2014年04月27日

和食のイロハ 魚イサキ

今日は和食のイロハです。
この日は精進ではなく魚を使いました。

今の時期は鰹はもちろんおいしいのですが、
教室では切り身ではなく、一匹づけの魚料理をしたいと思いました。

今回はイサキの木の芽みそかけです。ウロコ、エラ、内臓を取り、
塩をして30分おきます。
塩焼き用.jpg

その間に「木の芽味噌」を作りました。
塩焼きしてから木の芽味噌かけ、軽く焼きます。

一匹の魚の料理で魚をいただくことはどんなことかを感じてほしいと思います。
カメラを背負ってます!.jpg

「今日はお祝いのような立派な魚ですね。
 しっかりときれい食べようと思います。」

伊佐木(いさき).jpg

いただいた感想は
「しばらくぶりに自分で作った魚料理、
 木の芽みそが塩焼きにおいしいですね。」

伊佐木(いさき)は築地場外市場で購入です。

 



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/94330013
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック