2016年11月12日

和歌朗読

今日は今年最後の和歌朗読の日です。
DSC_2866.JPG
小式部内侍は百人一首の中の女流歌人です。
「大江山いく野の道の遠ければ
まだふみも見ず天の橋立」

この歌を聞いた方は多いと思います。

母の和泉式部に送った歌ですが、
とても深い内容です。

和歌を聞きながら、時間をさかのぼり、
天橋立へタイムスリップした錯覚を感じました。

他の和歌も音楽と共に朗読されると
とてもリラックスしながら聞き入りました。


posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177643315
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック