2016年01月10日

胡桃の話し

場外市場の八百屋さんのお話です。

胡桃には日本種と西洋種があり、
外見、味にも違いがあります。

日本の胡桃は西洋のものより少々小さく、細長いそうです。
味は濃厚。産地は新潟県村上。
村上の胡桃.jpg

それに比べると丸っこくて大きいのが西洋種の胡桃です。
少々あっさりめの味。産地は同じ新潟の魚沼です。

この形の胡桃は日本全国どこにでもあるようで、
いつのころから日本で根付き日本産となっているようです。
魚沼の胡桃.jpg

日本古来からある胡桃の殻は硬いので、
農家さんは割るのもたいへんだと聞きました。

どちらも同じように胡桃もち、胡桃みそ、胡桃和えなどで
昔から食べていたそうです。

同じ新潟でも違う種の胡桃があるのも興味深いと思います。
私は知らず両方買っていましたが、
たまには日本種のものを意識してみようかと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171673321
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック