2018年02月19日

今日の精進料理 

今日の精進料理2.jpg
今日の精進料理です。
にんじんのきんぴら、
揚げ里芋のみそ煮.jpg
揚げ里芋のみそ煮、

炒りにんじんとグリンピースの白酢あえ.jpg
炒りにんじんとグリンピースの白酢和えを作りました。
グリンピースが春の訪れを感じさせます。
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年02月18日

春の食材

今日の精進料理は、
春の食材が二つあります。

ふきのとうを使ったふきみそです。
揚げた大根の上に塗ります。
ふきみそのせ揚げ大根の.jpg

もう一つは菜の花です。
辛し和えにしています。
菜の花のからし和え.jpg
どちらもほろ苦さがありますが、
春が近いことを教えてくれます。


外の気温はまだ低いのですが、
地面の下は、春の支度をしているようです。
今日の精進料理2.jpg

生徒さんは、
「おいしいですね。ふきみそはちょうど良い甘さのみそなので、
それほどほろ苦さは感じませんね。」
「日溜まりの暖かさは、春のようですね。」とにっこりしていました。

ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年02月17日

精進弁当

今日は寺の法事の後席でいただく、
精進弁当を作りました
精進弁当2「jpg.jpg

全部で5つです。
今日の精進弁当.jpg

「里芋がおいしかっです。」
「なつかしい味がしました。」
と感想をいただきました。
posted by 寺庵 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年02月16日

ひな祭りに。

立春を過ぎると、
お寺の客間にお雛様を並べます。
子どもたちのお雛様は、段飾りと内裏雛とにぎやかです。

加えて、檀家さんのおばあちゃんの手作りものも飾ります。
市松人形.jpg

お点前.jpg

若菜.jpg
そのおばあちゃまは、13年前の三月三日に亡くなりました「
三月四日にお雛様を片づけて、天袋の戸を閉めたとたん、
訃報の電話が鳴りました。

お人形を作っていただいたおばあちゃまが
安心したのかもしれません。

毎年このお雛様の時期に思い出します。
posted by 寺庵 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年02月15日

胡麻をする、くるみをする、ふきのとうをする。

仏教の言葉の三昧(さんまい)は、
『何ものかに、心を集中することにより、
 心が安定した状態に入ること。』

今日の精進料理教室は
「すりもの三昧」です。
三つのすり鉢を使い、
胡麻、くるみ、ふきのとうをすります。

同じ動作ですが、する食材の形状と入れる調味料が違うので
状態の変化や香りの違いがわかります。
春菊とにんじんの白あえ.jpg

うどの梅和え.jpg

揚げ大根のみそあえ.jpg
今日の生徒さんも
このすりもの三昧から
料理を作るだけでなく、
そこから得られる心の変化を
感じていただけたと思います。
20180215_0002-1.jpg
ご馳走様です。


posted by 寺庵 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年02月14日

僧侶の遊び心から作られた、たぬき汁

題名からしてなんだろう?と思いますが、
精進料理では「たぬき汁」と言う料理があります。
昔はたぬきを在家では食べられていましたが、
精進料理では、
ナマグサの物は禁忌なので、
「コンニャク」をたぬきの代わりに使いました。

江戸時代、徳川綱吉時代の料理書では、
コンニャクがすでにたぬきの肉の代わりに登場してしています。
『ゆでて、たたいて、つみ切って、鍋に入れてすればよい』
とてもかわいそうな感じですが、
コンニャクの話なので、大丈夫。

今回、このコンニャクはデパートで購入のものなので、
しっかり作られたものです。

コンニャクは箸でつついて、つつき、ちぎりました。
表面積が増え、味がしみやすくなります。
そして喉につまりません。
材料.jpg

ごぼうのささがき、しいたけ、こんにゃくを炒め、出汁に入れます。
そして、さつまいもの団子を素揚げにしたものを加えて
みそで味つけ。
いただく時は七味唐辛子を少しかけます。
たぬき汁.jpg
江戸時代の僧侶の遊び心からできた料理とも
本には書かれています。
そして、寒い日にいただく温かい汁とも書かれています。

ご馳走様です。

posted by 寺庵 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年02月13日

初めてのウド料理

「ウドは見たことはあるけれど、
初めて料理をする。」とおっしゃる生徒さん。

皮をむいてせん切りにし、
さっとゆでます。

胡麻と梅干しの味で和え衣を作ります。
ウドを和えてしばらくおいておきます。

ちょっとほろ苦い味で、
春の訪れを実感します。

うどの梅酢和え.jpg
「やはりゆでても、ほろ苦いですね。」
生徒さんはちょっと苦手そうです。

この時期、山野草をいただくと
このほろ苦さで、体の中を春に目覚めさせる準備ができます。
でも、まだ外は寒いですね。
午前精進料理.jpg
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年02月12日

加賀野菜 五郎島金時

加賀野菜を使います。
今日は五郎島金時のさつま芋。

ホクホクしてますが、
加熱をすると中がねっとりとした甘さがあります。

実は、今日はスイートポテトを作るつもりでしたが、
途中の焼き物が出来上がる時に
そのおいしさに負けて、そのままいただきました。
焼きいも.jpg
ホクホク、ねっとりとおいしかったです。
加賀伝統野菜さつま芋.jpg
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年02月11日

大根はえらい!

精進料理では大根をよく使います。
この季節はおでんや煮物料理、
毎朝のみそ汁の具や
すりおろしていただきます。

他にも、炒めて、豆腐ステーキや炒り豆腐。
揚げると、片栗粉をつけて揚げ出し豆腐、
素揚げにして、味つけみそをのせていただきます。

せん切りにしてなます料理、
干し大根
干し大根.jpg
たくわんを作り、
20180211_0006.JPG
保存食にもできます。
大根の葉っぱも、同じようにいろいろな調理方法があります。

大根はえらい!食材の一つです。

posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年02月10日

春隣りの頃

今年の東京の冬は、けっこう寒く感じます。

2月に入り、お堂の前の枝垂れ梅は、
早や一輪が咲いています。
今日の精進料理.jpg
梅の便りと共に、精進料理も
グリンピースの白あえや
炒りにんじんとグリンピースの白酢和え.jpg
よもぎご飯が登場しました。
よもぎご飯.jpg
菜の花のからし和え、
菜の花のからし和え.jpg
揚げ大根のふきのとうみそも、
揚げ大根の蕗みそのせ.jpg
ほろ苦さで春を感じさせくれます。
そのまま食べられるキンカンも、
程よい酸っぱさで
味のメリハリをつけてくれます。

生徒さんと、少し早い春の味をいただきました。
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年02月09日

春が訪れた精進料理

今日はちょっとにぎやかに、
料理教室が始まりました。
春の食材の登場に
なんとなく、ウキウキ。
今日の生徒さん.jpg
大根は隠し包丁をいれてから揚げます。
揚げ大根のふきのとうみそ.jpg

その前に蕗みそを作ります。
ゆでてから刻むとホロにがさが台所中に
広がります。

他には、うどの梅酢あえ、
うどの梅酢和え.jpg
よもぎの天ぷら
てんぷら.bmp
大根とにんじんの炒め煮
大根とにんじんの炒め煮.jpg
「独活が好きです。」
「ふきのとうもいいですね。」
「美味しいです。」
と、生徒さんはにぎやかです。

今日の精進料理.jpg
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年02月08日

春のパワー

立春を過ぎた築地には、
春の食材が並び始めます。
IMG_2878.JPG
よもぎ
よもぎ.jpg
ふきのとう
20180208_0013.JPG
築地に行くと活気があるので、
元気になります。
今回は春の食材からも
パワーをもらったようです。
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 築地に行こう!

2018年02月07日

寺庵精進料理。

今日の精進料理教室の写真です。
今日の精進料理.jpg
「こんなにおいしくできるなんて!」と生徒さん。
五目おから.jpg

りんご.jpg
りんごの甘味だけで作る料理です。

にんじん.jpg
ちょっと炒め過ぎましたが、美味しく仕上がりました。

ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年02月06日

今日も京都は寒かった。

日帰りの京都研修。
時系列で写真をのせます。
DSC_0398.JPG
朝、7時過ぎ、新幹線の中から。
DSC_0435.JPG
9時頃の妙心寺。
DSC_0464.JPG
2時半頃、東林院。
DSC_0468.JPG
午後4時半頃の彦根付近、新幹線から。

陽射しは暖かいのですが、室内はとても寒く感じました。
明日の京都は、
夕方から雪が舞う天気だそうです。
posted by 寺庵 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2018年02月04日

台北のお店

昨日の夜11時に帰国し、
帰宅後、台湾から旅の余韻に浸る間もなく
すぐに豆まきをしました。

今日は写真の整理をしながら
春節の前の買い物に来る人たちと、
売る人のエネルギーを改めて感じました。
豆豆.jpg

ドライフルーツ.jpg
お菓子.jpg
これから15日までの特設の店、
赤と金色のお年玉袋、お正月飾りまであります。
お正月飾り.jpg

スーパーマーケットでは、
厚揚げ豆腐や、
日本式厚揚げ.jpg
饅頭
冷蔵の饅頭.jpg
コンビニでは、面白いカップ麺を発見。
カップ麺.jpg
読み方に注意!
犬の形の麺ですね。



posted by 寺庵 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年02月03日

故宮博物院 二日目

ここはとても面白く、二日間通います。
DSC_0364.JPG
ミュージアムショップでお買い物も
楽しみのひとつです。

お昼は近くの、
カジュアルレストランでお昼をいただきます。

豆花はもちろん、麺もおいしかったです。
DSC_0377.JPG

DSC_0376.JPG

DSC_0369.JPG
バスと電車で移動しながら夕方の便で帰国します。


posted by 寺庵 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年02月02日

2018年02月01日

台湾スイーツを求めて。

初めて台湾に来ました。
DSC_0147.JPG
台湾の豆腐のスイーツ、
豆花。
DSC_0135.JPG
日本のおぼろ豆腐に似た豆腐に
シロップをかけていただきます。
豆腐は自家製。

今回はピーナツとタピオカ、しょうが汁少々。
ですが、他にもトッピングができるそうです。

日本場合、黒蜜を使い、黒豆のを入れるかしら?
DSC_0144.JPG
posted by 寺庵 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ