2017年01月24日

豆腐のおやきと牛乳カン

4歳から6歳の子どもの料理教の講師をつとめました。
11名の参加です。

献立は
お豆腐のおやき
豆腐のおやき.jpg

牛乳カンです。
牛乳カン.jpg
最初に子供の前で12人分の牛乳カンを作りました。
鍋に水を計りながら入れ、寒天を溶かすところからです。
鍋の中の寒天液の状態の変化を
ずっと見せていました。
「色が白くなった。」「ドロッとしてきた」など
いろいろな声が聞こえます。

イチゴは子どもが切りました。
包丁の使いかたを説明するのですが、
指を切らないように細心の注意を払います。

豆腐のおやきは
水きりをした豆腐をビニール袋に入れてつぶし、
中に片栗粉と具のカニカマを入れて焼きます。
カニカマ.jpg
「グニュグニュするのがおもしろい」と言いながら
つぶし、最後に丸めてバットにおきました。
小麦粉をまぶし、
ホットプレートで焼きます。
焼く.jpg

「外がカリッ、中がフワッとしているね。」
「美味しいね」とお焼きをほおばっていました。

牛乳カンから食べる子もいて、にぎやかな試食タイムでした。
子どもの素直な感想を聞いていると、
思わずにっこりとしていました。

posted by 寺庵 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育便り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178535953
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック