2018年10月16日

秋田名物を。

秋田音頭の中の、
歌詞に出てくる名物の一つ、
「檜山納豆」をいただきました。
DSC_6249small.jpg
大粒の納豆はわらに包まれています。
このわらを調達するのも難しくなっているそうです。

大豆の味と納豆の風味が良いのが特徴です。
塩を少しかけていただくのが
一番おいしいと思います。

もう一つ、
「白神ねぎ」
small.jpg
太くてしっかりとしたねぎ。
見るからに美味しいそうです。
熱を加えるとやわらかく、刻みも汁ものにもなんでもおいしいねぎです。
網焼きで、みそをちょっとつけて食べるのが本場の美味しい食べ方とか。
DSC_6254small.jpg

真ん中で切ると、切り口からすぐ水のようなものがしみ出ます。
白神の水を吸って大きくなったのでしょうか。水分が多いようです。
今日の夕飯は、青い部分は刻んで檜山納豆と一緒にいただきます。
あとの白い所はみそ汁に使います。
ねぎを食べて風邪知らず!なんて思います。
posted by 寺庵 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年10月11日

丹波篠山の黒枝豆

丹波ささやま農業協同組合の
黒枝豆をいただきました。
DSC_6129-1.jpg
大豆の未成熟の豆として栽培されますが、
野菜の仲間です。
秋の終わりごろ、収穫する枝豆です。
丹波枝豆.jpg

よく洗い、塩をまぶして、水からゆでます。
やわらかくなったら、ざるに取ります。

しっかりした味の枝豆です。


posted by 寺庵 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年10月10日

青空と京都

季節が良いと、
青空はきれいに澄んで、
空気もさわやかに感じます。
57B341EF-DE45-4D15-9364-174F207D284D.jpeg

BC18F53C-B6EF-463F-85CC-F003D155EB53.jpeg

台風の被害も受け
庭の様子も、 少し変わっているようです。
7A1E5D81-08DC-47D2-A510-D5518EB244FB.jpeg

でも、ドウダンツツジは、
そろそろ、紅葉のしたくをしているようです。
1E5F34D8-F44E-4057-A9FC-832D030654EC.jpeg
posted by 寺庵 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年10月09日

富士山

今日は京都へ研修で出かけます。
朝は6時ころ家を出て、
帰りは17時半には東京に戻ります。

新幹線の中の楽しみは、富士山の撮影です。
今朝は久しぶりの晴天の中で、
きれいな全景の写真が撮れました。
D5988A92-46F3-40DE-886D-5FE72EF146F8.jpeg
ちょっと今日はいい日かも!なんて思います。
8CAB7FFC-C168-4C33-A52C-C0F46CA20A77.jpeg
帰りは水蒸気の関係で、
全く姿がみえません。
22B9615E-0BE7-4852-AF82-BB78C7010788.jpeg

あの橋の向こうから、
あの建物の後ろ側からなどと
富士山の姿を想像した秋の夕暮れ。
CDDCF900-53B7-4447-989C-B8F48B0A8DA2.jpeg
今朝の富士山占いは
当たったかなと思いながら
外の高速で流れる景色を眺めています。




posted by 寺庵 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年10月03日

落花生

千葉のぴなっピーナツは全国的に有名です。
特に今は、「おおまさり」と言うピーナツが出回っています。
IMG_1749.JPG
ゆで方は、
おおまさり  500g
水 800ml
塩 20g

鍋に水を入れ、洗った殻付きのピーナツと塩を入れ
火にかけます。

沸騰後、弱火にし、ふたをして30分ゆでます。
少し冷めたらざるにあけて、湯切りをしてできあがりです。

ゆでたては、食感もありおいしいです。
冷蔵庫内で3日持ちます。
生の落花生は、冷凍庫で保存可能です。

posted by 寺庵 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年09月28日

秋晴れに、秋の精進料理

食材は、秋の食材、リンゴ、栗、ぎんなん、菊の花、しめじ、ごぼうなどを使います。
DSC_5927small.jpg
ほうれん草とリンゴのごま和え

DSC_5929small.jpg
ごぼうの白煮

DSC_5932small.jpg
ひじきの煮物

DSC_5925small.jpg
山路ご飯(紅葉狩り)

DSC_5924small.jpg
今日の精進料理
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年09月22日

地の恵み

アッという間に彼岸花が咲き、彼岸の中日を迎えます。
DSC_5797彼岸花.jpg

常國寺の井戸水は江戸時代から使っていますが、
霊南坂の町内では、唯一の湧いている場所です。

残念ながら飲料水ではないのですが、
夏は冷たく、冬は何となく温かく感じる
地の恵みです。
DSC_5795small.jpg
細々でも使える井戸水に、
感謝をしながら
日々、庭木の水やりに使います。
リンドウ.jpg
おかげさまで水と太陽と風により、
今年は大きなみかんがなりました。
青みかん.jpg
今年の暑さに耐えたのも、
井戸水のおかけでだと思います。


posted by 寺庵 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年09月19日

栗の季節です!

お檀家さんから栗をいただきました。
大きい栗を2kg。
茨城特産「利平栗」です。
DSC_5727small.jpg
(写真は1s)
栗ご飯、栗の甘露煮、煮物など
いろいろな料理に使います。

明日から秋彼岸。
まずは阿弥陀様に、
栗ご飯からお供えしようと思います。
posted by 寺庵 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年09月17日

秋の中

初秋ではなく、
秋も中ころにさしかかっています。
31292A6B-67F6-4C16-9240-97DD3024733B.jpeg

02DA0937-7B27-414A-B519-70ADF094001C.jpeg
虫喰い葉っぱも紅葉です。

435A7A3F-9959-45D7-B1AE-67E483D7FE48.jpeg
どんぐりが風で、バラバラと落ちてきます。
ちょっと痛いので、帽子をかぶります。

1D5F816F-C0F7-4072-A765-DBDC2B7228C7.jpeg

71890E9A-8F46-436C-8B99-1B6DD6CE967A.jpeg
そろそろキノコの季節、
ふと、お鍋料理が恋しいと思います。


posted by 寺庵 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年09月16日

秋を求めて。

秋を求めてちょっと出かけています。
D2364A8F-F176-40A9-87CD-D8305F1274A8.jpeg

先月までの猛暑から、
秋へいっきに変化します。
B6EDA741-BA99-46C8-9CA7-7FFB5C087407.jpeg

紅葉もすでに始まってます。
F9F10C02-7D44-4063-B6AF-FB80D8C53C1A.jpeg

一雨ごとに、進む季節、
風邪をひかないように、
体調管理をしなければと思います。。

posted by 寺庵 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年09月14日

お茶の時間です。

この季節は、和菓子も洋菓子も楽しみです。
柿は青柿。ねりきりが上品な味でおいしいです。
抹茶にあいます。
739770C9-AEC2-4C1A-84C5-181849FA3782.jpeg

和栗のモンブランももちろん美味しいのですが、
私はロールケーキが好きです。
季節の果物がいろいろと入っているからです。

DF7C6627-6B89-4524-BD20-49BEC7186379.jpeg

お茶も大切なひと時。
リフレッシュして、さあ次に!
posted by 寺庵 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年09月12日

秋の食材

明日使う食材です。
秋もだんだんと深まってきました。
店には、今年とれた秋刀魚、鮭、
栗や銀杏が並んでします。
DSC_5679栗.jpg

銀杏.jpg

松茸も国産のものが、
出回り始めています。
2本で19,000円です。

うーん、高い!
posted by 寺庵 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年09月10日

柿のおやつ

熟した柿を使ったおやつです。
−1柿.jpg
裏ごしをして、
シャインマスカットを切り、
無糖のヨーグルトをかけ、
上から裏ごし柿を上からソースのようにかけます。
IMG_1614デザート.jpg

IMG_1611デザート2.jpg

甘い柿がシャインマスカットと
ヨーグルトの酸味にとても合う一品です。

posted by 寺庵 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年09月09日

秋の生け花

今週は生け花は、
栗が入っています。
ECDC7643-64E4-4AF0-959A-92F95DBFD2F5.jpeg
他には、リンドウ、ケイトウ。
6738DE56-1D70-4034-BC9F-9264FFBAC590.jpeg

今日は重陽の節句。
菊を愛でる日です。
しかし、菊より栗が食べたいと思います。
やはり「食欲の秋」だからでしょうか。
posted by 寺庵 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年09月08日

季節は秋に。台風

台風が過ぎてから、
二百十日と言うことを思い出します。

空の雲もとっくに秋の空です。
毎日高温で、クーラーの部屋で一日中いたので、
どこか鈍感になっていました。
D16E8C4C-F497-4CFD-BC55-D803716C883A.jpeg
虫の音や、空の色、違ってきたことを
毎日感じて過ごしたいです。
2F07416C-E82D-4DBB-9796-50CD655E7019.jpeg

5853F6F2-302C-42F3-9692-9CD0AFE03471.jpeg

天高く馬肥ゆる秋。
新米が美味しいですね。




posted by 寺庵 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年09月07日

豊洲新市場

高速道路から見た、
豊洲新市場です。
1BB42543-37D6-4FEF-959D-1920D075EDE1.jpeg


広い敷地のようですが、
先日の台風のようなことがあると、
心配です。

89D48928-E1C3-4446-81F3-FDE835EE529B.jpeg


浸水、風対策など万全でいて欲しいです。
なんたって、東京の台所ですから!
posted by 寺庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年09月02日

広島研修

前泊で広島入りしました。
228590E9-72CB-412F-8A94-E813F7560177.jpeg
東京湾

18BE541D-E90A-4FC1-9E4C-E26AF3A0208A.jpeg
しまなみ海道、生口島、オリーブの実

18ACED74-12B4-4DA4-B892-7B842E674555.jpeg
傘をささない程度の天候です。生口島にて。

今朝は晴天です。
6B7A22F5-520C-4BBD-A6E5-8184C74B120E.jpeg
広島空港の近くのホテルです。

FF267E07-2F3C-4E86-8A63-F8DA119225C6.jpeg
コスモスが秋を運んでくれました。
posted by 寺庵 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年08月23日

ごのぼうの甘酢煮

新ごぼうを使った料理です。

シャキシャキの食感を残しています。
甘く、辛い味が好まれるごぼうですが、
今回は、炒めたごぼうを酢で煮ています。
ごぼうの甘酢煮.jpg
「味が濃くないので、たくさんいただけます。」

トマトのそうめんは、
とまとそうめん.jpg
「とまとでこんなに美味しい味になるとは思わなかったです。」
と生徒さん。
今日の精進料理.jpg

ご馳走様。

posted by 寺庵 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年08月19日

漬け物二種類

那須でとれたナスをいただきました。
珍しい長なすなす。
那須のなす.jpg
半分をぬか漬けにします。
後は炒め物。

小さいキュウリはぬか漬けと
浅漬けです。
きゅううり.jpg
塩して、しばらくおき、
昆布だしに入れて、1時間後にいただきます。
きゅうりの浅漬け.jpg
暑い時には、さっぱりとしたお漬け物がいいですね。
posted by 寺庵 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2018年08月16日

小布施 北斎館2

帰宅後、小布施で訪れた「北斎館」のパンフレットをみながら、
とても面白い所だったと改めて思いました。
IMG_1131.jpg

今回の企画展「面白すぎる!北斎漫画の世界」
IMG_1134.jpg

今まで知らなかった「北斎漫画」です。
『江戸時代に漫画といえば、漫然と描くもの、
 つまり、筆のおもむくままに描いたものという意味でした。』

北斎が描いた漫画は、絵手本として版本で量産し、
多くの人に手渡されて、絵の勉強本となっていたのには驚きます。

当時の人の暮らしぶりもわかり、
今と比較しながら見ていくと、
とても興味深いものがあります。

たとえば、この暑い時期に
すでに腹巻のような浮き輪で海水浴を
していたようです。
IMG_5515北斎館新聞.jpg

企画展は、9月9日までです。
きれいな線で描かれています。
機会があればまた見に行きたいと思います。




posted by 寺庵 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ