2018年06月30日

水無月の最後の精進料理

梅雨が明けた東京は猛暑の一日、
料理教室も暑さ対策が必要です。

少しでも短い時間で作れるように
献立も工夫をします。
オカヒジキの酢味噌和え.jpg
熱源の使用を短くし、
豆腐をしぼる、胡麻をすることなどを中心にします。
豆腐の焼きもの.jpg
精進料理の「食材にじっくり向き合う」ことは
しっかりと実感できます。
かぼちゃの胡麻あんかけ.jpg
生徒さんから、
「野菜の味を感じます。」

きゅうりのごま酢和え.jpg
「豆腐を絞るのは初めてです。」
「夏かぼちゃの胡麻あんがおいしいです。」
などいろいろと感想をいただきました。

この季節ならではの食材を使い、
暑い中でも協力しながら作り、
一緒にお膳に向かい、
美味しくいただけたと
感じたことは、
とてもうれしいことです。
今日の精進料理.jpg
ご馳走様。



posted by 寺庵 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年06月29日

Save Wter

The rainy season finished early this year. It’s hat ( over 30℃) and humid every day. We all warry about the water supply because there wasn’t very much rain in Tokyo this year.
We have to save water.
IMG_4487.jpg
For my garden I use well water. I think I will start to water to water may garden in the evening to save water.
IMG_4497.jpg
posted by 寺庵 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Japanese Events and Food

2018年06月28日

梅干し

いよいよ梅干しも最終段階に入りました。
去年は梅酢は上がってから
白いぷつぷつをみかけました。

ことしは赤紫蘇を入れるときに
もう少し、気をつけます。
うめ★.jpg
ちょっとワクワクしています。
posted by 寺庵 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年06月27日

夏のお膳

なすの王様と言えば、賀茂ナス
他の丸なすと大きさが違います。
揚げて、夏野菜の入ったあんをかけます。
IMG_4957smallmasu.jpg
(ちょっとトウモロコシが多いです。でも美味しい)
IMG_4961small.jpg
「かぼちゃには、黒ごまのあんが合いますね。」と生徒さん。
他の料理は、切り干し大根ときゅうりのごま酢和え、
きゅうりのごま酢和えsmall.jpg
こんにゃくのうめ味噌、
IMG_4960small.jpg
とうもろこしと枝豆のご飯
IMG_4958smallgohann.jpg
今日も料理の終了後、本堂でいただきます。
IMG_4956small.jpg
生徒さんから、
「夏のお膳ですね。」
「なすの味も深く、夏野菜の入ったあんも美味しいです。」
と感想をいただきました。
ご馳走様。

posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年06月26日

4人で精進料理

今日は、にぎやかな精進料理教室です。

713E4129-D327-464F-9865-B43BB522CDF5.jpeg947CD4F2-62E4-4BBD-AFCF-4255C348BC4F.jpegA02BAA45-9F62-404A-B8BD-FE2692E20824.jpeg6AECB1E8-A04C-4306-9712-1DB0E4F66EC9.jpeg
一番人気があるのは、
トマトと厚揚げの料理です。

素材の味もわかり
夏らしい料理です。

posted by 寺庵 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年06月25日

作る楽しみ。

今日は和食のイロハです。
どちらかと言えば家庭料理です。
麻婆なす.jpg
麻婆なす、
きゅうりのごま酢和え.jpg
きゅうりのごま酢和え、
かぼちゃ団子 胡麻あん.jpg
江戸崎かぼちゃの胡麻あんかけ、
トウモロコシ枝豆ご飯2.jpg
とうもろこし、枝豆ご飯をつくりました。
今日の和食のイロハ.jpg
生徒さんは
「家で作るレパートリーが増えました。」
「家族の笑顔がうれしいです。」
と作る楽しみを語っていただきました。
五目豆.jpg
ごちそうさまです。

2018年06月24日

紫蘇

梅干しを作る最終段階に入りました。
赤紫蘇を入れます。
IMG_4893small.jpg
初めに塩をふり、
アクを出します。
IMG_4920small.jpg

2回くり返してから、梅酢を入れて
IMG_4921.JPG

重石をします。
IMG_4923-1.jpg
後は梅干し赤しその色が色移るまで、
待ちます。

この作業が一番気をつかいます。
posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年06月23日

夏野菜がいっぱいの精進料理

夏野菜をふんだんに使った精進料理です。
D9F78204-21EC-4D91-AA2E-7B57C57005B8.jpeg
夏かぼちゃ団子の胡麻あんけ、
F8A1C7EC-4BFE-46DA-BDE5-0E2FDF64CDB4.jpeg
きゅうりとなすのみそ炒め、
5ED21455-0B12-49CB-966D-09791E252541.jpeg
厚揚げととまとの葛とじ、
135536DB-DD67-40F1-B8BE-51302267C735.jpeg
豆腐の焼きつけ、
2D8B19F4-14D7-48E7-9EED-34EFB071ACFD.jpeg
白アスパラのすり流し.。

今回は、すりばちとフライパンが大活躍。
彩りよくできあがります。

posted by 寺庵 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年06月22日

江戸崎かぼちゃを使って。

昨日購入の江戸崎かぼちゃを使います。
2江戸崎かぼちゃ.jpg
蒸して、つぶして、団子にします。

かぼちゃ団子.jpg
焼いてから胡麻あんをかけます。

胡麻あんは、炒りごま胡麻を油が出るまですり、
調味料を入れます。
再びすると、ねっとりした胡麻あんができます。
江戸崎かぼちゃ団子.jpg
「江戸崎かぼちゃは初めてですが、
味が濃いですね。」

「普通のかぼちゃより、重たいです。」

「胡麻あんが美味しいですね!」など感想をいただきました。
ご馳走さまです。
posted by 寺庵 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年06月21日

江戸崎かぼちゃ

今日は夏至です。
冬至にはかぼちゃを食べると
風邪をひかないと言われています。

夏至にもかぼちゃは、おすすめです。
特に江戸崎かぼちゃは、
夏かぼちゃの代表で
この時期にしか食べられません。
C3C35332-F609-4378-BE62-BD8DEB4E4DED.jpeg
栄養面でもカロテンが豊富です。
ビタミン類や、鉄も含まれ、
野菜の中でも栄養価は高く、
調理方法も多く、色々な味も楽しめます。


posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年06月20日

つるむらさきの梅みそあえ

先日、作った梅みそを使った一品です。
5D91D820-A960-45CA-8831-86A2780BCBE4.jpeg
つるむらさきはゆでて、2cmに切ります。
梅みそに中の梅1個を刻み入れます。
酢を少々加え和え衣を作ります。
水けをしぼったつるむらさきに、
梅みその和え衣加え、あえます。

つるむらさきは、香りの強い野菜ですが、
梅みそを使うことで、香りも抑えられて
食べやすくなります。

posted by 寺庵 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年06月19日

ナスの模様。

今日はなすのお話です。
大きいなすは二種類。
賀茂ナスと丸ナス。
素揚げをするときに
半分に切ります。

切り方は、賀茂ナスは横半分。
IMG_483small4.jpg
一方丸ナスは、縦半分。
2丸なす.jpg

賀茂ナスは、油で揚げると
切り口にきれいな模様が出ます。

また、100度以上で加熱の場合、
アクが甘みに変わるので
一般的に「なすは油との相性が良い」
と言われる理由はそこにあります。
IMG_4847small.jpg
posted by 寺庵 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年06月18日

何かあるときには。

大阪北部地震で、被災された皆様に
お見舞い申し上げます。

どこで何かあるか、本当にわからない日本です。

自分が自然の中で生かされていることを感じます。

より謙虚に、より丁寧に日々を過ごしたいと願います。
IMG_4439.jpg
沙羅双樹の花

posted by 寺庵 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年06月17日

梅仕事は忙しい!

昨日冷凍した青梅500g、
梅と塩で梅干しを作ります。

ちょうど良い大きさの保存容器がなく、
ジップロック容器に入れました。
IMG_0582small.jpg
入れる前、ていねいにに35%のホワイトリカーに梅を転がし、
塩と混ぜてからジップロック入れ重石1sをおきます。

他にも1500g梅と600gの梅も漬けています。
毎日顔を見なければならず、
この三日間は梅の仕事に追われていて、
忙しい毎日です。
small.jpg

posted by 寺庵 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年06月16日

土曜日の築地は。

築地の魅力は、食に関係するいろいろなお店に
食材や道具など、種類も量も多く売っているので、
探しながら歩く楽しさがあるのです。
IMG_0566small.jpg
とは言いながら、築地に出かけるようになり30年経ちますので、
市場の変化を目の当たりにしています。
通っていたお店が閉店し、
寂しく思ったこともあります。

今は場内のお店も、一部場外へお店を出しています。
PRも上手に行い、買い物客も増えました。
今日も観光客でごった返しています。

一番多く行くお店は、八百屋さんです。
今では三軒のお店を回りながら、吟味し
教室の野菜や調味料を購入しています。
IMG_0564small.jpg
posted by 寺庵 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 築地に行こう!

2018年06月15日

沙羅の花を愛でる会

今日から、妙心寺の塔中の一つ東林院で、
沙羅の花を愛でる会が始まります。

ちょうど沙羅の花も見頃です。

0AF0C60A-F16E-4855-AA4A-8190F77A300C.jpeg
時おり、大粒の雨が‘ふります。
それも風情があります。
l
C1AA68E3-B9D0-42B4-B5DD-98589C1BF433.jpeg
posted by 寺庵 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2018年06月14日

なす料理、二種類

なすは種類が多く
炒め、焼く、煮る、揚げ、蒸す、そして塩もみでいただくなど
料理方法もたくさんあります。
今日の献立に、
なすを二種類使います。
small.jpg
千両なすを使った、
なすの甘みそ炒め。
手がるにできる家庭料理です。
なすの甘味噌炒め.jpg
もう一つは賀茂なすの夏野菜あんかけです。
IMG_4811small.jpg
賀茂なすは、なすの味が濃いので、
あんかけの味が薄くならないよう味つけをします。

そして、夏野菜のとうもろこしや枝豆が入るので
野菜の甘みも加わります。
賀茂なす料理は、
夏を代表する精進料理の一つだと思います。

ごちそうさまです。
posted by 寺庵 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年06月13日

和食のイロハ ハンバーグ

今日は和食のイロハの日です。
IMG_4796small.jpg

献立のハンバーグは和食と言うより、
家庭料理のハンバーグを作りました。
IMG_4797small.jpg
豚肉を挽肉のように包丁で細かくし、粘りがでるようにします。
焼き方も中まで火を通すために、
ふたをして焼きます。
ソースはトマトケチャップとウースターソースです。

他にはナスの甘みそ炒め、
IMG_4799small.jpg
アスパラと絹さやのごま和えです。
IMG_4800small.jpg

生徒さんの感想は、
「おいしいですね。」
「自分で作るとうまくいかなかった理由が
わかりました。」

ごちそうさまです。

2018年06月12日

江戸東京野菜 亀戸大根

細く、短い大根ですが
漬物に最適です。
大根本来の苦みがあります。
IMG_4775small.jpg
今回はぬか漬けにしました。
IMG_4777small.jpg


posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年06月11日

プランターの野菜

屋上にあるプランターの野菜たちです。
植えてあるのは、
枝豆
枝豆.jpg
甘長唐辛子
甘長唐辛子.jpg
なす
ミニとまと
tomato.jpg
サニーレタス
少しずつ成長しているのがわかるのでうれしいです。

posted by 寺庵 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ