2014年07月24日

浴衣に半幅帯を素敵に締める。

盛夏の着物は薄物ですが、
もっと気軽に着るには浴衣がお勧めです。

浴衣は花火大会や夏祭りを見に出かける時は
綿素材で糊のきいたものに半幅帯と素足に下駄をはきます。

お出かけ着として浴衣を着るには
白足袋に夏用の長じゅばんに白襟をつけて
浴衣の素材も縮、綿絽などにすると、よそゆきになります。
帯は夏の名古屋や麻の博多織の半幅帯をしめ、草履にします。

今回は博多織の半幅帯。
DSC_2751.jpg
蝶々結びの2パターンと
DSC_2755.jpg
前帯のちょっとおしゃれにまわしました。
DSC_2756.jpg
自由に締められる帯なので
DSC_2760.jpg
浴衣を華やかにしたり、貝ノ口などで地味にもできます。
posted by 寺庵 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 和服な気分♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101931539
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック