2018年05月25日

名残りの竹の子

今日は竹の子を使いました。
竹の子の季節は
すでに終わりに近づいています。
竹の子は,孟宗竹,真竹,破竹などが種類があり、
今回は石川の孟宗竹と千葉の破竹を使いました。
C2CAD3B8-A986-492E-84C4-60781AAB3F2C.jpeg
竹の子の炒めもの。
(孟宗竹)名残りの食材。

C02F4339-35F5-4604-B4B3-4ADAF83231B0.jpeg
竹の子のご飯(破竹)旬の食材

名残りや旬の竹の子を使うことで、
本来の味よりさら味わいが増します。
239C91ED-B45B-44FE-89A7-12202B05723B.jpeg

posted by 寺庵 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年05月21日

ぬか漬け

そろそろ蒸し暑い時期が近づいて参りました。
毎日の食事で、
酸っぱい漬け物が欲しくなる時期です。

今日は今年初めてのぬか漬けを用意をしました。
年始には大根のぬか漬けをしましたが、
今回は夏野菜を使い毎日漬けようと思います。

炒り糠を800g、塩80g、水600ml用意し、
IMG_0133.jpg
まず塩水を作り、一度わかします。
冷めてから、
容器に入れた糠に
IMG_0135.jpg
混ぜながら入れます。
IMG_0140.jpg
味噌ぐらいの柔らかさにします。
塩を振った野菜をぬか床に入れ、半日置いておきます。
今回はきゅうりとかぶを漬けました。
IMG_0143.jpg
最初は捨て漬けでも良いくらいに考えます。

野菜と糠がちょうど良いくらいまでなじむまで
1ヶ月は必要ですが、
気長に毎日かき混ぜながら糠床に手を入れます。
時々、糠床を食べてみて味を確かめます。

ぬか漬けは、ビタミンと乳酸菌と良いお付き合いができます。
おいしさと健康のためにお勧めです。

posted by 寺庵 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年05月20日

新じゃが

今日は新じゃがを素揚げにしました。

よく洗い、半分に切り、水気を取り
揚げ油に入れ、加熱します。
初めは弱火ですが、少しずつ温度を高くしながら
ゆっくりと揚げます。
IMG_0125small.jpg
竹串を刺してすっと通ればできあがりです。
ホクホク、アツアツの素揚げのじゃがいも、
パラリと塩を振りいただきます。
IMG_0129small.jpg
シンプルだけどおいしいです。
posted by 寺庵 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年05月17日

根パセリのスープ

先日、築地市場で購入した根パセリです。
97766BFE-E3C8-4C15-B623-6423E6974F48.jpeg
皮を剥き、スライスします、
玉ねぎと一緒に炒め、
コンソメスー プで煮ます。
塩少々で味を調えます。

最後にミルクを1/2カップ入れ、
沸騰しないように加熱します。
上からパセリのみじん切りをのせてl、
できあがりです。

D1BE7BBA-97E6-4C04-AF5E-2A0542B1A8EC.jpeg
posted by 寺庵 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年05月15日

こごみの炒め物 ミョウガ添え

先日購入のこごみを使い、
胡麻油で炒めます。
最初に下ゆでをしておきます。
味付けは割じょうゆ。
9CB19C3C-9ED8-4562-98CA-97AF7A52FC23.jpegl

posted by 寺庵 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年05月06日

皐月食の歳時記

今月の歳時記は、初夏のころの食の歳時記です。
ほうれん草の生姜じょうゆ和えは、
炒り松の実を加えています。
少し目先の変わった一品です。
IMG_4353small.jpg

大根ときゅうりの甘酢和え、
彩りにお麩入れています。
さっぱりとした味が、
この季節に合っています。
大根ときゅうりの酢の物2.jpg

夏野菜の飛龍頭
中身はみょうがと新ごぼうです
みょうがが入ると
一気に夏の味わいです。
ホームページ.jpg
posted by 寺庵 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年04月16日

胡麻の話

春菊の胡麻和えを作った時に、
レシピに「切り胡麻」の表現を使いました。
生徒さんたちから、
「切り胡麻とは?」と質問がありました。

胡麻の調理には、
いる、する、切る、ひねるなどいくつか使い分けます。
「する」

香りをたくさん使いたい、和えものにする、油がでるまでするなど、
状態の変化があります。

「切り」胡麻は包丁で細かく切るので、
香りがたちますが、すりごまほどではなく、
全部は切れないので。粒の形も残ります。

「ひねり胡麻」は親指と人差し指を使い、
胡麻をつまんでひねります。

今回は、切り胡麻をゆでた春菊に和えます。
生徒さんは、
「切り胡麻は初めてですが、
 とても面白いです。」
「小さな胡麻を包丁で切ることが
 ちょっと楽しいです。」
など、いろいろと感想をいただきました。



posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年04月10日

初夏の味

そろそろ、初夏の食材が出回り始めています。
空豆は、ゆでていただくのが、
一番美味しいと思います。
DSC_1286-d5559.JPG
形もユニークで、味もポクしていて
好きな野菜の一つです。

もずくも今年とれたものです。
DSC_1288.JPG
サッとゆで、新ものわかめl、
薄切りきゅうりで甘酢であえて、   
つるり、といただきます。

posted by 寺庵 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年04月07日

竹の子 

竹の子料理は、
若竹煮、木の芽和えが代表ですが、
炒め物もおいしい一品です。

特にしめじと一緒に炒めると、
竹の子の味がぐっと出てきます。
IMG_3939small1.jpg
味付けはシンプルで、
酒と薄口醤油とほんの少し、砂糖を入れます。

飛竜頭に竹の子を入れると、
春味のものができあがります。

ちょっと変わってケチャップでいただくと、
洋風の飛竜頭になります。
IMG_3866small.jpg
一つの食材でいろいろな味が楽しめます。
是非、お試しください。


posted by 寺庵 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年04月02日

卯月の歳時記

卯月の精進料理

竹の子の木の芽和え
ほーむぺーじ用.jpg
毎年この季節は竹の子の料理はかかせません。
その代表は竹の子の木の芽和え。
山椒の新芽の香りと竹の子の甘みが
春を頭の中とお腹に感じさせてくれます。

かぼちゃの五目あんかけ
カボチャの煮物.jpg
日本かぼちゃを使い、五目あんをかけました。
かぼちゃに五目あんが調和し、
そして相性の良い野菜をたくさんいただけます。

菜の花とわらびの煮びたし
ほーむぺーじ3.jpg
春を煮びたしにしています。
菜の花とわらびを調味料と出汁でさっと煮ています。
一口いただくと春が口いっぱい広がります。

posted by 寺庵 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年03月30日

花わさび

春に迎える短い短い山野菜、
花わさび。
DSC_1091.JPG
かわいい白い花をつけます。
わさびはつんとした香りが
心情なので、
熱湯をかけず80度くらいの
お湯をかけて下処理します。

冷めから、しぼり、調味します。
今回はしょうゆを少しかけていただきます。
DSC_1093.JPG
香りと歯わりが、
さわやかな春を感じます。



posted by 寺庵 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年03月29日

黒皮カボチャ

いつもお店で出回っているカボチャは
西洋カボチャです。
この写真のカボチャは日本カボチャの代表、
「黒皮カボチャ」です。
kuro.jpg
皮はごつごつしていますが、
包丁を入れるとすっと切れます。
IMG_3617.JPG
ほくほくではないので
煮物の場合はさっと煮ます。
煮る.jpg

posted by 寺庵 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年03月21日

桜のちらし寿司

お彼岸のお中日、外は一日中雨、時々雪交じりの雨。

せめて桜のちらし寿司で
阿弥陀様、ご先祖様にお花見をしていただこうと思いました。
IMG_3467small.jpg

今回は物相で
桜の花びら型、
IMG_3472small.jpg

ひょうたんの型にしました。
IMG_3485small.jpg

早く暖かい春になるようにと思います。
IMG_3469small.jpg

IMG_3475smll.jpg



posted by 寺庵 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年03月20日

お供えの精進料理

今日は本堂に精進料理をお供えしました。

昨日、竹の子を築地で購入したものです。
IMG_3417small.jpg
竹の子は皮付きのまま蒸し、
40分後はほかほかの竹の子ができあがりました。
保存はそのまま冷蔵庫で数日持ちます。

いつもはゆでる竹の子、
今回は築地の購入したお店で聞いた通りにしました。
ぬかも不要なので後処理が簡単です。

料理は竹の子ご飯です。
IMG_3440small.jpg

おいしくできあがり、さっそくお供えしました。



posted by 寺庵 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年03月19日

忙しい時のお助けメニュー

菜の花のからし和え
DSC_0934-57f4e.JPG
菜の花を2分くらいゆで、
2pに切ります。
ボールにしょうゆ、
和ガラシを入れよく混ぜます。

しぼった菜の花を加え、和えます。
少しほろ苦さとからしが調和した、
春の一皿です。


posted by 寺庵 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年03月17日

独活(うど)

独活は春の芽吹きのころ、店先に出回ります。
冬の独活と春の独活がありますが
この季節は春の「山ウド」の名前で店頭で見つけられます。
独活.jpg
料理法は、皮をむき短冊切りにし、
酢水にさらしてから酢味噌和え
胡麻和え、天ぷら、仕上げに白髪ネギのように切ってのせることもできます。

皮は炒めておいしくいただけます。

独活の大木という不名誉なことも言われますが、
すべて食べられ、根っこは煎じて薬になる。
捨てるところがない独活です。
うどの梅和え.jpg
春野菜として香りと歯ざわりを楽しみませんか?
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年03月01日

弥生の食の歳時記

三月に入り、急に気温が高くなり
タケノコの生長も早まりそうです。

弥生の歳時記は「桜」にちなんだ料理です。
春のお彼岸までには桜の開花があるのではないでしょうか。
桜の花麩.jpg
桜の花麩と菜の花の炊き合わせ

桜らちらし寿司.jpg
桜のちらし寿司

HPイチゴのアーモンドミルク寒天.jpg
アーモンドミルクのイチゴ寒天
posted by 寺庵 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年02月14日

僧侶の遊び心から作られた、たぬき汁

題名からしてなんだろう?と思いますが、
精進料理では「たぬき汁」と言う料理があります。
昔はたぬきを在家では食べられていましたが、
精進料理では、
ナマグサの物は禁忌なので、
「コンニャク」をたぬきの代わりに使いました。

江戸時代、徳川綱吉時代の料理書では、
コンニャクがすでにたぬきの肉の代わりに登場してしています。
『ゆでて、たたいて、つみ切って、鍋に入れてすればよい』
とてもかわいそうな感じですが、
コンニャクの話なので、大丈夫。

今回、このコンニャクはデパートで購入のものなので、
しっかり作られたものです。

コンニャクは箸でつついて、つつき、ちぎりました。
表面積が増え、味がしみやすくなります。
そして喉につまりません。
材料.jpg

ごぼうのささがき、しいたけ、こんにゃくを炒め、出汁に入れます。
そして、さつまいもの団子を素揚げにしたものを加えて
みそで味つけ。
いただく時は七味唐辛子を少しかけます。
たぬき汁.jpg
江戸時代の僧侶の遊び心からできた料理とも
本には書かれています。
そして、寒い日にいただく温かい汁とも書かれています。

ご馳走様です。

posted by 寺庵 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年01月31日

如月 食の歳時記

寒い一日、食の歳時記では、春の食材が満載。

梅の型のにんじんとグリンピースを炊き合わせに作りました。
ひりょうず.jpg

竹の子を使った炒め物
20180131_0011-1.jpg

菜の花の辛子しょうゆかけ

20180131_0018-1.jpg
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2018年01月27日

りんごとバナナで精進おやつ

今日は和歌朗読の日です。
DSC_0053.JPG

朗読終了後のおやつは、
りんごとバナナの辛子みそ和えを出しました。

DSC_0030.JPG
りんごの酸味とバナナの甘味が、
白みそに合います。

男性のかたから、「お酒に合うね」と
感想をいただきました。

ありがとうございます。
ちょっといつもと違う精進おやつです。


posted by 寺庵 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理