2017年07月31日

梅干し

今年の土用は2回あり、
来月6日が土用丑の日です。

先日の1回目は天気が悪く、
一昨日から干し始めます。
思ったほど日が照らず、
時折、梅雨戻りかと心配しました。

今年の出来映えは例年にない、
できが悪く、
ちょっとしょげています。

DSC_5621.JPG

手間をかけて仕込みましたが、
梅酢が上がり、赤紫蘇を入れてから
最後の仕上げでできが悪くなりました。

焼酎で洗い、
何とか干しています。
最後で気を抜いたら失敗だと、
よくわかりました。

明日から天気が良くなるといいのですが。
DSC_5623.JPG

posted by 寺庵 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年07月30日

夏野菜をゆっくり食べる。

忙しい毎日を送る中で、
どうしたらゆっくりとご飯をいただけるか、
いかに野菜をいっぱい食べられるかを
考える人は多いと思います。

今日の生徒さんもその一人、
「ここに来るとゆっくり食べられる、しかも美味しい精進料理を。」
今日の精進料理.jpg

生徒さんからお話を伺い、食事について改めて考えます。
普段の食事を作ること、食べることに時間をかけられない人に
寺庵からのメッセージは、
ちょっと作りたいと思ったときに寺に来て、
思いきり心をこめて料理を作ってください。
夏野菜の寒天よせ.jpg
無駄を省き、手間をかける精進料理に向き合うと
心もゆったりとしてきます。
そして、明日からがんばるぞ!と言う気持ちがわいてきます。

切り干し大根とキュウリの胡麻酢和え.jpg

料理を作った経験は忘れません。
また作りたい、時間のある時はこれ、ないときはあれ、と言うように
選択ができるようになり、
毎日の食事作りのヒントになります。
伏見唐辛子とみょうがの炒め物.jpg

特別な調味料は使いません。
しょうゆ、砂糖、みそ、酢、塩、みりん、酒などです。

心にほっとできる精進料理です。
シンモノの紅東甘煮.jpg
posted by 寺庵 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年07月29日

夏野菜がふんだんに。

今日はいつもと違い3名の生徒さんです。
野菜料理をたくさん作り、
自分の健康、
家族の健康に役立てたい共通のお話です。
DSC_5596.JPG
夏野菜の観点寄せ
DSC_5589.JPG
きゅうりとなすの味噌炒め
DSC_5591.JPG
ゴーヤの炒り豆腐和え
DSC_5593.JPG
他にもツルムラサキのお浸しや
なますもあります。

生徒さんたちは、
お腹一杯です。とご満足いただけたようです。
もちろん、味付けも精進料理らしく、
調和がとれています。

posted by 寺庵 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年07月28日

何もない日

DSC_5544.JPG
風邪をひいてしまいました。
DSC_5584.JPG
今日はおしまいです。
何も書けず、すみません。
posted by 寺庵 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年07月27日

世慣れた豆腐

生徒さんと料理を作りながら、
生徒さん.jpg
豆腐をフライパンで炒っている時です。
私は「豆腐は角が取れ、丸くなるように炒ってください。」と伝えたら、
生徒さんは「世慣れた豆腐ですね。」と返答。
世慣れた豆腐.jpg

ゴーヤの入り豆腐いため.jpg

「何ですか?世慣れた豆腐とは」と聞き返します。
「角が取れて丸いからですよ。
古今亭志ん生師匠の落語のマクラです。」

思わず笑ってしまいました。

落語の話では、
「ある旅人が日が暮れて、どこぞの村へたどり着き、
 飯屋に入り、注文して出てきた豆腐料理。
 煮しめたような茶色い豆腐が出てきての会話。
 世慣れた豆腐。」
 続きがあり、
「旅人が酒を注文したら
何だか薄い酒が出てきたので
亭主に尋ねると『村はずれ』の酒と答える。
何でこんな名前かとさらに尋ねると、
亭主は、村はずれまで歩くと酔いが醒めると答える。」

ここまで行くと最後まで落語の話で盛り上がりました。
今日の精進料理.jpg

そういえば、
常國寺落語会
8月6日(日)12時30分から14時30分
鈴々舎馬桜師匠の「牡丹燈籠ーお峰殺し」があります。
百目蝋燭を燈して、
皆様のお越しをお待ちしております。
木戸賃 3000円です。
posted by 寺庵 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年07月26日

万願寺の唐辛子

夏と言えば辛い物を食べると、
汗をかいてスッキリすると言われています。

この写真は、京都からいただきものです。

伏見の唐辛子。
伏見唐辛子.jpg

もう一つは万願寺唐辛子。
万願寺唐辛子.jpg
万願寺唐辛子のしょうが炒め.jpg

しめじを使うことで
味がぐんと良くなります。
posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2017年07月25日

夏野菜で元気に!

今日の生徒さんと夏野菜の寒天よせについて
話が弾みました。

夏野菜の.jpg
「今、流行りのジュレですか?」と聞かれました。
いいえ、寒天よせですと答えましたが、
こんなにきれいな透明になるのですねと感心しています。

「でも、流し函のどこに何を入れるか決めないと、
切りにくいですね。」
「かぼちゃとなすの位置、トマトかしら」などとお二人で楽しそうに話をしています。
今日の生徒さん.jpg
夏野菜をたくさん使い、
おいしさを感じていただき、
元気にこの季節を乗り切っていただきたいと思います。
今日の精進料理.jpg
ご馳走様です。


posted by 寺庵 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年07月24日

ゴーヤ料理

今日も蒸し暑い日です。
身体の中にこもった熱気を取ってくれるのが、
ゴーヤです。

緑のカーテンなどと呼ばれ、
家庭菜園でもおなじみのゴーヤを
いつもと違う味付けでいただきます。
ゴーヤの炒り豆腐和え.jpg
「生姜味のゴーヤは豆腐に合って美味しいですね」と生徒さん
この時期はよくゴーヤをいただくそうです。
マンネリ化した料理に変化があり、
食欲がない時にもおすすめの一品だと感想をいただきました。

他の精進料理とも味のバランスがとれています。
寒天よせ夏野菜の.jpg

きゅうり.jpg

今日の精進料理.jpg
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年07月23日

和歌朗読

昨日の和歌朗読の報告です。
今回は「藤原定子」の和歌です。
和歌朗読.jpg
藤原定子の和歌を三部に分けて詠みました。
清少納言とのきずな、
愛する人へ 帝の想い、
愛する人へ 最後の想い、
和歌朗読2.jpg
根岸理奈子さんの詠みは
私たちを平安時代にひきもどします。
しかし、想いは現代と変わりません。

次回は9月30日(土)です。
posted by 寺庵 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋

2017年07月22日

そうめん

精進料理ではそうめんも登場します。

そうめんと昆布出汁を使います。
調味料理はみそと薄口しょうゆです。
IMG_0065.JPG
冬瓜はいっています。

「夏野菜がいっぱい入り、美味しそうですね。」と生徒さん
盛りつけも、そうめんを「一口サイズにくるりんと巻いておきます。
「食べやすくていいですね。」と感想をいただきました

IMG_0063-1.jpg
暑い日のそうめんも栄養たっぷりです。

ご馳走様です。

posted by 寺庵 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年07月21日

暑い時にはそうめん!

毎日暑いと言ってはいけないのですが、
台所の暑さは外と同じくらい暑いのです。

お昼のお供えもそうめんにしてみました。
お供え.jpg

これはお盆の15日に作りました。
そうめん.jpg

豆乳と昆布出汁のお汁と、
夏野菜と油揚げがのっています。
posted by 寺庵 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2017年07月20日

暑い日には梅!

梅雨が明け、暑さの中の精進料理教室です。

今日の生徒さんのお気に入りは、
梅干しの果肉が入った胡麻酢和えです。
IMG_0056-1.jpg
すり鉢でていねいに胡麻をすり、
梅を入れ、酢の入った調味料で
きゅうりと切り干し大根を和えます。
「茗荷が入ると夏の料理ですね。」
「この一皿で暑さも乗り切れます。」と感想をいただきました。

扇風機で風を送りながらの料理教室ですが、
いただく時は静かな本堂です。
背筋も伸びて
「いただきます。」
IMG_0051-1.jpg
そして、
「ご馳走様です。」
posted by 寺庵 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年07月19日

和食のイロハ

今日は五目稲荷ずし、夏野菜の寒天よせ、春巻きを作りました。和食のイロハ.jpg

五目稲荷はかんぴょう、きぬさや、れんこん、干し椎茸をそれぞれ煮ました。
「こんなに手がかかるのですね。」と生徒さん。
五目稲荷.jpg

この作り方を覚えれば応用がききますよ、と答えました。

美味しく作るには手間を省きません。
春巻き.jpg
そして心がこもれば尚おいしい!とも伝えました。
久しぶりにお稲荷さん、具だくさんになりました。
余ればまた五目御飯で食べることができます。
ご馳走さまです。

2017年07月18日

書道

寺小屋の書道では、毎月1回提出をしています。
DSC_5548.JPG
約2時間、集中します。
先生へ提出し、
なおしていただきようやく終了。
DSC_5546.JPG
ホッとしたら、
蝉の鳴き声が聞こえて来ました。

1500374417213.jpg
posted by 寺庵 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋

2017年07月17日

夏野菜がいっぱい。

京都の知り合いからお野菜が送られてきました。

「毎日お野菜がとれるので
良かったら食べてください。」とのこと。
京野菜.jpg
箱を開けるとトマトの香りが
部屋いっぱいに広がります。

アマナガ唐辛子も立派です。
甘長唐辛子.jpg
お檀家さんからも野菜をいただきました。
白いゴーヤが入っていて珍しいです。
生のきくらげ、トウモロコシ、
なす、きゅうりも入っています。
nasu.jpg

みそ汁はもちろんですが、
揚げたり、そうめんの時に刻んでサラダにします。

ありがたく、いただいています。
ご馳走様です。




posted by 寺庵 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年07月16日

酢の物

この暑さを克服するには、
睡眠、栄養、休憩です。
栄養面では、手軽にできる酢の物がお勧めです。

今回はきゅうり、生キクラゲ、ジュンサイ、ミョウガと冷蔵庫にあるもの大集合です。
DSC_5540.JPG
あとは冷奴とトマトを切っておしまいです。
たまにはこんな簡単な料理では。

posted by 寺庵 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2017年07月15日

おいしさの扉 サイエンスチャンネルの紹介です。

科学技術振興機構のサイエンスチャンネルの中で寺庵の精進料理が紹介されました。

『おいしさの扉、(3)食事&風土〜日本の食文化と伝統
中編 精進料理 調理の工夫を科学する』。
http://sciencechannel.jst.go.jp/B150413/detail/B150413003_2.htmlお供え.bmp

posted by 寺庵 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年07月14日

檜山納豆

秋田名物、檜山納豆をいただきました。
DSC_5533.JPG
ワラに包まれています。
大粒で大豆の味が美味しい納豆です。
塩だけでも美味しくいただけますが、
ミョウガをのせても夏の納豆です。

DSC_5538.JPG
ごちそうさまです。
posted by 寺庵 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年07月13日

お盆の精進料理

東京は今日からお盆さんです。
入りの日なので精進料理を作ります。
精進料理.jpg
きゅうりとなすは必ず入れます。

精進お寿司.jpg
精進ちらし寿司

揚げなす.jpg
揚げなすの田楽

イトウリとジュンサイの酢の物.jpg
ジュンサイとイトウリ、きゅうりの酢の物
のっぺ五汁.jpg
のっぺい汁には冬瓜が入ります。

お供えをして、お経をあげてから、
お下がりをいただきます。
お供え.bmp

posted by 寺庵 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2017年07月12日

夏野菜を食べる!

夏野菜の代表選手、
トマト、ナス、オクラ、トウモロコシ、カボチャを寒天でよせました。夏野菜の寒天よせ1.jpg
流し函に入れて上から寒天液を流します。
寒天よせ.jpg

夏野菜の寒天よせ2.jpg

生徒さんからは、
「いろいろな色の野菜が入っていて、元気が出ますね。」
と感想をいただきました。
毎年夏になると作る一品です。
夏野菜の寒天よせ3.jpg
ご馳走様です。




posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ