2018年05月31日

桧山納豆

毎年いただく貴重な納豆です。
1桧山納豆.jpg
「秋田名物、八森ハタハタ、男鹿ブリコ 能代春慶 桧山納豆・・・」
と唄う秋田音頭にも出てくる
「桧山納豆」。
桧山納豆.jpg

作る苦労を伺うだけでも、
たいへん恐縮します。

大豆もさることながら、
無農薬のワラがなかなか手に入りにくいそうです。
桧山納豆2.jpg
とにかくおいしい!の一言。
大豆の味が濃く、
香りも豊かです。

塩をパラリとふってそのままいただきます。

口から糸をひいても、
この際おかまいなし!

ここは大胆に行きましょう!
いつまで食べられるかと思うと
そう食べます。
御馳走様です。

posted by 寺庵 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年05月30日

夏野菜

気がつけば、もうすぐ6月です。
つい先月は、竹の子を追いかけていました。
アスパラガス、空豆もそろそろラストスパート。

次はナス、きゅうり、トマトでしょうか。
ナスは種類も多く、
また期間が長いので
いろいろな料理がいただけます。

きゅうりも漬け物や炒め物までいろいろとあります。

トマトも種類が多いのでどんな料理にするか迷います。

夏野菜、好きすぎて、ついにプランターでも作り始めました。
夏野菜1.jpg
順調に育っていますので
虫除けネットの設置を家族に勧められています。
夏野菜2.jpg

夏野菜3.jpg

自然のままでいいのですが、鳥が狙っているようで困っています。
夏野菜4.jpg
posted by 寺庵 at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年05月29日

新ものを使った精進料理

すこしずつ湿度もあがり、
酢の味が恋しい季節、
今日の精進料理は
この季節にピッタリです。

夏野菜の入ったちらし寿司と
新じゃがの胡麻あんかけ、
IMG_4614small.jpg
新ごぼうの甘酢煮を作りました。
ゴボウの甘酢煮.jpg
今日の精進料理.jpg

生徒さんは、
「さっぱりとしたちらし寿司なので
たくさんいただけます。」
「胡麻あんが新じゃがにピッタリです。」
「新ごぼうの甘酢煮、前から作りたかったのでうれしいです。」との感想です。

じっくりと作っていただけましたね。
ご馳走様です。

posted by 寺庵 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年05月28日

4人で一緒に。

今日はお友達4人で開催のプライベートレッスンです。

最初は少々緊張気味でしたが、
胡麻をすり鉢ですったり、
豆腐をふきんでしぼるのが慣れてくると
会話も弾みました。

普段の料理と違うのは、
手間をかけて作ること。
いただくのはお寺の本堂です。
IMG_4584small.jpg
ワイワイと楽しく学んでいただけたようです。

ご馳走様です。


posted by 寺庵 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年05月27日

永代経法会の精進料理

今日は常國寺永代経法会の日です。
寺庵では、法要の後の精進弁当を
朝から作りました。
IMG_4572small.jpg
今回のお米、新潟コシヒカリを八合は
カナダのバングバー在住の日本人の方から送られたものです。

お檀家の皆さんに喜んでいただけました。
今日の精進弁用.jpg
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年05月26日

夏の食材

もう少しで6月ですが、
早くも、ナスや京都の甘長唐辛子が出回っています。

ナスは炒めてから、合わせ味噌で調味します。
なすの味噌炒め.jpg
甘長唐辛子は飛竜頭と一緒に揚げました。
割り醤油をかけていただきます。
夏野菜の飛龍頭と満願寺.jpg
今日の精進料理は、少し先の季節を先取りのようです。
生徒さんは、「今日は一人だったので緊張しましたが、じっくり学べてよかったです。」
「どれもおいしく、全部いただきました。」と感想をいただきました。
IMG_4551今日の精進料理.jpg
。ご馳走様です
posted by 寺庵 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年05月25日

名残りの竹の子

今日は竹の子を使いました。
竹の子の季節は
すでに終わりに近づいています。
竹の子は,孟宗竹,真竹,破竹などが種類があり、
今回は石川の孟宗竹と千葉の破竹を使いました。
C2CAD3B8-A986-492E-84C4-60781AAB3F2C.jpeg
竹の子の炒めもの。
(孟宗竹)名残りの食材。

C02F4339-35F5-4604-B4B3-4ADAF83231B0.jpeg
竹の子のご飯(破竹)旬の食材

名残りや旬の竹の子を使うことで、
本来の味よりさら味わいが増します。
239C91ED-B45B-44FE-89A7-12202B05723B.jpeg

posted by 寺庵 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年05月24日

新じゃがを揚げる

新じゃがを揚げるとき、ポイントがあります。
油の加熱前にじゃがいもを入れます。

じゃがいもは、加熱すると甘みが増します。
少しずつ油の温度が上げるので
じゃがいものおいしさも
徐々に増していきます。

最後に竹串をさして出来あがりを確かめます。
揚げじゃがいもの胡麻あんかけ.jpg
胡麻あんを作り終了です。
(あんは好みで、自分でかけます。)
IMG_4531small.jpg

おいしそう!
そしてご馳走様

posted by 寺庵 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年05月23日

糠漬け

糠床3日目。
少々ショッパイきゅうりと蕪ができました。
薄く切り、水にさっと通して
器に盛り付けします。
12A7EE9A-4108-43F9-B265-807DFBD5D9F0.jpeg
パリッと美味しい糠漬けが出来ました。
posted by 寺庵 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年05月22日

精進料理の味わい

今日の献立は、
夏の飛龍頭、
飛龍頭smalle.jpg
じゃがいものあんかけ、
新じゃがの胡麻あんかけ.jpg
空豆の甘煮、
空豆.jpg
きゅうりの胡麻酢和え
きゅうりの胡麻酢あえ.jpg
ほうれん草と芽みょうがの和えもの

生徒さんからは、
「味わいがそれそれ違い、そして美味しいです。」
「白ごま、黒ごま両方あり、よくする、ちょっとするだけなど
 調理の仕方も違うのが面白いと思います。」
今日の精進料理.jpg
ゆっくりといただくと
気持ちもおちつき、いろいろな味わいがあることに気がつきます。
ご馳走様でした。
 
posted by 寺庵 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年05月21日

ぬか漬け

そろそろ蒸し暑い時期が近づいて参りました。
毎日の食事で、
酸っぱい漬け物が欲しくなる時期です。

今日は今年初めてのぬか漬けを用意をしました。
年始には大根のぬか漬けをしましたが、
今回は夏野菜を使い毎日漬けようと思います。

炒り糠を800g、塩80g、水600ml用意し、
IMG_0133.jpg
まず塩水を作り、一度わかします。
冷めてから、
容器に入れた糠に
IMG_0135.jpg
混ぜながら入れます。
IMG_0140.jpg
味噌ぐらいの柔らかさにします。
塩を振った野菜をぬか床に入れ、半日置いておきます。
今回はきゅうりとかぶを漬けました。
IMG_0143.jpg
最初は捨て漬けでも良いくらいに考えます。

野菜と糠がちょうど良いくらいまでなじむまで
1ヶ月は必要ですが、
気長に毎日かき混ぜながら糠床に手を入れます。
時々、糠床を食べてみて味を確かめます。

ぬか漬けは、ビタミンと乳酸菌と良いお付き合いができます。
おいしさと健康のためにお勧めです。

posted by 寺庵 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年05月20日

新じゃが

今日は新じゃがを素揚げにしました。

よく洗い、半分に切り、水気を取り
揚げ油に入れ、加熱します。
初めは弱火ですが、少しずつ温度を高くしながら
ゆっくりと揚げます。
IMG_0125small.jpg
竹串を刺してすっと通ればできあがりです。
ホクホク、アツアツの素揚げのじゃがいも、
パラリと塩を振りいただきます。
IMG_0129small.jpg
シンプルだけどおいしいです。
posted by 寺庵 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年05月19日

2018年05月18日

地のめぐみ

常國寺の境内には井戸があります。
つい、40年くらい前まで手押しポンプで、
ガチャコン、ガチャコンと水を汲んでいました。

ポンプが壊れ、修繕ができず、
今は電気のモーターで
水を汲んでいます。

井戸は江戸時代からありますが、
飲料には適さず、
もっぱら庭の草木用の水まきで使います。

ほぼ300年続く井戸に感謝をこめ、
今回は手水鉢を用意しました。
IMG_4491small.jpg
シデの花に合う石は、
石長工業さんに依頼、
文は大橋禄郎先生の字です。
IMG_4493small.jpg
手水鉢の上には藤棚があり、小さな緑の憩える空間となりました。
お茶をいただけるようにと考えています。

posted by 寺庵 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年05月17日

根パセリのスープ

先日、築地市場で購入した根パセリです。
97766BFE-E3C8-4C15-B623-6423E6974F48.jpeg
皮を剥き、スライスします、
玉ねぎと一緒に炒め、
コンソメスー プで煮ます。
塩少々で味を調えます。

最後にミルクを1/2カップ入れ、
沸騰しないように加熱します。
上からパセリのみじん切りをのせてl、
できあがりです。

D1BE7BBA-97E6-4C04-AF5E-2A0542B1A8EC.jpeg
posted by 寺庵 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年05月16日

カリフラワー

カリフラワーを精進でいただくには、
小房に分けて
アスパラと煮ます。

味つけは、濃いめ汁の味です。
最後に葛でとじます
野菜の味がしっかり感じられます


C99225CA-52D8-42CB-97D8-3EA83DBA463B.jpeg
posted by 寺庵 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年05月15日

こごみの炒め物 ミョウガ添え

先日購入のこごみを使い、
胡麻油で炒めます。
最初に下ゆでをしておきます。
味付けは割じょうゆ。
9CB19C3C-9ED8-4562-98CA-97AF7A52FC23.jpegl

posted by 寺庵 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年05月14日

さわやかな精進料理

昨日とはうって変わり、
さわやかな昼間です。

今日の精進料理もきれいな色です。
DSC_1802.JPG
空豆の甘煮。
きれいな緑色に仕上げます。
DSC_1798.JPG
posted by 寺庵 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年05月13日

母の日 プレゼント

今日はうれしいことがありました。
生徒さんから母の日のプレゼントと、
DSC_1791small.jpg
新潟のお米です。
さっそく本堂に持って行き、お供えをしました。
ありがとうございます。

posted by 寺庵 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年05月12日

夏野菜の飛龍頭

今日の献立は、
夏野菜の飛龍頭.jpg夏野菜の飛龍頭、

レンコンのきんぴら.jpgレンコンのきんぴら、

グリンピースと竹の子の白和え.pngグリンピースと竹の子の白和え

じゃがいもの胡麻あん.jpg新じゃがの胡麻あんかけ、

コシアブラのお浸し、
蕪の浅漬け、
ご飯、生青のりの汁
今日精進料理.jpg
生徒さんから、
「今回の夏野菜の飛龍頭はミョウガが入り、
 この季節にぴったりだと思います。」
「前回は冬に五目飛龍頭を作り、今回は夏野菜の飛龍頭です。
 季節ごとに作れるので、びっくりしました。」と感想をいただきました。

飛龍頭も旬の野菜を使うと、季節感を楽しむことができます。
御馳走さまです。


posted by 寺庵 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室