2020年07月11日

鬼灯

お盆を迎える準備をしてるところ、
鬼灯の鉢をいただきました。

白い小さな花とオレンジ色の鬼灯のコントラストが緑の葉に映えています。
9638174A-1ACC-41C0-84E1-A93ED850BDFC.jpeg
季節は初夏から夏に移りいつもと同じ蒸し暑い毎日ですが、今年はちょっと様子は違います。

心が折れそうな毎日ですが、鬼灯を見ながら
ちょっと心が和むのを感じています。



posted by 寺庵 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2020年07月10日

ワクワクする精進料理

今日の初めて参加の方は、
「ワクワクすることは何かと考え、
精進料理を作ることに行き着いた。」そうです。

DSC_8613-1.jpg
今月はお盆にちなみ、なすときゅうりを使いました。
きゅうりの胡麻酢和え
DSC_8615-1.jpg

ナスの煮物
DSC_8619-1.jpg
豆腐料理の入門
小松菜の炒り豆腐
DSC_8617-1.jpg

ゆっく作りながらも
とてもご満足いただけたようです。
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2020年07月09日

豆乳のそうめん

いつものそうめんを豆乳のつけ汁でいただきます。
-1.jpg
夏野菜はゴーヤ、みょうが、とうもろこしと大葉が入ります。

夏らしく、そしておいしい一品です。
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2020年07月08日

つるむらさき

夏の野菜、つるむらさき。
茎が紫色でゆでから切ると
粘りが出てきます。

香りはこの野菜独特ですが、
これも個性のうちです。
IMG_0019-1.jpg
蒸し暑い夏に
体温調節や体調を整える貴重な旬の野菜の一つです。
ゆでてから酢じょうゆをかけていただくとおいしいですよ。
posted by 寺庵 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年07月07日

七夕

今日は七夕。
あいにくの空の東京。
星を見るどころか、見上げると雨粒が落ちてきます。

私の好きな歌に「見上げてごらん夜の星を。」があります。
歌詞には
「小さな光が ささやかな幸せ をうたってる」
「手をつなごうボクと 追いかけよう夢を 二人なら 苦しくなんかないさ。」
とあります。

コロナや水害で苦しくてどうしようもないことばかりですが、
何とか空を見あげ、
雲の隙間から見える星空から
一人ではないんだ、
みんなも夜空を見ている。
そして、ささやかな幸せを感じられるといいなと思います。

ゆずの歌う「見上げてごらん 夜の星を」が
特に好きです。




posted by 寺庵 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2020年07月06日

緑なす

築地で買いものがおもしろいは、
あまり見かけない野菜に出会えるからです。

今回も大きい緑なすを買いました。
DSC_8515.JPG
油との相性が良いので揚げて、
田楽みそや、
皮が固いので蒸して胡麻酢もおいしいです。
IMG_9985-1.jpg
今日は大きいので半分使い、
天ぷらで揚げてみました。
思った以上にやわらかく、
おいしい緑なすでした。
posted by 寺庵 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2020年07月05日

2020年07月04日

江戸東京野菜

江戸東京野菜と言えば、
小松菜を思う方が多いと思いますが、
今旬を迎えた
馬込半白きゅうりや
DSC_8585-1.jpg

手島なすがあります。
DSC_8587-1.jpg
今回は米金さんから仕入れました。

江戸から明治にかけて
場所の名前通りに作られていましたが、
戦後は農地から住宅地に変わり少なくなってきました。
復活は大竹道繁氏により、
農家さんと一緒に少しずつ少しずつ生産されてきました。

また次回江戸東京野菜書かせていただきます。

posted by 寺庵 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2020年07月03日

サラダ稲庭うどん

お上品な稲庭うどんに、
豆腐と野菜をたっぷり入れて作りました。
DSC_8513-1.jpg
軽めの仕上がりのようですが
稲庭うどんは乾麺で70g使っています。

たくさん野菜が入りますので
単調になりがちなつけうどんに
変化があっておいしいです。

posted by 寺庵 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年07月02日

紫陽花

梅雨の頃、紫陽花がきれいに咲いています。
IMG_9832-1.jpg

「咲く」と言う漢字は、「笑う」の原語から来ています。
花びらを見て微笑みを浮かべる様や和むことができるのが「咲く」に通じていると思います。
この季節は梅雨の鬱陶しさを感じますが、
紫陽花の色合いに心が和みます。
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2020年07月01日

文月食の歳時記

梅雨の折り返しのころですが、今年はけっこうな降雨量です。
太陽が待ち遠しい時ですが、
野菜たちも太陽を待ちわびていると思います。

文月の食の歳時記

しぎ焼きのなすの胡麻汁
DSC_8490-1.jpg
濃いめに仕上げてあるので、
蒸し暑い日に冷やして
スッと飲めるおいしい一品です。

とまとの田楽みそホイル焼き
DSC_8470-1.jpg
熟したトマトに
白の田楽みそをのせて包み焼きにします。
トマトと田楽みそ。
サラッとした感じですが
白みそが合います。

そうめんかぼちゃとめかぶの酢のもの
DSC_8504-1.jpg
夏と言えば酢のものはかかせません。
いつもの酢のもに
そうめんかぼちゃを入れて変化球。
ボリュームがあるかと思えば、
めかぶが全体を軽くしてくれます。




posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ