2018年12月01日

師走 食の歳時記

食の歳時記も、師走の欄になります。
今回は、金沢の近江町市場から取り寄せた食材を中心に使います。

揚げれんこんと豆腐の五目あんかけ
揚げレンコンと豆腐の五目あんかbrog.jpg
加賀れんこんを素揚げにし、揚げた豆腐と一緒に五目あんをかけます。
シャキシャキしたれんこんと揚げだし豆腐が
野菜のたっぷりのあんにからまります。

干し大根の松の実白和え
干し大根葉の松の実白和えbrog.jpg
たくわん用の大根の葉が、一気に昇格です。
煎った松の実のあえ衣は、
コクがあり、薄味で炊いた大根の葉によく合います。
隠し味は、油揚げの素焼きです。

キノコたっぷり汁
きのこ汁brog.jpg
能登の椎茸となめこを使います。
舞茸、しめじや源助大根も入り
お腹から温まります

posted by 寺庵 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記

2018年11月05日

霜月の食の歳時記

春菊とほうれん草の菊花ゆず和え
ほうれん草との彩りと香りが、ゆずと調和した一品です。
ほうれん草と春菊の菊花和え-1.jpg
銀杏の入った飛竜頭の炊き合わせ
ぎんなんとにんじんの紅葉がかわいいと評判です。
銀杏がんもの炊き合わせ-1.jpg
納豆のはさみ焼き
パンのように見えますが、栃尾揚げにはさんでいます。
納豆に青紫蘇を刻み、はさんで焼いてます。
七味唐辛子としょうゆでいただきます。
外はカリッとしておいしく食べやすい一品です。
納豆のはさみ揚げ-1.jpg
posted by 寺庵 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記

2018年10月01日

神無月 食の歳時記

山の幸が豊かな秋です。
芋類やきのこなどが、おいしくなります。
small.jpg

長芋も青のりを入れ、天ぷらにすると、
いつもと違う味わいになります。
DSC_6069small.jpg

肌寒くなると
温かなお椀が欲しくなります。
DSC_5976small.jpg

posted by 寺庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記

2018年09月01日

長月 食の歳時記

夏の太陽が、そろそろ限りを見せて、
空も高くなり、吹く風も時より涼しく感じます。
ほっと一息つく時には、
ゆっくり食事を作りながら、
内側からメンテナンスをしましょう。

小松菜の炒り豆腐
春菊の炒り豆腐.jpg

大根とにんじんを使った菊の歳時記
DSC_5606small.jpg

少し甘いものが欲しい時には、
白玉団子の抹茶フルーツ添え
IMG_5975small.jpg
今日は、柿が入っています。

posted by 寺庵 at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記

2018年07月31日

食の歳時記 葉月

葉月の歳時記のテーマーは、「夏バテをしない精進料理」です。
夏野菜とちょっとピリ辛のカレー味、、そして納豆や長いものネバネバのもの
野菜をたくさん使い、ちょっと涼しさを感じる精進料理です。

HP冬瓜のかれーあんかけ-1.jpg
冬瓜のカレーあんかけ

夏野菜寒天寄せ-1.jpg
夏野菜の寒天寄せ

IMG_0930.jpg
檜山納豆と長いものあえもの
posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記

2018年07月01日

文月の食の歳時記

暑い時には、しっかりと食べなければと思いますが、
まだ暑さに慣れない時期なので、なかなか難しいと思います。

夏野菜を入れ、食感や清涼感を楽しみながら、
この季節を元気に過ごします。

「葛きりのからし酢みそ」
葛きり.jpg
透明でつるりとした葛きり、
からし酢みそを上にかけていただきます。
清涼感のある葛きりを
からしを入れて、ちょっぴり大人味にしています。

「なすの炒め梅みそ煮」
なす.jpg
油と相性の良いなすを使い、
ゆっくりと炒め
胡麻の入った調味料と、
梅みそで煮ます。
隠し包丁をいれているので、箸の通りもよく、
どなたでもいただけます。

「夏野菜のの五目炒り豆腐」
夏の五目豆腐.jpg
いつもの五目炒り豆腐に
トウモロコシ、を入れて炒めます。
最後にミョウガを加えると、
さっぱりした夏の五目炒り豆腐ができあがります。
おいしいですよ。


posted by 寺庵 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記

2018年06月01日

水無月の歳時記

六月に入り、少しずつ蒸し暑くなつてきました。
こんなときこそ、食のレパトリーを増やし
夏バテしない身体作りにしませんか?
ナスはなんたって油と相性が良いので
揚げ出汁にします。
大根おろしと汁が油が和らぎ、
消化にもよいです。
ナスの揚げ出汁
ナスの揚げ出汁.jpg

蒸しベビーコーンは
この時期だけです。
ギュッと味が詰まっています。
蒸して自然の甘さをだし、
ピーナッツあんは甘くなく仕上げます
蒸しベビーコーンのピーナッツあん.jpg

切り干し大根ときゅうりの胡麻酢和え
切り干し大根は煮る、和えもの、炒めても美味しいです。
胡麻酢と梅味が食欲をそそります。
切り干し大根ときゅうりの胡麻酢あえ.jpg
posted by 寺庵 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記

2018年05月06日

皐月食の歳時記

今月の歳時記は、初夏のころの食の歳時記です。
ほうれん草の生姜じょうゆ和えは、
炒り松の実を加えています。
少し目先の変わった一品です。
IMG_4353small.jpg

大根ときゅうりの甘酢和え、
彩りにお麩入れています。
さっぱりとした味が、
この季節に合っています。
大根ときゅうりの酢の物2.jpg

夏野菜の飛龍頭
中身はみょうがと新ごぼうです
みょうがが入ると
一気に夏の味わいです。
ホームページ.jpg
posted by 寺庵 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記

2018年04月02日

卯月の歳時記

卯月の精進料理

竹の子の木の芽和え
ほーむぺーじ用.jpg
毎年この季節は竹の子の料理はかかせません。
その代表は竹の子の木の芽和え。
山椒の新芽の香りと竹の子の甘みが
春を頭の中とお腹に感じさせてくれます。

かぼちゃの五目あんかけ
カボチャの煮物.jpg
日本かぼちゃを使い、五目あんをかけました。
かぼちゃに五目あんが調和し、
そして相性の良い野菜をたくさんいただけます。

菜の花とわらびの煮びたし
ほーむぺーじ3.jpg
春を煮びたしにしています。
菜の花とわらびを調味料と出汁でさっと煮ています。
一口いただくと春が口いっぱい広がります。

posted by 寺庵 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記

2018年03月01日

弥生の食の歳時記

三月に入り、急に気温が高くなり
タケノコの生長も早まりそうです。

弥生の歳時記は「桜」にちなんだ料理です。
春のお彼岸までには桜の開花があるのではないでしょうか。
桜の花麩.jpg
桜の花麩と菜の花の炊き合わせ

桜らちらし寿司.jpg
桜のちらし寿司

HPイチゴのアーモンドミルク寒天.jpg
アーモンドミルクのイチゴ寒天
posted by 寺庵 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記

2018年01月31日

如月 食の歳時記

寒い一日、食の歳時記では、春の食材が満載。

梅の型のにんじんとグリンピースを炊き合わせに作りました。
ひりょうず.jpg

竹の子を使った炒め物
20180131_0011-1.jpg

菜の花の辛子しょうゆかけ

20180131_0018-1.jpg
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記

2017年12月02日

師走の歳時記

胡麻豆腐
800年前から続く、おもてなしの精進料理
じっくりと胡麻に向き合うと、
おいしい胡麻豆腐が出来上がります。
IMG_1842-1.jpg
さつまいもの栂ノ尾煮
おいしく、きれいに仕上げてお正月料理に。
IMG_1832-1.jpg
五目飛竜頭
豆腐料理の中でも人気の一品。
外はカリッ中はフワッ。
IMG_1836-1.jpg
posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記

2017年10月31日

霜月 食の歳時記

きのう、木枯らし一号が吹きました。
これから秋も晩秋になり、
紅葉のも少しずつ吹き寄せになります。
それにちなみ
秋の吹き寄せを作りました。
菊の花びらも、ちぎれるように寒い風が強く吹いています。
秋の吹き寄せ-1.jpg


炒ったきのこが焼き豆腐の上にのっています。
きのこ三種はこの季節の旬です。
焼き豆腐の炒りきのこのせ-1.jpg

甘く煮た小豆がねっとりと炊いた里芋の上にかけてあります。
おかずか、スーイーツか迷います。
里芋の小豆添え-1.jpg


posted by 寺庵 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記

2017年10月02日

神無月の歳時記

十月に入り、急に朝晩は秋らしくなりました。
今回の歳時記の野菜は、
いつもより出回るのが遅く感じます。

栗と銀杏を使った、
きのこの栗和え。
hp.JPG

鳴門金時を使った、塩けんぴ。
いもけんぴ.−1jpg.jpg

菊の花の酢のもの、ほうきの実添え。
菊花なますJPG.jpg

彩りも良い食の歳時記です。


posted by 寺庵 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記

2017年09月14日

長月の食の歳時記

秋になり、空が高く感じます。
食材も秋の野菜たち。
柿なますブログ.jpg
柿なます
美味しい柿を使います。
春菊がアクセント。

すいとん.jpg
けんちん汁
里芋やれんこんなど
そろそろ根菜類が出回り始めています。
いろいろな野菜の美味しさが調和します。

なすごま汁.jpg
なすのごま汁
「秋なすは嫁に食わすな。」
いやいや、一緒に食べましょう。

posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記

2017年07月08日

葉月 食の歳時記

夏の食材がそろそろ旬を迎えています。
暑い夏をのりきるために滋養のある精進料理を紹介いたします。
今回は、塩、しょうゆの調味料が中心です。
ごーやの豆腐そぼろ和え.jpg
ゴーヤの豆腐そぼろ和え
生姜味をのきいいた豆腐のそぼろでゴーヤを和えます。
ゴーヤの苦味は生姜の相性と良く、美味しさに変わります。

トマトと万願寺の厚揚げの葛とじ.2jpg.jpg
万願寺甘唐辛子と厚揚げのトマトくずとじ
万願寺をゆっくり炒め、厚揚げを入れてトマトで煮ます。
葛で閉じるので、トマトの旨みが厚揚げに入ります。

枝豆ととうもろこしのごブログ.JPG
トウモロコシと枝豆の炊きこみご飯
ちょっときれいな色の炊きこみご飯、
枝豆とトウモロコシの色です。
もちろん美味しい塩あじです。


posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記

2017年06月01日

水無月の食歳時記

さあ、今日から6月です。
遅くなりましたが水無月の食の歳時記を更新します。

丸ナスの利休あん  揚げた丸なすはいつも田楽みそでいただきますが、今回は胡麻で作る利休あんをのせました。利休あんは田楽みそより甘くなくさっぱりめです。
丸ナスの利休あん−1.jpg


カリフラワーと空豆の葛とじ  どちらも名残の野菜ですが、本来のもち味の美味しさを感じます。昆布出汁としめじを使うことで平凡になりがちの葛料理がさらにおいしくなります。また。冷房で冷えた身体を葛でお腹から温めますのでこの時期にぴったりです。
カリフラワーと空豆の葛とじ−1.jpg


きゅうりとジュンサイの寒天ジュレの酢物  この時期は湿度の高さと気温の変化で体調をくずしがちです。
酢は口当たりがよく、また疲労回復にの一手です。
夏野菜の酢のものにツルンとしたジュンサイと酢のきいた寒天ジュレはのど越しが良く、
さらにいただきやくなります。酢の物が苦手な人にもおすすめです。赤いのはクコの実です。IMG_0438-1.jpg

posted by 寺庵 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記

2017年05月01日

皐月 食の歳時記

皐月は一年で一番過ごしやすい季節です。
新緑から深緑へと季節も変わります。

コゴミは春の野草です。新潟魚沼のものです。緑色がきれいです。
こごみのぴーなツ和え小.jpg

里芋の蕗みそは蕗のとうをゆでて刻んでみそと合わせて作りました。
里芋のふきみそ.jpg

ほろ苦いふきのとうが甘みそととても合います。

ペコロスの薄炊き じっくりと薄味のお出汁で煮ました。
野菜の甘みが昆布出汁でひきだされています。ペコロスタイタン.(小jpg.jpg
posted by 寺庵 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記

2017年04月02日

卯月の食の歳時記

このところ、寒い日が続き、
春の食材の出回りも遅い気がします。

今回の歳時記は
雪下人参を使ってきんぴらを作りました。
雪に下で保存をすることで
甘さが増します。
雪ノ下にんじんのきんぴら.jpg

空豆がやっと出回り始めました。
空豆と新じゃがのピーナッツ和え
空豆と新じゃがのピーナッツ和え.JPG
空豆がきれいな緑色です。

桜の時期も満開まであと一歩です。
寒くてなかなか咲かない桜に
想いを寄せて作った桜豆腐です。
桜豆腐.jpg
posted by 寺庵 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記

2017年03月02日

弥生の食の歳時記

三月に入り、まだ寒い日がありますが
桜の開花まで1か月を切ったかしらと、
ちょっと待ち遠しくなります。
一足先に春の食材でお花見用に作りました。
春の精進料理.jpg

白あえはピーナッツを和え衣で使い、
下処理したワラビが具材に入り、春の装いです。
わらびのピーナッツ和え.jpg

葉わさびのお浸しは、香りを残すように調理しました。
わさび菜の煮びたし.jpg

厚揚げとヨモギの煮物に新じゃがが入ります。
しっかりした味付けなのでお弁当にむきます。
スナップエンドウが彩りに入ります。厚揚げと新じゃがの煮物1.jpg
posted by 寺庵 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 精進料理の歳時記