2019年01月03日

おせちの逸品は黒豆。

黒豆は、マメに働き、シワがよるまで長生をすることにちなみ、
正月には欠かせない料理です。
この黒豆、今年はうまくできました。
IMG_6913small.jpg

今回の黒豆は築地場外市場の塩田商店で
丹波篠山の29年度産のものを300g購入しました。
砂糖はマメと同量の三温糖を使います。
さび釘をお茶パックに用意します。

始めに鍋に砂糖水を作り沸騰させます。
豆とさび釘を入れて火を止めます。
そのままバスタオルなどで包み、保温して8時間保温し、
その後、弱火でコトコト炊きます。
豆が十分柔らかくなったら2,3度に分けて砂糖を入れ、
少し煮てから火を止めそのまま味を含ませます。

以前は、シワがよるのが普通だったそうですが、
今はふっくらと仕上がるように、
いろいろな作り方が紹介されています。
IMG_2778.jpg
この作り方は、塩田商店から教えていただきました。






posted by 寺庵 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185311392
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック