2017年11月19日

胡麻をする

炒り胡麻をする時、どの状態までするのか、
生徒さんには少々わかりずらいようです。

レシピは「油が出るまで」と書いていますが、
油が出る状態なのでけっこう時間がかかります。

すり鉢は、ゴリゴリと音を立てます。
胡麻がつぶれて、良い香りも感じます。

生徒さんは、
「昔、子どものころ、母の手伝いで
 すり鉢を押さえていました。」と思い出しています。

調味をし、具材を入れて出来上がります。
穂連想とりんごののごまあえ20008.jpg

「りんごがおかずになるのですね。」
そうなんです、ほうれん草とりんごと油揚げが入っている
胡麻和えです。

小さいころを思い出しながら作るので、
ちょっとホッコリとしていた生徒さんです。

きょうの精進料理.jpg
ご馳走さまです。





 

posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室