2017年02月28日

うどを全部食べる

独活.jpg

春の山菜の仲間のうどは山うどです。このウドは白軟うど。
室(むろ)などで栽培され周年とれます。
山うどほど香りがきつくなく、
どの料理にも合います。

皮をむき、せん切りにしたうどを酢水にさらし
サッとゆでてさまします。
和え衣を作り合えるだけ。
うどの梅和え.jpg

「シャキシャキとした食感に胡麻と梅味が合いますね。」と生徒さん
今日の生徒さん.jpg

皮はこんにゃくと炒め、きんぴらにします。サッとゆでるので
ウドは全部食べられる食材なのでお財布にも優しいです。

こんにゃくとうどの皮のキンピラ.jpg

周年とれるといっても1月末から出回り始め、
ちょうど今からがたくさんお店で見かけます。
ウドの梅和え3.jpg
少し早い春の香りを運んでくれます。
posted by 寺庵 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178929580
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック