2008年10月17日

10月の食育@

港区の児童館で食育の料理教室をしました。
参加者は小学生の1年から5年生まで17人。
作ったのは「かぼちゃ点心」

かぼちゃを使った餃子です。
クリームチーズも入っているので
チーズの味がするおいしい餃子です。

参加者は餃子の皮を使って
三角形や団子の形までいろいろと作りました。
そしてホットプレートを使って焼きました。

かぼちゃの点心

かぼちゃの点心

参加者が食べている間に
「旬を知ろう!秋に出回る食べ物クイズ」をしました。
まず、旬とは?と質問しました。
すると5年生は「その季節にたくさんとれる食べ物」と
答えました。
さすが5年生!でもあと1歩。
「旬には栄養もたくさんある」と私から付け加えました。

クイズは紙に書いた食べ物がいつの季節か
あててもらいました。
イチゴは春だけれど、冬でも食べられる!
竹の子は夏?
でもさんまとまつたけはすぐに「秋」と言ってました。
高級食材がわかるなんて・・・・

最後に大きいかぼちゃをみんなの前で切りました。
半分に切ったかぼちゃと、種を取る様子も見てもらいました。
ふだん小学生はかぼちゃの種を取ることは見る機会がないので、
おもしろそうに目がキラキラしていました。

「野菜は嫌いだけれどかぼちゃの点心はおいしい!」
とおかわりをした小学生もいました。

旬 秋の食べ物

絵で見る秋


posted by 寺庵 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育便り

2008年10月05日

東京都栄養士会 地域活動部会

9月27日に研修会がありました。   
私は運営役員としての参加です。
研修会は影山なお子先生の
「食コーチング®」入門です。
10時から16時までの1日研修。
21人が参加です。

最初は自己紹介から始まりました。
話し方、姿勢、声の出し方など
丁寧なコメントをいただきました。
   
影山 なお子先生
影山なお子先生

「食コーチング®」の勉強で次のことを学びました。
「食コーチング」とは。
今までの栄養指導からこれからの食事相談へ体系化。
「食コーチング」の特徴。
「食コーチング」のスキルの基本
食事相談を担当する人の資質。
演習として野菜350g実際。
栄養バランスとは。
食のものさしとは。など

1日入門コースの研修会で
たくさんのことを学びました。

私はこれからはきめつけ型の栄養指導から
クライアントを後押しできる食事相談をしたいと思いました。
そのために必要な知識や情報を収集したり、
話し方、身だしなみ、表情、ファッションセンスなども磨きたいと思います。

「食コーチング®」は何度でも学びたいスキルだと思いました。

野菜350g!   野菜350gはどちらでしょうか?
野菜、350gかな?       野菜、350gはどちら?

posted by 寺庵 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育便り