2013年12月03日

鰰(はたはた)

秋田のはたはたは伝統の郷土料理の魚として有名です。
ハタハタ.jpg

この魚は先人が積み重ねた食文化を未来に継承を誓うシンボルとして
秋田県の「県の魚」に平成14年に指定されました。

数年前から秋田では鰰の漁獲高を調整するため禁漁になっていましたが、
今年の秋から解禁になり、こうして食卓にのぼるようになりました。

秋田出身の義母から簡単でおいしい食べ方を教えてもらいました。
すり鉢.jpg

田舎味噌をみりんでのばし、すり鉢の中で鰰に味噌を手で混ぜてつけます。
味噌をつける.jpg

フライパンにクッキングシートをしき、上の載せて焼きます。
鰰を焼く.jpg

淡白な白身にうっすらと味噌がついて絶妙な味、
子持ちの卵「ブリコ」はプチプチした食感とコクがあり
はたはたはおいしい魚だと思いました。
出来上がり.jpg
しょっる鍋や三五八さごはち漬け(塩、麹、蒸し米で漬けたもの)もありますが、
塩焼きや味噌焼きものシンプルな味でも十分楽しめます。

雷魚とも呼ばれる鰰、秋田のみなさんのおかげで鰰を料理することができました。
とてもおいしかったです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81877542
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック