2011年08月26日

長月の食の歳時記

残暑の厳しい中にも、朝夕は秋の気配を感じ、
ほっと一息つきながら空を見上げます。

今月は名残りの食材と秋の走りの食材で作ります。

豆乳の蒸し物
豆乳の蒸し物の中身はトウモロコシやオクラを入れました。
日中がまだ暑いので、蒸し物は冷やしていただきます。

豆乳の蒸し物.jpg

りんごとさつまいもの白和え
新物のりんごとさつまいもは味はまだ浅いので、
白和えの和え衣にぴったりです。

りんごとさつまいもの白和え.jpg

まいたけとしめじの含め煮
秋の味覚の中のきのこはいろいろと調理ができます。
今回は弱火でシルケがなくなるまで煮ていきます。
菊の花を添えると秋がぐんと近くなります。

舞茸としめじの含め煮.jpg
posted by 寺庵 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47560238
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック