2017年02月10日

初めて胡麻をすると。

初めて参加される方が二人いらっしゃいます。

ウドの梅酢和えを作る時に
大さじ3杯の炒り胡麻をすり鉢に入れ、すりこ木で
油が出るまですりました。
今日の生徒さんたち.jpg
「腕が痛くなりそう!」と二人で楽しそうにすっています。
「まだですか?」と聞かれたので
『すりこ木に油がつくまでです。あともう少しひと手間かけてください。』と伝えました。
味は梅干しと砂糖、塩です。
ウドは酢水さっとゆで、水切りをしてから和えます。

油揚げも入るので、梅と胡麻の味がウドにちょうどよく合います。
うどの梅酢和え.JPG
ご試食の時には「美味しいですね!先ほどのひと手間が効いています。」
とにっこり。

精進料理の「無駄を省いてひと手間を惜しまない」大事なところ
を実際に体験していただけたようです。
今日の精進料理.jpg

れんこん団子の長いもの蒸し物JPG.jpg

五目炒り豆腐.JPG
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178712612
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック