーナッツ和え

ブロッコリーと空豆の葛煮.jpg
カリフラワーと空豆の葛煮

切り干し大根とキュウリの胡麻酢和え.jpg
切り干し大根とキュウリの胡麻酢和えを作りました。

今日の精進料理.jpg

生徒さんから、「出来上がりが調和がとれた三菜ですね。
      梅と酢、葛とじの優しい味、ピーナッツ味」
「じっくりと作り、美味しくいただきました。」

精進料理の五つのキイワードの中の一つ、
「調和」を感じていただけて良かったです。

ご馳走様です。








posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年06月26日

夏前半の一汁三菜

夏の一汁三菜を作りました。
まだ夏本番ではないので、夏前半の精進料理です。
IMG_0781-1.jpg
今日は取材もあったので、お堂で食事です。
IMG_0788-1.jpg
「切り干し大根の胡麻酢和えは、刻んだ梅が入り、酸っぱさがちょうど良い和えものですね。」
「大きく切ってある干し大根も珍しいです。」と感想をいただきました。
IMG_0791-1.jpg

IMG_0794-1.jpg

ピーナツツ和え.jpg

IMG_0803-1.jpg
「静かなところで、落ち着いて食事ができます。」と生徒さん。

ありがとうございます。ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年06月25日

初ものトウモロコシ

今日は初ものトウモロコシをたくさんゆでました。
阿弥陀様にお供えしたものを下げてゆでます。
とうもろこし3.jpg

はやくゆでておかないと美味しさが半減するので
ゆでたて.jpg
外側の皮を何枚か取り、水からゆっくりとゆでていきます。
沸騰してから弱火にし、10分経ったらゆで具合をみて火を止め、
ザルに出して、そのまま冷やします。


ゆでとうもろこしの出来上がりです。
ゆでたて1.jpg
ご馳走様です。


posted by 寺庵 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年06月24日

習字


DSC_5144.JPG
久しぶりの習字
DSC_5146.JPG
今日は「止め」練習です。
結構難しかったです。
来月は17日の予定です。
posted by 寺庵 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋

2017年06月23日

カリフラワーの葛煮

今日の精進料理は「カリフラワーの葛煮」が話題になりました。
この料理、シンプルな作り方です。
材料を鍋に入れ、さっと煮てから葛を入れ、1、2分加熱します。
カリフラワーの葛煮.jpg
生徒さんから、
「今までとは違う感覚のカリフラワーの料理ですね。」と感想をいただきました。
出来上がり.jpg
葛粉はよく精進料理で使いますが、
カリフラワー、空豆としめじは初めてです。
karifurawa-.jpg
お腹の中から温まる一品、生徒さんと「ホッコリ」しました。

今日の精進料理.jpg

ご馳走様です。

posted by 寺庵 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年06月22日

アスパラガスの季節前線

夏至を過ぎましたが、梅雨を感じさせない毎日です。
アスパラトキヌサヤピーナッツ和え.jpg

今日の精進料理はアスパラガスのピーナツ和えを作りました。
そろそろ本州のアスパラガスは秋田県へと移り、
今年の収穫も終わりになってきました。
他の材料は旬のキヌサヤです。
この二つの食材をピーナッツ和えにします。

煎ったピーナッツをゴリゴリとすり鉢であたり、
調味料を入れる和え衣。
香り豊かな一品になります。

「今日の精進料理も美味しくて、
どれが一番のお気に入りなど決められないです。」
と生徒さんの感想です。

今日の「精進料理.JPG

カリフラワーの葛とじ.jpg

五目炒り豆腐.jpg

おかひじきの酢みそ和え.jpg

「でもアスパラは色がきれいですね。」と、
今の深緑の季節を感じていただけたようです。

ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年06月21日

夏至に梅干しづくり

今日は夏至です。
区切りの良いところで
梅を漬けます。
梅.jpg
良く熟した梅は香りも良く、
つい手を出したくなります。

でもご用心、生では食べられません。
塩.jpg

梅づけ.jpg

梅漬けが終わった夏至の夕方、
外に出ると長かった昼が暮れようとしています。夏至の夕方.jpg
posted by 寺庵 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年06月20日

初もの ビワ

房州のビワ農家の友人から初もののビワをいただきました。
IMG_0673-1.JPG
一つひとつていねいに紙に包まれています。
すぐ本堂の阿弥陀様にお供えしました。

もうビワの季節の到来かとハッとしましした。
そう言えば明日は夏至、
梅雨に入り、あまり雨が降らず、
朝晩が涼しい毎日。

ビワのおかげで今の季節を実感しました。
友人に感謝して、「ご馳走様」です。


posted by 寺庵 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年06月19日

おかひじきのか辛子酢みそ和え

きれいな色のおかひじきです。
カロテンが多い緑黄色野菜。
IMG_0678-1.jpg

サッとゆでて辛子酢みで和えました。
IMG_0661-1.jpg
シャキシャキした歯ごたえのためには、
2分くらいのゆで加減がお勧めです。
辛子が入るので酢みそが引き立ち、
おかひじきがいっそう美味しくなります。
IMG_0667-1.JPG



posted by 寺庵 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年06月18日

きゅうり、ジュンサイ、干し杏子の酢のもの

この季節、ジュンサイと干し杏子を入れると
ちょっとおいしい酢の物ができます。
きゅうりとジュンサイと干し杏子の酢の物.jpg

ジュンサイはつるんとして食べやすく、
杏子の色と甘酸っぱい味は
ほどよいアクセントとなります。

posted by 寺庵 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2017年06月17日

夏の京都

東林院の夏椿、
沙羅双樹の花
DSC_5117.JPG
今年は満開になるのが早そうです。

DSC_5113.JPG
朝に咲いて、夕方には散る花。
刻々と変化をして行きます。
はかなさと、無常を感じます。
DSC_5109.JPG


posted by 寺庵 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2017年06月16日

錦市場 伊藤若冲

錦市場で伊藤若冲の絵を見ました。
DSC_5095.JPG
商店街が閉まったシャッター各店舗。
DSC_5105.JPG
江戸時代、錦市場の青物屋の生まれにちなみ、描かれたそうです。
DSC_5102.JPG
美術館ではなく、面白い場所で名画に会いました。
posted by 寺庵 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2017年06月15日

沙羅の花を愛でる会

京都、東林院に来ています。
沙羅花を愛でる会のお手伝いです。

DSC_5074.JPG
夏椿、
一日の命だそうです。
DSC_5076.JPG
はかない花の命。
愛でながら、
風を感じています。




posted by 寺庵 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2017年06月14日

季節の和菓子

お使いの帰り道、
赤坂「塩野」で和菓子を購入。
季節を和菓子で表現しています。

DSC_5045-c1f79.JPG
初蛍

DSC_5041.JPG
紫陽花

DSC_5040-1d423.JPG
風楓

風流な名前です。
posted by 寺庵 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年06月13日

杉本刃物

築地は食材だけではなく食器、料理道具の他に刃物屋さんにも通っています。
定期的に刃物を研ぎに出さないと、
自己流の研ぎではいつの間にか切れない包丁になります。

包丁の切れ味が悪いと、ケガをするこにつながるので、
定期的にここへ持って来て、包丁をととのえます。

築地場外市場の杉本刃物店は義理の母から教わった刃物屋さんです。
築地刃物 看板.jpg

品ぞろえはもちろんですが、
ていねいに用途別に教えてもらえます。
築地刃物 杉本.jpg

また、店の中でいつも包丁を研いでいるので
見ているのも楽しいものです。
包丁とぎ.jpg

特に海外で料理をすると、切れない包丁が多いので、
どの砥石を持って、どのように研ぐか勉強になります。

posted by 寺庵 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 築地に行こう!

2017年06月12日

瀬戸物屋

今日はお皿を買いに築地場外市場に行きました。

生鮮食料品の買い出しではなく、午後に行くことにしたので
いつもよりのんびりとした気分で出かけました。

1時半頃築地に到着、生鮮食料品のお店はそろそろ店じまい、
一方、飲食店はまだまだ観光客でにぎわっていました。

いつもの瀬戸物屋さんでは急須や小皿を買うのですが、
今日は深めの器と平皿が欲しいのでじっくりと探しました。
食器.jpg

食器3.jpg

写真の器は有田焼きの黄色の器です。
有田焼.jpg

和え物や煮物が合います。
今まで使ったことがない色ですが
手に取ると、すっぽりと手になじむような気がしたので購入しました。

もう一枚は水色の平皿です。夏の季節の間に使おうと思います。

少し重くなったリュックを人とぶつからないようにかかえながら、
大事に持って帰りました。
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 築地に行こう!

2017年06月11日

江戸東京野菜 馬込半白きゅうり

6月に入り、週末のヒルズマルシェで出回り始めました。
半白きゅうり.jpg

馬込半白きゅうりは江戸東京野菜として復活した野菜です。
明治時代に漬物用のきゅうりとして評判になったのですが、
昭和30年代に生食用のきゅうりが栽培されるようになると、
漬物用のきゅうりは需要が減り、ついには栽培されなくなりました。

国分寺の小坂農園のご主人小坂良夫さんによって、
現在この季節に出回るようになりました。
栽培のご苦労をご本人から伺ってからは、
この馬込半白きゅうりをいつも購入します。

このきゅうりの特徴は、いつも見かけるきゅうりより色が半分以上白いこと。
長さは緑色のきゅうりよりの2/3くらいで、ずんぐりとしたのが特徴です。
きゅうり.jpg

皮が固いので糠漬けに適しています。
糠漬け.jpg

今回も美味しい糠漬けができました。
食感が普通のきゅうりより良く、
食が進みます。
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年06月10日

夏野菜の和製ピクルス

今日はマルシェで野菜を購入。
夏野菜の元気な顔がたくさん並んでいます。
その中で目を引いたのがコリンキー

かぼちゃの仲間で、生食が可能です。
小さめのメロンくらいの大きさです。
コリンキーと野菜.jpg

縦割りにすると、種がが面白い形です。
断面.jpg
薄くスライスして食べてみると、種は気になりません。

生食に向くので、和製ピクルスを作りました。
きゅうり、みょうがは切ってから軽く塩をふり、甘酢に入れます。

ピクルス(和).jpg

さっぱりとした箸休めの一皿です。
posted by 寺庵 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2017年06月09日

アスパラガスと絹さやのカシューナッツ和え

今日は3名の方の参加で、ちょっとにぎやか。
調理はベテランの方たちです。
三人.jpg

今回は和え物にカシューナッツが登場です。
皆さんから、カシューナッツの和えごろもの味に
「美味しいでーす。」と感想をいただきました。
アスパラガスと絹さやのカシューナッツ和え.jpg


にんじんとごぼうのかき揚げはいろいろと
説明しながらデモンストレーションをしました。
「天ぷらの美味しさはは食材と衣の量です。」
「揚げ方は火加減で決まります。」
「揚げる時はゆっくりと油に入れてください。
 危ないので上から落とさないように。」
みなさん上手に揚げていました。
にんじんのかき揚げ.jpg

協力しながら結構早く終了しました。
精進料理の大切なキイワードの、
『協調』、『調和』、そして『感謝』を
実際に調理で体験をしていただけました。
葛とじ.jpg

精進料理3.jpg
ご馳走様です。




posted by 寺庵 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室