2016年07月22日

冬瓜の田楽

夏の野菜に冬瓜がありますが、
この冬瓜、古くからある野菜で暑い時に収穫され、
冬まで持つのでこの名前があります。

色は緑色、ラグビーボールのような形をしています。
味はこれといったものがないので
汁もの、田楽をのせるかだいたい二種類の味のつけ方があります。

皮も堅いのである程度切ってから皮をむいた方がよいと思います。
また、面とりをすると煮くずれずきれいな形になります。
切る.jpg

冬瓜1.jpg
田楽みそは白みそと赤みそを作ります。
多めに作るとナスの田楽にも使えるので重宝します。
混ぜる.bmp
下茹でした冬瓜を炒めてから上にそれぞれみそをおき、
上から炒り胡麻をちらしでアクセントをつけます。
炒める.jpg
のっぺ汁もおいしいいのですが
ちょっとパンチのきいた一品です。

生徒さんは
「冬瓜は初めてですが、コクの出るように炒めることや、
田楽みそをのせていただくので、おいしく冬瓜が食べられました。」

皮むきがちょっと大変でしたか?
厚くむいたほうがおいしいですよ。
田楽冬瓜の.jpg
ご馳走様でした。


posted by 寺庵 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年07月09日

精進料理の味

精進料理は五味:甘い、辛い、酸っぱい、塩辛い、苦い 
五法:生で食べる、焼く、煮る、蒸す、揚げる
五色:赤、青、黄、白、黒
を使い作られます。

そして味にはもう一つ、淡い味があるとされています。
今回の淡い味はトマトの寒天寄せで感じられます。
生徒さんからは、
「トマトの自然の味がしますね。」
とご試食の時にいただきました。
とまと寒天よせ.jpg
一方、味の深みは
賀茂ナスの田楽みそでは
「賀茂ナスの深い味がします。」
こちらは食材の本来の味が昆布出汁によって深い味わいになっています。
淡い味ではないけれど出汁によって引き出された味です。
IMG_0495-1.jpg
精進料理の味わいを時に感じられる二品です。
IMG_0501.JPG

ご馳走様です。
   
posted by 寺庵 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年07月08日

夏のお膳

「今日の献立は夏らしいですね。」と生徒さん

旬なもので作るので、自然に夏の献立になります。
味つけもこの季節を過ごすため必要な調味料が加わります。
夏のお膳.jpg
きゅうりになす(体を冷やすと言われる食材)
なすときゅうりのみそいため.jpg
トマト(夏の太陽で熟したものを使う)
とまと寒天よせ.jpg
甘長唐辛子(ぴりっと辛い唐辛子は食欲のない時のお助けもの)
万願寺とうがらし.jpg

季節にあったものをいただけるのは、今はぜいたくであり、
ご馳走です。
しかし、特別な食材ではなく、手間をかけ、ていねいに作ったものです。

生徒さんに感謝をし、「ご馳走様でした。」
posted by 寺庵 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年07月04日

体験の精進料理

朝からとても蒸し暑く、
台所の扇風機も頑張ってます。

今日は体験で精進料理を作りました。
こんな日はちょっと簡単にと思いましたが、
この季節と精進料理ならではのものを献立にのせました。

そして、無駄を省き、手間をかけて出来上がりました。

おからと油揚げのおいしさと、
炒りおから.jpg
トマトの旨みを感じ、
トマトと厚揚げの葛とじ.jpg
夏の白和えのこしらえ方を体験していただけました。
にんじんといんげんの白和え.jpg
「家にあるもので、できる料理なのですね。」
「今度の休みの時に作ります」と
生徒さん。
今日の精進料理.jpg
ありがとうございます。
ご馳走様です



posted by 寺庵 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年07月02日

四季の精進料理

「夏の精進料理は?」と聞かれ、
食材は夏に旬を迎える野菜を使います。
具体的には何かというと・・・・献立がたくさんあるので
困ってしまいます。

夏野菜は旬が長いのでナスにしようか、きゅうりにしようかと考えて、
トマトの寒天寄せにしました。
tomato.jpg
そして白和えでは重たく感じる和え衣に
少し酢を加え味を軽くしてみました。
炒りにんじんの白酢和え.jpg
最後に夏野菜たっぷりのソーメンは豆乳の味でいただきます。
夏野菜の豆乳そうめん.jpg
「旬の野菜を使った料理を食べるのがうれしいです!」と
感想をいただきました。
si四季の精進料理.jpg
ありがとうございます。
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年07月01日

誰でも作れる精進料理

「精進料理は難しそう」とよく聞きますが、
食材に向き合い、ていねいに作れば
世界中どこでもでおいしい精進料理が出来上がります。。

作るヒントは「キモチ」だと思います。

今回南米から来日の方が2週間の間で
3回寺庵で精進料理を作りました。
刻む.jpg
初めての食材は切り干し大根とかんぴょうです。
巻く.jpg
かんぴょうの説明は少々難しかったのですが、
なんとか元の形をイメージしていただけました。
切り干し「大根の稲荷巻き.jpg
初対面の生徒さんも英会話で楽しんでいらっしゃいました。
三人で日本の文化や料理ついて語りながら
あっと言う間の3時間がすぎました。
きゅうりナスみそ.jpg

今日の精進料理.jpg
今回「作るキモチ」をたくさん感じる、
海外からの生徒さん、
帰国後も楽しんで作りたいと笑顔で帰りました。

もしかしたら来年は南米へ精進料理のレシピと食器を持って行くかもしれません…?
posted by 寺庵 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年06月27日

ひさしぶりの精進料理

今日の生徒さんは、久しぶりの参加です。
「手間がかかるけれど、その分
美味しく感じます。」と生徒さん
IMG_0475-1.jpg
おから稲荷がかわいくできあがっています!
IMG_0477-1.jpg
「炒りおからが特においしいですね。」
DSC_0511-1.jpg
おからの炒り具合がポイントです。
今日の精進料理.jpg
zultuki-ni.jpg

ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年06月22日

千両ナスがおいしい!

夏至も過ぎ、
本格的な夏へまっしぐらの気がします。

夏野菜の代表格の一つ、
なすが美味しくなって来ました。

ナスは種類も多く、長ナス、賀茂ナス、米ナス
水ナスなど地方の特有のなすがあります。
しかし、今回は千両ナス。
一番よく見かけるナスです。
油と相性が良いので今回は揚げました。

一緒に万願寺の甘長唐辛子を使います。
肉厚の万願寺と千両ナス
ナスと甘長唐辛子の揚げびたし.jpg
夏野菜のおいしい一品です。
「もう揚げナスの季節なのですね。」
IMG_0429-1.jpg
と生徒さん。
油で揚げるとナスの色がテカッときれいです。

ご馳走様です。
精進料理.jpg



posted by 寺庵 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年06月21日

和食でもトマト

トマトのブログ第2弾です。今度はお料理編。

この時期の美味しいトマトは生でも加熱してもおいしいものが手入ります。

厚揚げと炒め煮をするとトマトの旨みと煮汁の昆布出汁の旨みが
合わされることで、より美味しい一品ができあがります。
厚揚げ.jpg
相乗効果とも言いますが、
トマトの旨みが和食でもこんなに美味しくなるのかと
知らない人も多いと思います。
厚揚げとトマト葛とじ.jpg
生徒さんも、「色もきれいで美味しい料理ですね。」
料理中.jpg
ありがとうございます。
料理のポイントはトマトの旨みの引き出し方です。
精進料理.jpg
ご馳走様です。


posted by 寺庵 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年06月18日

築地ツアー2

約1時半の築地ツアーの後は
寺庵で料理教を開催しました。
1盛りつけ.jpg

なすと万願寺の揚げ浸し.jpg

おから稲荷の盛り付け.jpg

おから稲荷.jpg

アスパラの梅長いも和え.jpg

今日の精進料理.jpg

ご馳走様でした。

posted by 寺庵 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年06月15日

もったいないからアスパラ三種 

今日はアスパラガスの料理が三皿あります。
アスパラガスのすり流し、
アスパラのすり流し.jpg
アスパラガスの梅長いも和え、
アスパラ三種.jpg
アスパラガスのすり流しの残りを海苔で巻いて揚げたもの
アスパラの磯辺巻き.jpg
これは、すり流しを作る時に裏ごしに残ったものを
裏ごし.jpg
海苔に巻いて揚げたものです。

生徒さんの「もったいない、何かできませんか?」の話から作りました。
けっこう美味しいものです。
何もつけずにパクパクと食べられます!
一工夫で出来上がった一品に
生徒さんも私も満足です!

今日も美味しい精進料理が出来上がりました。
「アスパラは和食にも、洋食にも合うのですね。」と生徒さん
今日の精進料理.jpg
そうですね、
もう少しで旬は終わりますが、他にも何か作りましょう!
ご馳走様でした。
posted by 寺庵 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年06月14日

夏に作る精進料理は。

今日は一日蒸し暑い日です。
こんな時には、
ナスと甘長唐辛子の揚げびたしがおすすめです。

なすと甘唐辛子の揚げびたし.jpg
素揚げの野菜に大根おろしをのせて、
横から少し濃い目の汁を注ぎます。

夏大根は少々辛めですが、
汁と一緒に食べるので気になりません。

夏に胡麻豆腐作りは少したいへんですが、
リクエストもあったので作りました。
ごま豆腐.jpg
生徒さんたちは、「こんなに大変!とは思わなかったけれど、
すった胡麻の変化が面白かったです。」
ごま豆腐の出来上がり.jpg

「おいしい!」と皆さんの感想です。

今日の精進料理.jpg
そして、食べながら
「久しぶりにていねいに作り、
ゆっくり味わいながら食べました。」

「精進料理にちょっとふれることができて良かったです。」
など感想をたくさんいただきました。

ありがとうございました。
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年06月11日

手作り

全て手作りの精進料理
今の時代ではとてもぜいたくな料理だと言われています。

毎年季節が変わるとそれにともない、
食材も少しずつ入れ替わります。

ゆっくりとていねいに手作り、
味わいも深く心に響きます。

そして季節の移ろいを食べることで感じます。
IMG_4104-1.jpg
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年06月03日

伝えたい気持ち

今日はちょこっと入門の1回目です。
最初に精進料理の歴史から始まりました。

伝えたいことは、精進料理は「命を大切にする料理」です。
ちょこっと入門でも食材の選び方、下ごしらえ、調理法、盛り付けをします。
おから稲荷.jpg
おから稲荷

れんこんのきんぴら.jpg
れんこんのきんぴら

アスパラの梅長いもかけ.jpg
アスパラの梅長いもかけ
生徒さんから、朱塗りの器の使う意味や、主菜、副菜で分かれているかどうかなど質問もありました。


一生懸命に刻んでいると集中して無言になりました。
刻む.jpg
作りながら、先人の知恵がいかされ、さらに長い年月をかけて
今の精進料理になっているのを体験していただけたと思います。

生徒さんからは「ていねいに作り、食べることで心がある料理だと感じました。」
と感想をいただきました。
今日の精進料理.jpg
また、生徒さんからきゃらぶきをいただきました。
ご飯が進むおいしい一品です。
キャラブキ.jpg
ありがとうございます。
ご馳走様です。

posted by 寺庵 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年05月14日

英語で精進料理

英語で精進料理を開催しました。
精進料理の理念や食材までお話をしながら料理をしました。
DSC_1059-9bfe3.JPG
こんにゃくのイチゴに興味を持っていただけました。
DSC_1061.JPG
帰国後もまた作るそうです。
こんにゃくの代わりに豆腐を紹介しました。


posted by 寺庵 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年05月07日

コンニャク

コンニャクは下ごしらえと料理の仕方で
グッとおいしい料理になります。

コンニャクはコンニャク芋に水酸化カルシウムを加え、
加熱して作ります。この香りが魚くさいとアメリカで言われました。

この独特の香りの軽減方法は水からゆでて使います。

もう一つ、箸でつつき料理をすると表面積が増えるので味が付きやすくなります。
このひと手間がおいしくなる秘密です。
コンニャクと小松菜の炒めもの.jpg
今回のは昆布出汁、みりん、薄口しょうゆを使います。
「こんな少ない味付けでしっかりと味がついて
おいしいですね!」

「こんにゃくが豚肉のようです。」
ええー?そうですか。初めてのコメントです。

そして、食後にはうれしい感想をいただきました。
「身体にすっと入って充分満足な料理ですね。」
今日の精進料理教室.jpg
ありがとうございます。
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年05月06日

精進料理でコロッケ作り!

精進料理でにんじんコロッケを作りました。
にんじん.jpg
材料は人参丸ごと1本、
シイタケ、筍、豆腐です。
卵を使わず、衣をつけます。
中温で揚げて出来上がり。
ころっけ.jpg
揚げるときにきちんと形になっていてよかったです!」

作ってみると案外簡単なことがわかりますね!
今日の精進料理.jpg
おいしかったです。
ごちそうさまです。




posted by 寺庵 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年04月29日

ピースご飯

今日の精進料理は、
ピースご飯を作りました。
ご飯.jpg
この季節、春から初夏のの食材がたくさんあるので
何にしようかと迷います。

ふっくらしたグリンピースのきれいな緑色、
この色を活かす作り方です。
もちろん土鍋ご飯です!
ピースご飯作る途中.jpg
他の三品は京壬生菜を使ったこんにゃくとの炒め煮、
壬生菜とこんにゃくの炒め煮.jpg
アスパラガスとイチゴの白和え、
アスパラガスとイチゴノ白和え.jpg
水菜と厚揚げの葛とじです。
厚揚げの葛とじ.jpg
生徒さんからいただいたアワビ茸を炒め物にしました。
アワビのような味がします!おいしかったです。
アワビ茸.jpg

今日の精進料理.jpg
ごちそうさまです。



posted by 寺庵 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年04月13日

楽しく丸める

今日はれんこん団子を作りました。
れんんこんをすり、
小麦粉をきっちり粉を計量し、
計量.jpg
丸めて素揚げにし、
丸める.jpg
砂糖醤油で煮ます。
団子.jpg
最後に水溶き片栗粉でとろみをつけておしまい!
れんこん団子のみたらし.jpg
「里芋でもおいしいかな?」
と生徒さん。
そうですね、じゃが芋でもいいですね。
「これは美味しそう、家でも作ってみよう!」
と試食の時に感想をいただきました。
ありがとうございます。


posted by 寺庵 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年04月11日

新じゃがいも

桜の季節から少し進んだ東京です。
食材も春たけなわ。

今日は小粒の新じゃが芋料理です。
新じゃが芋.jpg
揚げてから豆腐と一緒に。炒り炊きです。
新じゃが芋2.jpg
「味が染みて美味しいですね。」と感想をいただきました。
今日の生徒さん.jpg
少しえぐみもありますが、
料理の仕方で減らすことができます。

他には独活のきんぴら、
独活.jpg
酒かすを使った竹の子料理です。
竹の子.jpg
外は冷たい風が吹いています。
でも、今日の精進料理でお腹から温まります。
今日の精進料理.jpg
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室