2020年07月31日

サクッとひじきを炊く。

ひじきは案外簡単に炊けるのをご存じでしょうか?
-1.jpg
ひじきは水で戻す時間は10分から20分です。
ふつうの長さのひじきと芽ひじきなど長さや、
新しいひじきでも戻す時間は違いますが、
10分を目安にしていただくと作ることがおっくうになりません。

今回はざくりとした作り方です。
一つかみより少し多いくらいのひじきをボールに入れ、
さっと洗います。
再び水をひたひたより多目に入れて10分おきます。

他の材料の用意。
人参を人差し指の1/3長さの短冊に切ります。
油揚げもにんじんと同じくらいの短冊。
なければ、味出しのためにベーコンを用意します。

鍋ににんじん、油揚げの順に入れ、
上からひじきを置きます。
ひじきの表面から2/3くらいの高さまで水入れ、煮ます。
煮立ったら砂糖を大さじ1入れてさらに煮ます。
5分くらいでしょうゆを大さじ1弱入加え3,4分煮てから火を止めます。
火加減は中火くらい。
火を止めてしばらく置いてから器にもりつけます。

字で書くと長い感じですが、
煮る時間は10分弱です。
味を見て薄い時にはしょうゆを少し足します。
シンプルな味ですが、おいしい一品です。

ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年07月30日

檜山納豆

「秋田名物、八森ハタハタ、
男鹿で男鹿ブリコ、
能代春慶、 檜山納豆、
大館 曲ワッパ」
秋田音頭です。

その歌の中の檜山納豆。
IMG_0140-1.jpg
わらづとに包まれています。
IMG_0144-1.jpg
塩でいただくとおいしいと言われ、
たっぷりの紫蘇を刻んでいただきます!
IMG_0127-12.jpg
大豆のおいしさと納豆おいしさの相乗効果!
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2020年07月29日

なすとゴーヤ、ぴーまんのしぎ焼き。

なすの料理はいろいろありますが、
しぎ焼きの由来は、
鳥の鴫(しぎ)をなすの皮に詰めて焼いていたので、
この料理名の由来と聞きました。
IMG_0123-1.jpg

使ったなすは新潟の十全なすの種類です。
IMG_0117-1.jpg
名前は「みゆきなす」です。
きっと雪の深い所にちなみ、つけた名前だと思います。
やや小さめですが、おいしいなすです。

調理方法は、
多めの油でナスに焼き色がつくまで炒め、
ゴーヤやピーマンを加えてざっと炒めてから
みそ、お酒やみりんを入れて強火で
調味料をからめます。
ポイントは、
なすから水分で出ないように強火で炒めます。

味が濃いので
ご飯のおかずに合います。
夏バテをしないようにしっかり食べましょう!


posted by 寺庵 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年07月28日

茗荷の当座煮

茗荷をたくさんいただきました。
毎日、酢のものだけではつまらないので、
二、三にち日持ちのする当座煮にしました。

IMG_0122-1.jpg

たてに切ってから水にさらし、
油で炒め、酒、みりん、砂糖、しょうゆを入れて
しばらく5分くらい煮ます。
せん切りのしょうがを忘れずに。
posted by 寺庵 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年07月27日

なすの胡麻汁2

今、マイブームは
「なすの胡麻汁」です。
ナス料理の中でも1、2位の
おいしさです。
IMG_0109-1.jpg
揚げなすを濃いめのみそに入れ、
上から胡麻を散らします。

今回は長芋をすり入れました。
赤みそが「味が濃いかな」と思いましたが
おいしかったです。



posted by 寺庵 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年07月26日

水なすのぬか漬け

今日は大阪産の水なす、ぬか漬けの紹介です。
DSC_8755-1.jpg
丸のまま1個と半分に切ったものを昨日漬けました。

半分のものを取り出し、観察。
まだまだみずみずしい。
DSC_8767-1.jpg
DSC_8769-1.jpg
少しだけしぼって切りました。
ほどほどの水けと糠の味。
やっぱりおいしい水なすです。
DSC_8772-1.jpg
posted by 寺庵 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年07月25日

カリフラワーの酢漬け

おいしいそうなカリフラワー(長野産)と赤ピーマン(千葉産)を購入しました。
DSC_8758-1.jpg
さっそく酢漬けにしました。
DSC_8762-1.jpg
合わせ酢が温かいうちに食べましたが
おいしい!
DSC_8766-1.jpg
明日はもっと味が入り
もっとおいしくなりそうです。
posted by 寺庵 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年07月24日

夏の糠漬け

蒸し暑い時に食べたくなる漬物、
酸っぱい糠漬け。
ADE76CAD-4E1C-458C-B35D-DA91992A66FF.jpeg
蕪ときゅうりが古漬けになりました
切ってから水にさらし、
キュッと絞り盛りつけています。

ご飯のおともにいかがでしょうか。
posted by 寺庵 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2020年07月23日

ホオズキ・鬼灯

今日は雨もようでしたが、
庭師さんの青紅葉と藤の植栽の手入れの日でした。
DSC_8731-1.jpg

DSC_8739-1.jpg
そう言えばホオズキがたくさんなっていたのを思い出し
私も花切ばさみで鬼灯を切りました。
DSC_8740-1.jpg
かわいい中の実が透けてみえます。
DSC_8727-1.jpg
鬼の灯りでホオズキとは、
かわいいですね。
posted by 寺庵 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2020年07月22日

モロヘイヤで簡単一品

夏野菜のネバネバ系の一つの
モロヘイヤ。
エジプトでは5000年前から食べていた野菜です。
カロテン、ビタミンB群、ビタミンC、カルシウム、ムチンが豊富です。

熱湯でサッとゆで、水にとり
ザルにあげてから刻みます。

海苔の佃煮(市販品)大さじ1と酢大さじ1を混ぜ、
器に盛りつけたモロヘイヤにのせます。
IMG_0095-1.jpg
簡単な一皿ですが
栄養満点!

ゆでて刻んだモロヘイヤは使い方いろいろ、
卵スープや納豆に混ぜてもおいしいですよ。

モロヘイヤはお財布にも優しい夏野菜です。
posted by 寺庵 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年07月21日

文月の精進料理

今日の文月の精進料理は、
夏野菜のきゅうり、なす、とまとを使います。
DSC_8704-1.jpg
きゅうりのごま酢和え
DSC_8712-1.jpg
なすの胡麻汁
DSC_8706-1.jpg
トマトの寒天寄せ
IMG_0108とまとのの寒天寄せ.jpg

豆腐は小松菜と一緒に炒り豆腐にしました。
DSC_8708-1.jpg

生徒さんには、「夏の料理ですね。」と喜んでいただけました。

ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2020年07月20日

なすの胡麻汁

揚げたなすに濃いめのみそ汁のハーモニー。
DSC_8606-1.jpg
ずっしりした汁ものなので、
白いご飯に、さっぱりめのおかずが合います。
posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年07月19日

塩田商店さんの鞍掛豆

夏のお豆を築地場外市場、
塩田商店さんで購入しました。
-1.jpg
緑のお豆に黒い模様。
馬の鞍に見えるのでこの名前がついたのでしょうか?
甘く味ではなく、薄口しょうゆで味つけしました。
IMG_0091-1.jpg
この時期はさっぱりした味の方が好まれれます。
お酢でもよいし、しょうゆ味でも豆本来の味が楽しめます。

2020年07月18日

夏の精進料理

今日はお二人のご参加です。
IMG_0079-1.jpg
豆腐をすり、材料を切っています。

IMG_0081-1.jpg

でき上がり!
IMG_0082-1.jpg

ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2020年07月17日

瓜の酢のもの

瓜が手には入ったら、
半分はぬか漬け、
あとは酢のものにします。
IMG_0078-1.jpg
涼やかな一品です。
posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2020年07月16日

ピーマンとしらたき。

いただいた立派なピーマンがあったので
しらたきと一緒に炒めました。
IMG_0068-1.jpg
ひと手間はしらたきを適当な長さに切り、
お鍋でからいりしてから
細切りピーマンと炒めました。
味つけはしょうゆとみりん2対1です。

下の写真は92歳の義理の母用のおかずだけのお弁当です。
IMG_0064-1.jpg
お弁当箱に詰めると食べやすいようです。
作るkeywordはたんぱく質と食べやすさです。

昼食時には、ご飯だけ自分で用意してもらいました。
posted by 寺庵 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年07月15日

ゴーヤとカラフルパプリカの炒めもの

今日はゴーヤと赤・黄色パプリカを
生姜と一緒に炒めました。
D1C6886D-E744-497A-8629-DF7171346011.jpeg
薄切りの生姜が良い味を出しています。
posted by 寺庵 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年07月14日

葛まんじゅう豆乳蜜がけ

今日は葛まんじゅうを作りました。
横にかけてあるのは、豆乳の蜜です。
IMG_0035-1.jpg
この季節は葛をよく使います。
あっさりといただけますが、、
豆乳の蜜をかけると、
さらにおいしくなります。
posted by 寺庵 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年07月13日

お盆の入り

東京はき今日からお盆です。
入りの日は読経と精進料理を
お供えしました。
DSC_8652-1.jpg
今回は精進ちらし寿司、
きゅうりのぬか漬け、
なすとズッキーニの汁ものです。
DSC_8658-1.jpg

ちらし寿司には旬の野菜が入ります。
DSC_8661-1.jpg
夏ごぼう、紫蘇の葉、茗荷、とうもろこしです。
盂蘭盆会になすときゅうりが入りますので、
今回はちらし寿司ではなく、汁もの、漬けもので調理をしています。

posted by 寺庵 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年07月12日

青なす2

この写真のなすは
「青なす」と言いますが、どう見て淡い黄緑なす。
IMG_0038-1.jpg
食品事典でも「青なす」の記述があります。
普通のなすが黒紫色のアントシアニンを系の色素、
青なすはこの色素ができずに葉緑素が作られる種類です。

きれいな色ですが、
油で調理すると濃くなります。
IMG_0041-1.jpg
でもおいしい!ので今回も天ぷらにしました。