2018年03月31日

四季の精進料理 春

春たけなわの今日、
四季の精進料理教室です。

桜豆腐
IMG_3764small.jpg
竹の子の木の芽和え
small.jpg
グリンピースと竹の子の白和え、
IMG_3761small.jpg
雪下にんじんの炒め物、竹の子ご飯
IMG_3757.JPG
汁物にはふきのとうを入れました。
IMG_3754small.jpg
生徒さんは、
「豆腐をすりばちですりながら、頭はスッキリと、
 桜豆腐を食べながら体は春へと変化しました!」

「竹の子をたくさん料理しながら
 春を満喫できました。」

「とにかくおいしい!春ですね。」
と感想をいただきました。

春を身体で感じていただけて
良かったです。
ごちそうさまです。

posted by 寺庵 at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年03月30日

花わさび

春に迎える短い短い山野菜、
花わさび。
DSC_1091.JPG
かわいい白い花をつけます。
わさびはつんとした香りが
心情なので、
熱湯をかけず80度くらいの
お湯をかけて下処理します。

冷めから、しぼり、調味します。
今回はしょうゆを少しかけていただきます。
DSC_1093.JPG
香りと歯わりが、
さわやかな春を感じます。



posted by 寺庵 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年03月29日

黒皮カボチャ

いつもお店で出回っているカボチャは
西洋カボチャです。
この写真のカボチャは日本カボチャの代表、
「黒皮カボチャ」です。
kuro.jpg
皮はごつごつしていますが、
包丁を入れるとすっと切れます。
IMG_3617.JPG
ほくほくではないので
煮物の場合はさっと煮ます。
煮る.jpg

posted by 寺庵 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年03月28日

桜色と桜

心待ちにした桜の開花から一週間、
今、まさに満開の桜坂です。
つぼみははピンク色ですが、咲いたときには白っぽい色が空をおおいます。
IMG_3515samll.jpg
桜色、桜の花のような色。淡紅色。(広辞苑より)
別の本では、満開の桜の花の淡い紅色とも、書かれています。
IMG_3549small.jpg
本来の桜色は、山桜の系統の色で、
私たちが見ている染井吉野の色とは違うそうです。

伝統的な「淡い桜色の衣」を染める時には、
桜の木を使わないと、染色の本には書かれています。



posted by 寺庵 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年03月27日

竹の子

竹の子前線が北上中です。
さっそく作るのは、
竹の子ご飯。
DSC_1069.JPG
木の芽和えです。
DSC_1062.JPG
きれいな緑色と
さわやかな香りです。

春をいっぱいいただきます。

ご馳走さまです。

posted by 寺庵 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年03月26日

4月NYの料理教室

来月NYで開催の
精進料理ワークショップの宣伝です。
DSC_1050.JPG
posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年03月25日

レインボーブリッジから東京スカイツリー、東京タワー

今朝早く用事があり、レインボーブリッジを通りました。
豊洲方面から、東京スカイツリーが見えます。
DSC_1021small.jpg
そしてもう少し進むと、東京タワー。
どちらも東京を代表するタワーです。
DSC_1024small.jpg
でも、春霞で少しぼやけて見えます。

温かい一日です。
桜も満開。ゆっくりと過ごしたいと思います。
posted by 寺庵 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年03月24日

春の花

彼岸も今日で終わり、
日中はかなり暖かくなり、
多くの春の花が咲いています。

おだまき草やパンジーも
small.jpg

花壇を春色に変えています。
12月に植えたチューリップも
そろそろ花の咲く準備を始めています。
IMG_3547small.jpg

IMG_3543small.jpg

桜は今日満開の予報が出ていますが、
4時には曇りとなり、
散歩には少し肌寒く感じます。
IMG_3554small.jpg
もしかしたら、
満開の桜も少し長持ちをするのではと思います。
posted by 寺庵 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年03月23日

精進料理の巻き寿司

精進料理での巻き寿司は、
かんぴょうやきゅうりが入っています。
今回は太巻き寿司を作りました。
具材は、かんぴょう、にんじんの甘煮、
干ししいたけ、菜の花、ショウガの甘酢漬けです。

作る.jpg

巻き寿司1.jpg
生徒さんは、「具材を真ん中に入れるのが難しいですね。」
「思わず無言になりますが、けっこう面白いです。」
と頑張って3本作っています。。

できあがり.jpg
他には、ふきのともえ和え、アスパラガス、伊勢いもの汁物を作りました。
最後に、「これを持ってお花見に行きたいですね。」と生徒さん、
できあがり2.jpg
そうですね、近くの桜坂はそろそろ満開です。
posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年03月22日

竹の子のご飯と春のてんぷら


DSC_0961.JPG
今日の精進料理は、
春いっぱい 、お腹も満足の精進料理です。
竹の子をふんだんに使い、
味つけも濃くないので
たくさんいただけます。

DSC_0966.JPG
精進揚げは、
ふきのとう、独活、蕾菜とかき揚げです。
DSC_0968.JPG
ふきのとうは、ほろ苦さで
春を感じます。
DSC_0973.JPG
フキの葉を使ったみそです。

生徒さんからは、
「たくさん春をいただきました。」
「シンプルだけど、手間がかかってますね。」と感想をいただきました。


桜も満開まで秒読みです。
竹の子御飯のお弁当持って
お花見もいいですね。



posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年03月21日

桜のちらし寿司

お彼岸のお中日、外は一日中雨、時々雪交じりの雨。

せめて桜のちらし寿司で
阿弥陀様、ご先祖様にお花見をしていただこうと思いました。
IMG_3467small.jpg

今回は物相で
桜の花びら型、
IMG_3472small.jpg

ひょうたんの型にしました。
IMG_3485small.jpg

早く暖かい春になるようにと思います。
IMG_3469small.jpg

IMG_3475smll.jpg



posted by 寺庵 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年03月20日

お供えの精進料理

今日は本堂に精進料理をお供えしました。

昨日、竹の子を築地で購入したものです。
IMG_3417small.jpg
竹の子は皮付きのまま蒸し、
40分後はほかほかの竹の子ができあがりました。
保存はそのまま冷蔵庫で数日持ちます。

いつもはゆでる竹の子、
今回は築地の購入したお店で聞いた通りにしました。
ぬかも不要なので後処理が簡単です。

料理は竹の子ご飯です。
IMG_3440small.jpg

おいしくできあがり、さっそくお供えしました。



posted by 寺庵 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年03月19日

忙しい時のお助けメニュー

菜の花のからし和え
DSC_0934-57f4e.JPG
菜の花を2分くらいゆで、
2pに切ります。
ボールにしょうゆ、
和ガラシを入れよく混ぜます。

しぼった菜の花を加え、和えます。
少しほろ苦さとからしが調和した、
春の一皿です。


posted by 寺庵 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年03月18日

お墓参り 春彼岸

今日から春のお彼岸です。
少し暖かさが戻った一日、
墓参の方が大勢いらっしゃいました。
本堂.jpg
お墓はにはお花と線香が手向けられ、
お墓も春の花畑のようにきれいになりました。

お墓参りは心静かに、ご先祖様、阿弥陀様に向き合い、
手を合わせながら心でいろいろなお話をします。
a阿弥陀様.jpg
気持ちもすっきりし、
お帰りになられたことと思います。

常國寺.jpg
桜開花.jpg
近くの桜坂もちらほら開花し、
皆さんも満開が待ち遠しいようでした。

posted by 寺庵 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年03月17日

独活(うど)

独活は春の芽吹きのころ、店先に出回ります。
冬の独活と春の独活がありますが
この季節は春の「山ウド」の名前で店頭で見つけられます。
独活.jpg
料理法は、皮をむき短冊切りにし、
酢水にさらしてから酢味噌和え
胡麻和え、天ぷら、仕上げに白髪ネギのように切ってのせることもできます。

皮は炒めておいしくいただけます。

独活の大木という不名誉なことも言われますが、
すべて食べられ、根っこは煎じて薬になる。
捨てるところがない独活です。
うどの梅和え.jpg
春野菜として香りと歯ざわりを楽しみませんか?
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年03月16日

桜とようかん。

昨日まで六日間連続で通った生徒さんは
今朝早く帰国しました。

最後のレッスン終了後、
和菓子屋さんでお茶をいただきました。
煎茶と和菓子セット。
DSC_0914.JPG
この赤いようかんは、
飛行機の窓から見た夕焼けの空の色を
イメージしたものです。

彼女は飛行機から、この空の色を見たでしょうか。

サヨナラの握手をした後、
ミッドタウンの玄関に飾ってある桜を見ました。


DSC_0916-aae5a.JPG
彼女の大好きな桜です。

来週には、桜坂に咲き始めるようです。
またいつか、この季節に会えるといいなと思いました。
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年03月15日

巻き寿司を持ってお花見に!

今日は3人の生徒さんと巻き寿司を作りました。
皆さん、初めての経験です。

かんぴょう、干ししいたけとにんじんは煮ました。
他にはきゅうり、たくわん、三つ葉のゆでたもの、大葉を用意しました。
混ぜる.jpg
巻いてから切るまでの間に、
春の天ぷらを揚げました。
かき揚げは、難しいということですが、
粉と水の量、揚げる温度を
見ていただきました。

巻き寿司.jpg

寿司.jpg

巻き寿司1.jpg

出来上がり.jpg

生徒さんから「うまく巻けなかったけれど、最後の方は中身が真ん中になりました」。
「これを持って、お花見にいきたいですえね!」と感想をいただきました。
東京は、来週には桜が開花するそうです。

ご馳走様です。

posted by 寺庵 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年03月14日

揚げ物 飛龍頭と湯葉

今日は揚げ物の練習です。
揚げ湯葉と飛龍頭です。

湯葉は揚げてから、煮ます。
揚げてあるので味が良く染みます。
生徒さんも「おいしいですね。」とにっこり。
揚げ湯葉.jpg

飛龍頭は豆腐を崩し、
すり鉢ですります。
つなぎを入れ、
刻んだ野菜を入れて丸めます。
飛龍頭.jpg
油で揚げていただきます。
今日の生徒さん.jpg
飛龍頭の作り方も、精進料理の歴史と同じくらい
変わらない作りかたをしています。

今日は揚げ物の基本、
どのようにしたら油がはねないのかを体験していただきました。
精進料理.jpg

「揚げものは、怖いからできなかったけれど、
入れ方がわかったので良かった」と生徒さん。

ご馳走様です。



posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年03月13日

合羽橋にてワクワク感!

今日も料理の後にお買い物。
料理道具の合羽橋です。
初めに箸専門のはし藤本店
はし藤本店.jpg
家族にもお土産の箸と料理用の箸を購入。
箸.jpg

料理道具では、新井商店で流し函を買いながら、
お菓子の木型を見つけました。
新井商店.jpg
70年前の物で、縁起物です。
欲しい!.jpg
他にもおろし金、箸たて、キッチンタイマーなど
私たちが買うようなものを購入しています。

合羽橋にも、made in Japanの道具がたくさんあり、
探す楽しさとワクワク感を味わっていただきました。

お土産と料理道具をそろえられて、満足のようです。

初マスク.jpg
初めてするマスクに「Very good!」とおしゃっていました。
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年03月12日

築地場外市場

海外の方には、
築地場外市場にご案内をしたいと思います。

江戸時代から続く市場には、
独特の活気があります。

全国から集められた旬の食材や、
豊富な種類の乾物などを見ながら歩くと、
本当に面白くて、毎回ワクワクします。

食材だけではなく、刃物屋さん、
食器や道具も豊富です。

一番の良いことは、
目利きのプロがそろっています。

その人との会話ができるのが
ここ築地ならではのことです。
それを海外の方にも
感じていただきたいと思っています。

今回もご一緒して楽しんでいただけたようです。
塩田屋さん.jpg

竹の子.jpg

杉本刃物店.jpg

選ぶ.jpg

築地.jpg
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 築地に行こう!