2010年03月01日

着物講座

着物は日本の民族衣装です。
その模様をからいろいろな情報を得られます。

雲の文様.jpg

着物や帯の模様は
雲や水の流れが書かれていたり、
亀甲模様や縞(しま)模様、
熨斗(のし)模様や鳥の模様などたくさんあります。

その模様によってお祝いや正式な場所などを選びます。
そして何の模様の着物や帯をつけるか
コーディネートを考えるだけで楽しめます。

本堂の前.jpg

着物は着る時が少々たいへんです。
楽に着るコツをつかむと
あまり窮屈ではありません。
また、所作を少し知るだけで
楽に立ち振る舞いができます。

黄八丈とお雛様.jpg

日本の民族衣装である着物を
次の世代の人に伝え、
着物からも日本の文化を継承の
お手伝いがしたいと思いました。

お召し物.jpg
posted by 寺庵 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 和服な気分♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35760832
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック