2013年12月04日

和食のイロハ 鴨

今回の和食のイロハは鴨でちょっとおしゃれな師走の料理です。
今日の料理.jpg

鴨について生徒さんとお話していると、
明治以前までは鹿、山鳥、猪、兎、熊など
いろいろな動物を狩猟して食べていたことが話題になりました。

鴨は水場で生活できるように脂肪は鶏肉より厚くなっているので、
料理のときには極力脂肪を落とし、溶け出た脂は紙でふき取ります。
鴨を焼く.jpg

生徒さんの感想は
「おかげでさっぱりとしながらも鴨のおいしい味が堪能できました。」

「大和芋の蒸し物もおいしかったです。」 

「家でも作ることができるのがいいですね」

鴨の値段は鶏肉よりは高いのですが、
鴨を地鶏などに変えても同じように出来上がります。

和食のイロハの応用はいろいろとできることをお伝えしました。

工夫しだいで自分オリジナルを作ってください。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81927134
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック