2017年12月31日

今年一年、ありがとうございます。

今日は大晦日です。
寺の掃除も終わり、新年の支度をしています。

そしておせち料理を作ります。
昨日は黒豆の鍋をストーブの上に置いて、
コトコトと煮ていました。
今日は富貴寄せです。

今年も一年、お寺でいろいろな料理を作りました。
お供え2.jpg
今年の正月

精進料理.jpg
春のお彼岸

お供え.jpg
お盆

入りの日の精進料理.JPG
秋お彼岸

報恩講のお弁当.jpg
10月の報恩講

お非時.jpg
本山専修寺
たくさんのお供えの精進料理を
作ることが出来きました。
感謝をいたします。
そして来年もどうぞよろしくお願いいたします。

posted by 寺庵 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年12月30日

伊勢いも

十二月の初めに、三重県の津で精進料理教室を開催しました。
その時、宿で伊勢いもを見かけました。
今では栽培する人が少なく、関東では出回っていない貴重なものです。。

伊勢いもはげんこつの形をしたものです。
伊勢芋.jpg

大和芋と同じ仲間なので、
栄養価も高く、粘りけも強いのも特徴です。

簡単な調理法は、すり下ろすだけ、トロロと同じように、
アツアツのご飯の上にのせ、
おしょうゆをポッチリたらしていただきます。

また、汁の中に入れて、おいしい椀だねになります。
忙しい時の一品です。
posted by 寺庵 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年12月29日

大根の漬物

東京のお正月の漬物は、「べったら漬け」が有名です。
べったら漬け.jpg

一方たくわん漬けは、家庭でも漬けられる、
干し大根を糠につけていきます。
糠漬け.jpg

どちらも干し大根から、麹か糠を使い、漬けます。
べったら漬けは、麹の甘さが出ています。
一方、糠漬けは、糠の匂いがあるので、
どちらも好みが家族の中でも分かれます。

しかし、べったら漬けは漬物の中でも高価なので、
祭礼やお正月の時に購入します。



posted by 寺庵 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年12月28日

落語から、社会勉強。

今日は夕方の6時半から、
落語を聞きに行きます️
鈴々舎馬桜師匠の独演会の落語です。
LINE_P20171228_134155354.jpg
「吉原はこんなところでございました。」と題がついています。
どんなお噺か、楽しみです。
posted by 寺庵 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年12月27日

クワイの素揚げ

小粒のクワイを揚げました。皮をむくのがたいへんでしたが、
小さくて、かわいらしいちょん髷です。
DSC_9474.JPG

揚げて、少し塩をふっていただきました。
おいしいですよ。
DSC_9477.JPG
posted by 寺庵 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年12月26日

たくわん漬け、その後。

たくわんをつけてから18日目。
様子を見がてら、1本出してみました。
たくわん2.jpg
下の方は水が出ています。
上はもう少し時間がかかりそうなので、
大根の上下を変えて再度、重石をしました。

パリパリとした食感があり、
おいしい!
2「たくわん.png
しかし、もう少し水が上がるといいのですが。
漬けものは、塩と重石の微妙な関係があり、
なかなか難しいと思いました。

posted by 寺庵 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年12月25日

青い卵

青い色の卵を発見!
白い卵、茶色と一緒t売られています。
房総半島の個人お店です
一袋160円も安いのですが、
青い色にひかれて購入です。
南米のチ
sサイズより小さめ。
中身は同じ黄身の色だと聞きました。
DSC_9452.JPG

茶色は名古屋コーチンです。
posted by 寺庵 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年12月24日

料理道具供養

赤坂寺庵では、一年に一度、
料理道具の供養をします。

今日は、その供養の日、
一年間使った鍋やまな板、菜箸を
阿弥陀様の前にお供えをし、お経をあげました。
20171224_0002.JPG

鍋はもう何年使ったのか、忘れたほどです。
柄がゆるんでしまいました。
他にはまな板、菜箸、鍋つかみです。
鍋.jpg
これまで使わせていただいた感謝を込めて、
ありがとうございます。
posted by 寺庵 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年12月23日

胡麻豆腐

今年最後の精進料理教室です。
人数が多く、2グルー別れてお料理しました。
2.jpg

今回も胡麻豆腐は欠かせません。
胡麻豆腐.jpg

数百年もの長い時を経て、
同じ作り方をしています。

胡麻の香りも良く、
おいしい胡麻豆腐の出来上がりに、
じっと胡麻をすった大変さを
忘れてしまったようです。

精進料理.jpg

ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年12月22日

精進料理の富貴よせ

今日は精進料理のおせち、
「富貴寄せ」を作りました。
お重.jpg

前回のお料理にくわい、
くわい.jpg

煮たくわい.jpg

昆布巻きも入りました。
昆布.jpg

生徒さんは、
「きれいですね。」
「一つひとつ煮ているので、
 手間がかかっているけれど、
 おいしいです。」と喜んでいただけました。


posted by 寺庵 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年12月21日

チョコレート。

アメリカから来られた生徒さんの
お土産です。
DSC_9458.JPG

カカオ豆とアガベ(サボテン)のみつだけで作られています。
1つが
32キロカロリーと健康的です!

DSC_9459.JPG

posted by 寺庵 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年12月20日

胡麻豆腐

京都、東林院の精進料理教室では、
毎年12月は胡麻豆腐を作ります。

赤坂寺でもそれにならい、
12月は胡麻豆腐月間です。

今回も胡麻豆腐つくりました。
胡麻豆腐.jpg

初参加の生徒さん、常連さんと二人で胡麻すりから始まります。
炒り胡麻70gがペースト状になるまで
ひたすらすります。

水でこして、葛を入れ、
火にかけてねります。
出来上がりまでおおよそ1時間。

今回も滑らかな胡麻豆腐が出来ました。

初参加の生徒さん、
「こんなに一つのことを料理でやったことはないので、
 とてもうれしいです。そして美味しいです。」
2回目の生徒さんは、
「忘れていたところがあり、思い出してよかった!」

毎回同じ出来上がりではないのですが、
それも良いことだと思います。

じっくりと作ることに徹すると
出来上がりの達成感を参加した人と共有できます。

「おいしいですね。」といいながらいただくと
さらに美味しく感じます。

今日の精進料理.jpg
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年12月19日

朝晩は冷えますが、
日中は13度と、冬至の前とは思えない暖かさです。
空3.jpg

少し、遅くなりましたが、
チューリップの球根と、
日日草のタネを植えました。

生徒さんからいただいた肥料もジョウロであげました。

来年早々には芽が出ますように!
posted by 寺庵 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年12月18日

寒い時には、蒸し物

今朝は氷点下でした。
そんな時には蒸し物です。
DSC_9419.JPG

揚げ出し豆腐を蒸して、野菜あんをかけます。

生徒さんも、
「熱くて、おいしい!温まります。」
DSC_9415.JPG

ご感想をありがとうございます。

DSC_9418.JPG

ご馳走さまです。
posted by 寺庵 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年12月17日

たくわん漬け

大根を自分で干すのができないので、
今までたくわん漬けができませんでした。
今回、金沢の近江町市場の干し大根を購入し、
ぬかと塩を入れて漬けました。
たくわん付け1.jpg
先日、金沢に行った時に八百屋さんで見つけました。
たくわん漬けがうまくできれば、ちょっとうれしいです。
たくわん2.jpg
5sの干し大根、初めてなので少々心配ですが、
一週間後に開けてみます。
たくわん3.jpg
来年の精進料理教室に登場出来ればと、思っています。
posted by 寺庵 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年12月16日

包丁研ぎ

毎年、年末に築地除外市場に
包丁を研ぎに行きます。

先代から使っているので
長い包丁は30年以上使っています。
築地杉本包丁.jpg

時々、自分でも研ぎますが、
中々思うような仕上がりになりません。

包丁を購入したお店で、
包丁の口金の部分と、
柄の部分もきれいにし、
一年の汚れを取り除きます。
包丁.jpg

きれいにすることは、
長く使えること、
来年も無事に料理ができますようにと願いを込めて
包丁研ぎに持って行きます。
posted by 寺庵 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 築地に行こう!

2017年12月15日

かぶの料理

今日の精進料理は、
いまが旬の蕪7を使いました。
冬の蕪は特にキメも細かく、
炒めてもおいしくいただけます。

今回は炒めてから煮ます。
蕪の炒め煮.jpg

「外はかりっ、中はやわらかいかぶと、
味が染みた油揚げがおいしいですね。」と生徒さん。

少し焼き色がつくまで、じっくり弱火で炒めます。
ほんのひと手間がおいしさを作ります。

他には、ほうれん草とりんごの胡麻和え、
ほうれん草とりんごの胡麻和え.jpg

れんこんの揚げ煮、
蕪の炒め煮2.jpg


今日の精進料理.jpg
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年12月14日

和食のイロハ 鰯

今日は和食のイロハです。

魚、鰯のつみれ汁を作りました。
鰯は手開きにし、細かく刻み、すり鉢に入れ、
塩と生姜を加えさらにすり丸めます。
塩を加えることで弾力のあるつみれ団子が出来上がります。
いわしつみれ汁.jpg

生徒さんには「とても香りの良い、つみれ汁ですね。」
と喜んでいただきました。

2017年12月13日

能登115

暗号のような「能登115」は、
しいたけの名前です。
20171130_0012-1.jpg
このしいたけは、金沢の近江町市場で購入したものです。

20171130_0011-1.jpg
大きなしいたけ、『森のアワビ』と呼ばれるほど
椎茸の香りと、食感のコリコリを楽しめます。

一箱購入。冷凍もできるそうです。
お正月のお雑煮用のために。
posted by 寺庵 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年12月12日

常國寺の山号

山号額の写真は11月23日です。
紅葉もしていません。
山号額.jpg
しかし、12月4日は紅葉の山号額となりました。
二週間ですっかり色も変わりました。
山号額2.jpg
あれから十日経ち、すっかり葉も落ちています。
冬本番の東京です。師走の暦ですが、
毎日、文字通り、走り回って過ごしています。

しかし、ちょっと一息つきました。
京都の柿.jpg
おいしい京都の柿をいただきました。
甘みは少なく、しっかりとした味です。
ご馳走様です。



posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ