2014年02月16日

法話会

雪の後の風の強い一日でしたが
法話会も無事に終了できました。

「仏様の智慧]と題してのお話の後に
精進料理をご用意いたしました。

グリンピースや梅の生麩は春の先取りとして使いました。
でもこの寒さには蒸し物はかかせません。
白和え.jpg

加賀蓮根で揚げ団子を作りうどんと一緒に蒸しました。
お腹の中から温まる一品に
参加者の方から「おいしいです。」と声をかけていただけました。
蒸し物.jpg

いろいろなお話から精進料理に込められたメッセージを
実際に食べて実感していただけたと思いました。
料理.jpg

法話会のお斎.jpg

次回は6月15日(日)11時〜13時30分です。
皆様のご参加をお待ちしております。

posted by 寺庵 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋

2014年02月05日

如月精進料理を楽しむ会

今日はこの冬一番の寒さとなりました。

如月の精進料理を楽しむ会は
春の食材を使います。
白和えにはグリーピース
グリンーンピースと人参の白和え.jpg

精進天ぷらには独活(うど)と蕗の薹(ふきのとう)、
今が一番おいしい紅東。
ふきのとう.jpg

春の炊き合わせでは
梅の生麩を使います。
梅の生麩.jpg

春の炊きあわせ.jpg

寒さで背が丸くなっていますが
少し苦味のある野菜を食べて
身体が元気になっていただけると思います。

20140205184539_00001-2.jpg
posted by 寺庵 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋

2014年02月02日

聞香 香木に親しむ

7名の参加者の香木の会。今日は聞香です。
先生は開始1時間前から灰の用意をしていました。
灰出前.jpg

灰の温かさでわずかな香りを聞きます。
三つの香木が灰の温度で微妙に変化します。
初心者の人もすんなり香りを楽しんでいたようです。

その後は寺庵の精進料理に親しんでいただきました。
今回は如月、早春の精進料理です。
・グリンピースと炒りにんじんの白和え
・大根の胡麻みそ煮
・うどと菜の花の酢の物
・早春の炊きあわせ
・ふきのとうの天ぷら
・干し柿とチーズの天ぷら
・みそ漬け
・ご飯・
今日の精進料理2.jpg

用意をする.jpg

干し柿.jpg
posted by 寺庵 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋

2014年01月08日

お書初め

今日はお書初めの日です。
仕事帰りの方のために
19:00〜21:00の時間帯で行いました。
練習.jpg

先生から「楽しく書きましょう!」と声をかけていただきました。
書初めの半紙は長いので
いつもとは違う感覚です。
お手本.jpg

私の新年の抱負は「三昧」です。
約1時間半、集中と緊張であっという間でした。
1途中.jpg

字を書きながら自分と対話していました。
7枚の紙に一生懸命でしたが
とても充実できた時間です。
清書.jpg
次回は1月25日(土)13:00〜15:00です。
「筆ペンに親しむ」です。
ご参加お待ちしております。

posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋

2013年12月08日

書道教室 筆ペン講座

今日は記念すべき第1回
5名の生徒さんが集まり、
筆ペンで名前を書く練習から始めました。

はね、止め、はらいなどを考えて書きます
余白をとり、全体のバランスも大事です。

数回書いては先生にみてもらい、
赤字で修正をいただきます。
自分のくせがわかります。
今日の生徒さん.jpg

さっそく今年の年賀状は筆ペンで
宛名書きをしようと思いました。
書道教室1.jpg

次回は
1月8日(水)「毛筆でお書初め」
19時開始〜21時終了 
実際の書く時間は90分
参加費2,500円
宿題:来年の抱負を漢字で考えてきましょう。

1月25日(土)「筆ペンを使いこなそう」
13時〜15時
参加費2,000円
posted by 寺庵 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋

2013年12月01日

朗読の会 二

古典から女を読み解く 花の和歌より
和歌.jpg

今回は五人の和歌を朗読しました。
朗読の会の講師.jpg

小野小町、式子内親王、泉式部、大伴坂上郎女、番外で細川ガラシャ
今日の資料.jpg


朗読を聴いた後に参加者の方一人ずつ感想を述べていただきました。
1朗読の会.jpg

和歌にこめられた歌人の思いや
五人の女性の生き方などを参加者自身の中で受け止め、
共感やいろいろな感情がわきあがってきたようです。

古典の時代の人の感情は現代人も変わってないことが
この和歌の魅力なのでしょうか。

根岸さんの声の良さと寺の空間が
参加者をより一層古典の世界にすんなりと導いていったと思います。

次回は2月8日 14時〜です。
posted by 寺庵 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋

2013年11月24日

書道教室が登場!

寺庵の寺子屋に書道教室が加わりました。
毛筆、筆ペンなどを中心に開かれます。
硯1.jpg

書道の講師をお迎えして開かれます。

第1回は12月8日(日)13時〜15時
筆ぺん講座です。

参加費は2,000円
一味違う年賀状ができあがるのではないでしょうか。
募集は15名

来年からは写経も行いますので
皆様のご参加をお待ちしております。
阿弥陀様.jpg




posted by 寺庵 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋

2013年11月10日

香りの会 聞香  

今日は聞香の日です。
テーマは「香木に親しむ」です。

問香の香木の話、その歴史、聞き方の作法について学び、
実際に4種類の香木を聞きました。
香木.jpg

神経を集中しながら香りを聞き
自分の中にそのイメージを展開します。
灰点前1.jpg

灰点前2.jpg

頭の中が無にならないとわずかな香りで
イメージすることがとても難しいと思いました。
銀葉をのせる.jpg

普段、線香やお香の香りを身近に接していますが、
香りの中の精神を考えることは初めてでした。
問香.jpg

仏教に関係することはすべて精神と深くかかわり、
どう生きるかの問答に行きつくのではないでしょうか。

毎日時間が過ぎるのが速いと思っていますが、
時には聞香で頭の中を無にする時間があっても良いのではないでしょうか。

次回は来年になりますが
香木に親しみながら聞香について学ぶ時間を作ろうと思います。
posted by 寺庵 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋

2013年10月03日

朗読の会

古典から女を読み解く
大伯皇女編
田辺聖子著 文庫日記より
『あね・おとうと』
朗読 根岸里奈子さん

先日開催された寺子屋の朗読の会です。

寺子屋では最初に常國寺衆徒 浅尾妙綾がお経「重誓の偈」をあげます。
今回も参加者の皆さんが声を出して一緒に唱えました。
朗読の会1.jpg


古典の世界へ参加者をいざない、
当時と同じ時空へ導いたのは朗読家 根岸里奈子さんです。
朗読家 根岸さん.jpg


「最初にお経をあげたので、皆さんとの距離がなくなり
同じ舞台にのることができた気がします。」と根岸さん。
朗読中.jpg


根岸さんの声が本堂に響き、
神と仏の一緒の空間が広がりました。

朗読が終わり皆さんから感想を尋ねると、
熱い思いの話しで予定時刻より長くなってしまいました。

それぞれの思いで朗読を聴き、
昔も今も、人を思う気持ちは同じだと皆さんが感じたようです。

終了後の寺庵の手作りお菓子でまた話が盛り上がり、
最終は5時を過ぎてしましました。
おくわし.jpg
今回の和のスイーツは「さつまいもの揚げ炊き・生姜みつ」
一口食べると生姜みつの味がおいしい!と感想をいただきました。

次回の朗読の会は
11月30日(土)午後2時〜4時(終了予定)
題材は根岸さんにおまかせですが、源氏物語…でしょうか。

posted by 寺庵 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋

2013年06月19日

法話会と精進料理

法話会と精進料理のお知らせです。

6月23日(日)11時 開始〜13時30分 終了

『日常の中の仏教』

講師 浅尾太一 衆徒

12時より
水無月のお斎(精進料理)を会食

参加費:3,000円

まだ席が若干空いております。
ご興味のある方、是非ご参加ください。

睡蓮.jpg

青もみじ.jpg
posted by 寺庵 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋