2020年03月25日

五色団子のお供え

今日は父の祥月命日です。
亡くなったころも桜が満開でした。
ちょうど2年前と同じ
赤坂の桜坂は八部咲きです。

お供えには五色団子を作りました。
DSC_7639-1.jpg
なぜ五色かと言うと、
お釈迦様の象徴と崇められる仏旗の色が五色だからです。
紫はお釈迦様の頭髪の色、
白は歯、赤は血液、黄色は身体、緑は袈裟を表しています。

紫色はかたくりの花から色を出しました。
DSC_7616-1.jpg
あまりはっきりとは出ない色ですが、
春の花から作ることができてうれしかったです。
甘さも控えめなので
父も喜んでもらえたと思います。

ご馳走様です。


posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年03月22日

田せりの白和え

田せりを使った白和えです。
DSC_7609-1.jpg
香りを大切にするために
サッとゆで、白和えのあえ衣で和えます。
隠し味はたまりしょうゆを少し加えました。
posted by 寺庵 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年03月17日

お彼岸の入り 精進料理

今日から春彼岸です。
暑さ寒さも彼岸まで
と言われていますが、
まだまだ寒い東京。

とにかく春のお精進料理を作りました。
昨日購入のノカンゾウとフキノトウを天ぷらに加えます。
482CEDFA-5763-423D-9EC2-94960F7F3F34.jpeg
お供えは後でお下げしていただきます。
お供え.jpg
posted by 寺庵 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年03月15日

菜の花と春雨のあえもの。

菜の花のあえものを作りました。
今回は春雨を入れています。

A29E5E03-A9C1-4B59-B590-EDB04D19F011.jpeg

お皿の中は、菜の花を使った料理です。
サッと湯がいて春雨とあえました。
調味料は甘酢に胡麻油です。
昆布出汁で少しのばしました。
少し醤油を加え、味を引き締めてます。


posted by 寺庵 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年03月09日

竹の子とあおさの卵汁

今日は新もののアオサを使いました。
竹の子とアオサの卵汁です
春の香り磯の香りとともにおいしい一品です。
FC7646D5-28A6-4619-97EE-89489FD9C885.jpeg
posted by 寺庵 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年03月08日

春の天ぷら

春の精進天ぷらです。
9C392FCC-03AE-4E85-98A5-6564C6D7F350.jpeg
竹の子、タラノメ、ゴボウと三つ葉のかき揚げ
サツマイモの天ぷらです。
タラノメも早春。
おいしい!と一言。
posted by 寺庵 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

春の天ぷら

春の精進天ぷらです。
9C392FCC-03AE-4E85-98A5-6564C6D7F350.jpeg
竹の子、タラノメ、ゴボウと三つ葉のかき揚げ
サツマイモの天ぷらです。
タラノメも早春。
おいしい!と一言。
posted by 寺庵 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年03月04日

よもぎのぼた餅

お彼岸が近づくと、
ぼた餅を作ります。
三月はヨモギを使い、
草餅とは違う、ヨモギのぼた餅です。
DSC_7392-2.jpg
香りも春ですね。
posted by 寺庵 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年02月20日

よもぎ麩

春と言えばヨモギ餅や団子です。
まだ新鮮なヨモギには出会いませんが、
一足先によもぎ麩を使います。
010AF357-9A5E-4ED1-9579-4B2E4DB4139D.jpeg
両面を焼いて味付け白味噌をのせました。
香りも良く、春を感じます。
posted by 寺庵 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

よもぎ麩

春と言えばヨモギ餅や団子です。
まだ新鮮なヨモギには出会いませんが、
一足先によもぎ麩を使います。
010AF357-9A5E-4ED1-9579-4B2E4DB4139D.jpeg
両面を焼いて味付け白味噌をのせました。
香りも良く、春を感じます。
posted by 寺庵 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年02月17日

ほうれん草

今日はほうれん草でちょっと和えものを作りました。

IMG_8257-1.jpg

油で炒めた昆布に調味料を加えて
ほうれん草を和えました。

昆布の味がほうれん草に入り、
味も深くなりました。



posted by 寺庵 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年02月13日

里芋

そろそろ種芋になる里芋です。
味が濃くておいしい里芋が今食べらますDECF3CF7-5962-4FC0-96DC-C6BE95401B3A.jpeg
今日は煮っ転がしでいただきます。
子孫繁栄のさと芋、
おいしいですよ。
posted by 寺庵 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年02月08日

グリーンピースご飯

グリーンピースご飯
1B400AFA-9A2C-4F12-AD05-07BE3F6BF455.jpeg
今日の旬のご飯です。
posted by 寺庵 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年02月01日

如月 食の歳時記

季節は少しずつ変わり始めています。
もうすぐ節分ですね。

食の歳時記も春野菜が入ります。

ふきのとうと独活の天ぷら
DSC_7239ブログ.jpg
春野菜のほろ苦さを丸ごといただき、
季節の移り変わりを少しずつ感じます。

菜の花の辛子あえ
DSC_7231菜の花ブログ.jpg
シンプルに菜の花をおいしく感じます。
この季節の菜の花はとても行儀よいきれいな色です。
辛子の加える加減はお好みで。

生麩の揚げ炊き
DSC_7219巻き麩の揚げ炊きブログ.jpg
寒さが厳しい季節にちょっと味の濃いものがいただきたくなります。
生麩をこってりとした味に調理します。
posted by 寺庵 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年01月31日

今日は料理三昧

明日から如月です。
暦は大寒です。
光が少しずつ明るくなっています。

今日は料理三昧で食の歳時記の
料理を作りました。

早春の食材での調理は、
とても楽しいです。

季節は少しずつ春に変わっているのを
実感しています。
DA7B22FD-0B63-4BFD-940B-269EEF192AC6.jpeg55538DAF-6C4E-4F9D-83BB-19087534C9D7.jpeg
posted by 寺庵 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年01月09日

もやしの和えもの

さっと湯がいたもやしを
梅干し3個で和えます。
C35B30C6-A797-43BA-9F75-3646D546F375.jpeg
ほんのちょっぴりしょうゆを加えて
よく混ぜます。

あっと言う間に出来上がります。
お財布にもやさしい一品です。


posted by 寺庵 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2020年01月03日

睦月 食の歳時記

矢羽根れんこん
DSC_7045紅白矢羽根れんこん.jpg
紅白のれんこんを使い、射た矢は真っ直ぐに突き進む、未来へまっすぐ飛ぶ、縁起の良い形とされています。
薄紫の蓮根は、築地の米金さんで購入の「友弘れんこん」です。徳島県で作られるとても珍しい蓮根だそうです。

富貴寄せ
DSC_7065富貴よせ.jpg

DSC_7071たかたらづくし.jpg
いろいろな食材で作る縁起物です。特にお麩の形がユニークです。煮ものをこのように作るとかわいいですね。

菜の花の塩麹和え
DSC_7050菜の花の辛子和え.jpg
あえ衣に塩麹を加えました。早春の菜の花はチョッピリほろ苦いのですが、その味が和衣の塩麹に調和します。

posted by 寺庵 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2019年12月23日

曙大豆

曙大豆は山梨県身延町で
栽培している大豆です。

収穫量が少なく主に贈答用に
桐箱に入る枝豆です。
ゆでるととても甘いので
そのままゆでて食べても
十分においしいそうです。
0386A971-E5B5-4E51-9F1B-8F5D141419E4.jpeg
posted by 寺庵 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2019年12月18日

八つ頭の煮物

昨日の記事の八つ頭を
煮物でいただきました。

一つを40グラムほどに切り、
下ゆでしてから味付けです。
ポイントはサシスセソの順番です。
B83B57DE-CF77-4852-ABBB-6BC8D7AB63D5.jpeg
出来上がりは上々!
美味しい!
posted by 寺庵 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2019年12月15日

れんこん 2種

この時期のれんこんは大きくてりっぱなものが出まわります。
だいたい一節450gぐらいのものです。

今回は酢のもの二種類作りました。
れんこんの梅和え
CEDA26A9-A5B0-44F0-9C18-8DF09620BA63.jpeg
れんこんを甘酢で炒り、
梅干しの果肉で和えます。

れんこんの柚子酢
CD916929-F9B8-4BF5-A777-2C00B4DB4C45.jpeg
甘酢に柚子の果汁と皮を加えます。
どちらも保存が可能なので
大きいれんこんんもすぐ食べられます。
posted by 寺庵 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理