2020年07月04日

江戸東京野菜

江戸東京野菜と言えば、
小松菜を思う方が多いと思いますが、
今旬を迎えた
馬込半白きゅうりや
DSC_8585-1.jpg

手島なすがあります。
DSC_8587-1.jpg
今回は米金さんから仕入れました。

江戸から明治にかけて
場所の名前通りに作られていましたが、
戦後は農地から住宅地に変わり少なくなってきました。
復活は大竹道繁氏により、
農家さんと一緒に少しずつ少しずつ生産されてきました。

また次回江戸東京野菜書かせていただきます。

posted by 寺庵 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187664443
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック