2015年02月25日

和食のイロハ 鴨のロース焼き

合鴨と言うと高級食材のイメージであまりなじみがないようですが、
金沢の郷土料理の治部煮や鴨南蛮、鴨鍋などで昔から使われていました。

今回は築地場外市場で購入した合鴨ロースを使いました。
合鴨は皮と肉の間に脂が多いので、
皮をフォークでつついてから調理をします。

焼く時はフライパンに油をひかなくても
鴨の脂がびっくりするくらいたくさん出てきます
和食のいろは.jpg

「家族が鴨が好きなので
今回作ることができて良かったです。」

「美味しいです!」

春めいてきた近頃ですが冬の風物詩の鴨料理、
まだ寒いのでお腹の中から温まります。

ご馳走様でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114268581
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック