2018年07月31日

食の歳時記 葉月

葉月の歳時記のテーマーは、「夏バテをしない精進料理」です。
夏野菜とちょっとピリ辛のカレー味、、そして納豆や長いものネバネバのもの
野菜をたくさん使い、ちょっと涼しさを感じる精進料理です。

HP冬瓜のかれーあんかけ-1.jpg
冬瓜のカレーあんかけ

夏野菜寒天寄せ-1.jpg
夏野菜の寒天寄せ

IMG_0930.jpg
檜山納豆と長いものあえもの
posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記

2018年07月30日

もう一度作る。

精進料理にご興味をいただき、
遠方より通う生徒さんからご感想をいただきました。

豆腐は今までいろいろと作りましたが、
今日豆腐はシンプルだけどとても美味しいです。

IMG_5321small.jpg

IMG_5329small.jpg
これならすぐ作れそうです。

きゅうりを炒めるも初めてです。
IMG_5328small.jpg
常備菜になる一品とレシピに書いてありますが、
とても美味しいので、すぐなくなりそうです。

IMG_5324small.jpg
今日の一汁三菜。
IMG_5322small.jpg
ご馳走様。


posted by 寺庵 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年07月29日

和食のマナー教室

今日はホテルオークラの「和食のマナー教室」に
参加をしました。
90858E73-B017-44AD-8ADD-D884311DD3E2.jpeg

実際に会席料理をいただきながら、
座り方から箸の使い方、
器の扱い方などを学びました。
78522D2C-B394-4048-BE0C-CC428D425509.jpeg
「和食は、お箸を使う文化です。
正しく使い、マナーを知ることで、所作も美しく、
相手に不快な思いをさせずに
食事をとることができます。」
と講師の方のお話しです。
67B7834D-A902-48D5-A7D3-5FEE85574ABF.jpeg
毎日使うものだからこそ、
普段から気をつけていきたいと思います 。




posted by 寺庵 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年07月28日

保田小学校 道の駅

南房総の道の駅「保田小学校」は、
廃校になった小学校を利用して作られています。
IMG_0939.jpg
昔は体育館だった建物は
農産物直売所になっています。
果物、野菜もたくさん並べられています。
IMG_5117small.jpg
花もこの地域の特産品です。
IMG_0942.jpg
教室は食堂や喫茶室になり、
生徒の代わりに旅行者が部屋を使っています。

かつてのグラウンドは、
大型観光バスや車の駐車場になっています。

保田小学校は
今やこの地域の顔となり、
ユニークな直売所として変身しています。

毎回訪れるたびに、
新しいことが見つけられるので、
つい高速道路を途中下車してしまいます。

posted by 寺庵 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年07月27日

築地場外市場

今日は包丁メンテナンスに行きました。
1時間かかります。
2E03E36D-A84B-4C97-86E8-D658E964C80A.jpeg

その間料理道具の常陸屋で
ご飯のおひつと飯台を購入しました。
大きいので配送です。

あとは 小宮山商店で団扇と木のスプーンも購入です。
食料品だけではなく、
いろいろなお店もたくさんあるので、
1時間ではたりないくらです。
ADF530B0-D5C1-4A2C-AFF6-D8A8375A60CB.jpeg
8月中に築地市場の場内も
見学の予定です。
閉まる前に是非訪ねてみます。
EF53E21A-8753-4FF6-9DB2-709E1F64C30D.jpeg
食文化の歴史の一コマですね。

posted by 寺庵 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年07月26日

暑さに負けない ネバー ギブアップ 料理。

ツルムラサキ、長芋、納豆。
27BD8E28-FE64-4F03-AF46-88E11FDBC91E.jpeg

0A3B94CD-B564-47A6-9E26-16DCC66F8828.jpeg
posted by 寺庵 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年07月25日

煮浸し

『煮浸し』とは、葉物の「お浸し」と「煮物」の中間の料理です。
下ゆでした野菜を
食べやすい長さに切り、
昆布出汁と薄口しょうゆとみりん少々で味付けをした煮汁で
1、2分煮ます。
サッと煮る感じです。
写真は、焼いた甘長唐辛子と春菊の煮浸し。
焼き甘長唐辛子と春菊.jpg

次は青梗菜の煮浸しです。
青梗菜.jpg
野菜が高値なのですが、
青梗菜は比較的安く手に入り、
お財布に優しい一品です。



posted by 寺庵 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年07月24日

ゴーヤ

ゴーヤ1本を使い
暑い日にピッタリの一皿を作ります。

今のゴーヤはあまり苦味も少ないので、
水にさらさず使います。

キクラゲも一緒に炒め、
シャキッとした仕上がりにします。
6349E6C5-3904-4790-9F69-AA544772785F.jpeg
味つけみそが合います。


posted by 寺庵 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年07月23日

真夏の精進料理

今日は本当に暑い一日です。
扇風機二台をフル稼働させて
暑さ対策をしています。
IMG_5293small.jpg
蒸し物と揚げ物も作りますが、作り終えた時には、
「この一食をいただくと元気になりそう。」とのお声をいただきす。
とまとの寒天寄せ.jpg

冬瓜のカレーあん.jpg

揚げナスのカレーあんかけ.jpg

豆乳の蒸し物.jpg
今日も元気に「いただきます。」「ご馳走様」と唱和します。
夏野菜のフルメンバーを手間をかけ料理をして、
ゆっくりといただきながら、
料理の話や味付けの話に花が咲きました。





posted by 寺庵 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年07月22日

水菓子

果物.jpg
奈良・平安時代には「菓子」と言えば「果実」と言われ、
天平時代に、近畿地方の街路樹は漆と共に果樹植えるように
太政官符の発布がなされました。

理由は庶民の通行時の暑気を避け、
飢える者には、自由に取って食すことを許すためという
社会政策だったようです。

今から1200年前にそんな政策があったとは
驚きです!

明治時代に果物が天然菓子と呼ばれ、
「水菓子」の記載で果物が食後のデザートにあるのは、
江戸時代末期に和洋糖菓子が多く出現したのを受け、
過去の伝統の中に根拠を求めて使われるようになったようです。

この天然菓子は、水分、糖分、ビタミン、ミネラルを含むので
現代でもこの酷暑の中食べるのも、たいへん良いと思います。

「いつ食べる?どの果物が身体に良い?」などと野暮なことは言いませんよ。

posted by 寺庵 at 17:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年07月21日

夏 野菜と精進料理

この暑さの中、
今日は四菜を作りました。
DSC_5590small.jpg
生徒さんには「きゅうりを炒める」
『きゅうりとなすのみそ炒め』料理はとても新鮮だったようです。
small.jpg
きゅうりは、サラダや酢のもに生で食べると思われがちですが、
みそ味の炒め物は、以前からある料理の一つです。

「ご飯のすすむおかずですね。」と生徒さんの感想です。

暑い中ご参加ありがとうございます。
ご馳走様。

posted by 寺庵 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年07月20日

暑さの中にも涼

9時過ぎに着いた妙心寺で、
ジリジリと太陽に照らされています。
65C0DA00-3ABE-4C24-9DC1-41D86F1964DE.jpeg
午後になり更に太陽は真上です。

午後1時過ぎに用事が済み、帰る頃
さっぁと風がお寺の竹やぶに
吹いてきました。

笹がサワサワと音たて揺れています。
BFCA71E6-1E22-4EE8-A03D-209B46961CE1.jpeg
睡蓮も風を感じたように
涼しげです。
96D293DF-4308-45F8-9FCA-F62DA0B250C2.jpeg
庭の獅子もちょっとだけ
顔をゆるめました。
71DC5C79-4C11-4160-81C1-C23AF7E01909.jpeg

posted by 寺庵 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2018年07月19日

夏の精進料理

今日は、冬瓜、トマト、枝豆、トウモロコシ、長いもなどを使い、
夏の精進料理です。

さすがに暑いので、揚げものはお休みです。
IMG_5259small.jpg

トマトの寒天よせは、蜂蜜の使う量で、
デザートかおかずか微妙なところです。
完熟トマト1個分がぎゅっと詰まった寒天寄せは
生徒さんにも喜ばれます。
IMG_5264small.jpg
冬瓜のカレーあんかけも
夏にちなんだ料理で、
カレー粉も初登場!
IMG_5261small.jpg

蒸し物もアツアツでも冷たくしても
おいしいものです。
IMG_5262small.jpg
皆さんにも喜んでいただけました。

ご馳走様。
posted by 寺庵 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2018年07月18日

今年の梅干し最終

今日は梅干しのびん詰めをしました。

このところの晴天と高温で
例年より早く仕上がり、
色あせた状態になりました。

梅酢も250mlとれ、
しその葉も乾燥し、
写真のようになり、
今年の梅干しのできは◎です。
DSC_5588small.jpg
来年まで一年かけて使います。
posted by 寺庵 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年07月17日

湯葉ともずく

もずくと生湯葉を使った和え物です。
アクセントにミョウガとオクラを入れます。

彩りも良く仕上がります。
 
B41F57D7-9509-423C-A1D8-8CFF1CD23DEF.jpeg

暑い毎日ですが、出来合いのもずく酢に、
きゅうり、おくら、みょうがなどの夏野菜を入れるだけでもバージョンアップです。
口当たりも良くスルッといただけます。

さらに生湯葉を入加えるだけで
立派な高級一品に変身。
残った湯葉は、汁物に入れます。

ただ、湯葉は消化に時間がかかるので
細かく刻んだほうが良いと思います。

posted by 寺庵 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年07月16日

写真の野菜は?

この野菜はなんでしょうか?
王冠.jpg

ヒントは
星の形.jpg

さらに
模様.jpg
答えは
丸ズッキーニ.jpg

ズッキーニ緑.jpg

DSC_5573黄色.jpg
いただいたズッキーニです。
那須高原の野菜です。
DSC_5582small.jpg
夕飯の一品になります。
ご馳走様。

posted by 寺庵 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年07月15日

甘長とうがらし

寺庵でとれてたた甘長唐辛子を使った料理です。
赤いピーマンと炒めました。

生姜をアクセントに入れます。
味つけは薄口しょうゆとみりんです。

甘長唐辛子は普通辛くないのですが、
時々辛いものがあります。

そんな時は、一口食べて
「当たり!」と言いながら、すぐご飯を口に入れます。
甘長唐辛子.jpg
この中にも「当たり!」があります。
まるで伏見の青唐辛子のようです。
posted by 寺庵 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年07月14日

梅干し

昨日から梅を干しています。
梅干し1.jpg
作業中、顔から汗がしたたる暑さ、
梅干しには良いのでしょうが、
まったくこの暑さは例年とは違うのを感じます。

赤しその葉もギュッと絞って干します。
できあがりがは、細かくしてゆかりにしします。
ゆかりIMG_5220.jpg
去年は梅干しがうまくできなかったので、
今年は何とか、成功のようです。

posted by 寺庵 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年07月13日

今日からお盆さん。

東京は今日からお盆です。

阿弥陀様へのお供えは、
夏の暑さに負けないようにと思って作りました。
お盆のお供え.jpg

珍しくお蕎麦をお供えに選びました。
いただいた生蕎麦です。
献立は
とろろ蕎麦、
とろろそば.jpg
満願寺うがらしとしょうがの炒め物、
満願寺と赤ピーマンのしょうが炒め.jpg
糸瓜の酢のもの、
IMG_5242糸瓜.jpg
ゴーヤと豆腐の梅みそ炒めです。
IMG_5240small.jpg

ちょっと時間が経ったので、お蕎麦がのびてしまい、
阿弥陀様には食べにくかったかしら。





posted by 寺庵 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年07月12日

プランターで野菜。

屋上で育てている野菜ですが、
7月に入りピーマンが登場です。
8AC57612-2EC3-4D49-9A14-89E649FFB427.jpeg

そして、収穫の野菜が増えました。
ナスの皮が固いが困りますが、
お味噌に入れています。

ミニトマトと甘長とうがらしも
細いけれどたくさんできました。
育てる楽しみを味わっています。
2D7AA713-275E-4F5C-B91B-1AD6D0424EE5.jpeg2DAFC036-D81B-4564-B531-6038D6C7A49A.jpeg



posted by 寺庵 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ