2011年03月18日

3月9日 食育 手作りおやつ

地域の栄養士の活動の一つの食育は、
「食は健康で、すこやかな人生のための重要な要素」として
乳幼児の親子から小学生までの対象で児童館などの施設において
食育料理教室を開催しています。

今年度最後の小学生の食育料理教室は、大豆を使った手作りおやつ
「つるつるだんご、 ぷるぷるプリン」を作りました。
栄養などのお話を交え、2時間で終了。

ポスター.jpg

食べた感想は、「だんごを作るとき、なかなか柔らかくならなかったが、
少しの水できれいなだんごになった。」
「作りたてを食べると、つるつるして柔らかくておいしかった」
「豆乳プリンは甘くなくて良かった」

白玉だんご.jpg

1豆乳プリン.jpg

そしてお話は「食事のマナー」です。
お話は、マナーって何?、誰のためのマナー?など質問をしました。
最後に「食事のマナーはやさしい思いやりを持つことが大事です」
とお話してお片づけ。

食育-1.jpg

少し難しいお話の時もありますが、いつも真剣に聞いています。
すぐに理解できなくても、
今、食育の種をまいて、いつか思い出して刈り取って
自分のものにしてくれることを期待します。

小学生の「おいしかったです。楽しかったです。ありがとうございます。」
の笑顔が一番うれしい感想です。
posted by 寺庵 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育便り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43898118
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック