2013年03月03日

和食のイロハ ひな祭りの精進ちらしとつみれ汁

今日はお雛様の日です。
和食のイロハも季節にちなんだ料理を作りました。

精進ちらしとつみれ汁.jpg

精進ちらし、
菜の花と桜の生麩を飾りました。

桜の生麩入り、精進ちらし.jpg

具材を煮て、酢飯を作り混ぜる。
季節の食材を入れると
ぐっとおいしさが増します。

鰯を使ったつみれ汁を作りました。
お雛様にハマグリの潮汁ですが、
生徒さんからのリクエストです。

この時期の鰯の脂ののり具合が
つみれ汁に適しています。

鰯のつみれ汁.jpg

今回、築地の場外市場で簡単、シンプルな味の作り方を教わりました。
つなぎが入らない分、鰯のおいしさを味わいました。

頭を落とし、手開きにし、中骨と皮を取り、包丁でたたき、すり身にします。
シンプルなしょうがの味付けのつみれと長ねぎだけが入ります。

生徒さんも、最初のうちはおっかなびっくりの手つきでしたが、
慣れてくると時間もかからず皮まで取ることができました。

鰯をさばく.jpg

「鰯をさばくのは初めて、魚に対する考えが変わりました。
でも、良くできたので、家族に報告します♪」

「おいしさは格別、こんなに手がかかるので大事に食べます。」

普段はスーパーで開いた鰯しか見ていません。
こうやって、命をいただくために手間をかけることが
どんなたいへんなことで、
いろいろな思いが出てくる体験をしていただけました。

もう一品は金沢春菊のごま和え。

金沢春菊のごま和え.jpg

長さが短く、葉の形状も丸いです。
ゆでると春菊のとても良い香りです。

お雛さまの片づけを考えながら、
食後の和菓子をいただきました。

加賀八幡 起き上がりこぼし.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63280039
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック