2009年04月06日

大学生の料理交流会に参加


4月4日(土)と5日(日)桜の花がきれいに咲いた
西千葉のキャンパスに伺いました。
このお仕事は千葉大学の大学生協さんから
ご依頼をいただきました。

新入生のためのお料理教室なのですが、
生協学生委員会が企画した歓迎行事の1つです。
新入生の期待と不安を解消してあげたいという先輩たちの思いも
桜の花にこめられて満開となったようです。

千葉大学の生協学生委員さんは約70名が両日共に運営にあたり、
新1年生は100人ずつ、合計約200人が参加しました。
1テーブルに5人の1年生と先輩が3人サポートにあたりました。
そのテーブルが20卓。会場は生協の食堂です。

ユニークなのが各テーブルに基本食材が決まっていることです。
にんじん、きゃべつ、たまねぎ、じゃがいも。
この中の一つを選び使いきるよう
レシピの中から主菜・副菜を1つずつ選んで
買出しに行き、調理をします。
そして班長さんを探すゲームも
盛り込まれていました。

料理を一緒に作るだけでなく
お互いのコミニュケーションがとれるようにした企画です。
私の役目は調理中に各テーブルを回りアドバイスをします。
作られた料理の味をみたり、盛り付けのランク付けをします。
さすがに40皿分の味見はたいへんでしたが
同じメニューでも違った感じにもなっていました。

先輩のサポートで手際よくできた班や
盛り付けがうまい班、ユニークな版もありました。
わたしからのメッセージは主菜・副菜のバランスと
味をみながら作ることです。

まだまだ伝えたいことはたくさんありましたが、
まずは作る。  
LET’S TRY!

料理を食べる頃には1年生の学生さんはすっかりニコニコ顔です。
とてもすばらしい企画に参加させていただいたことで
頼もしい学生委員の大学生にも会えたこと、
コミニュケーションが大事だと改めて実感できました。



posted by 寺庵 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育便り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28309725
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック