2017年10月28日

精進料理を作り、いただくことは。

今日は旧暦の九月九日、重陽の節句です。
この日は菊を愛で、菊酒や菊にちなんだ料理をいただく日です。
それにちなみ、菊花ごはんを炊きました。
菊花ご飯.jpg
生徒さんは「きれいなご飯ですね。美味しいです。」とにっこり。

春菊の胡桃白和えは、
いただく時にほのかに春菊の香りがします。
春菊とにんじんの胡桃白和え.jpg

「香りもよく、彩りも良く、胡桃の和え衣がおいしいですね。」と、
お二人の生徒さんの共通の感想です。

春菊はゆでる時、半分に切り、茎からゆでます。
一呼吸おいてから葉の部分を入れると
ゆですぎず、ちょうど良いかたさになります。

そして、ほんの少し下味をつけておきます。

「料理に向き合い、きちんと作るので
落ち着くことができます。」
と、一人の方から感想をいただきました。
今日の精進料理.jpg
ご馳走様です。

posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181419579
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック