2020年02月25日

四国の土佐国分寺

昨日四国の用事を済ませて
東京に帰りました。

二泊三日の行程で
八十八カ所の中の4つのお寺のを巡りました。
お寺の建立された場所は
海の近くであったり、
山の上であったりと地域に密着した場所です。

歴史的に古いお寺ばかりですが、
明治維新の廃仏毀釈のため
なくなってしましたお寺もあり、
そのご本尊さまは別お寺で大事にされています。

印象に残っているのは
奈良時代に建てられた南国市の国分寺です。
IMG_0569-1.jpg
奈良から始まり、室町、安土桃山を経て江戸時代に長宗我部一族のお寺であり、
そのお寺の中にその時代ごとに使われたものを見ることができました。
IMG_0578-1.jpg
IMG_0579-1.jpg
奈良時代から使われていたお寺の梵鐘を触ることもできました。
とても長い年月を経た梵鐘、
その手触りは感慨深いものがありました。
IMG_0576-1.jpg
posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187201598
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック