2018年01月17日

小さな阿弥陀様

年末の大掃除の時、浅尾家の仏壇で見つけた阿弥陀様です。
小さな阿弥陀様.jpg

今日、仏具屋に頼んでおいたお厨子が出来たので
本堂の先祖代々の御位牌の前に置きました。

この阿弥陀様、江戸時代に作られた常國寺の阿弥陀様(木彫り)の
中から出てきたものです。

以前聞いた話ですが、木彫りの阿弥陀の中に、
鉄の物を入れたそうです。
もし火災にあって焼けても、
鉄はなくならないからです。

数十年前に、前の木製の阿弥陀様は
蝋燭の煤(すす)と油で真っ黒になり、
お顔の表情もわからないので、
檀家さんの寄付で新しくしました。

しかし、この小さな阿弥陀様はおおよそ三百年のあいだ、
常國寺の阿弥陀様の中で、
お檀家の皆さんの願いやつぶやきをお聞きいただいていました。

今日から、また新しいお厨子の中で
皆さんの声を直にお聴きになります。
小さな阿弥陀様2.jpg
合掌。
posted by 寺庵 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182172394
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック