2016年02月02日

野菜のおいしさたっぷり、精進料理

今日の生徒さんは
「仕事で遅い時間に夕食をとるので
炒め物が多く、外食も多いので野菜が少ないのです。」

だから野菜たっぷりの精進料理を学びたいと
今回教室に参加されました。

今日の献立は
おから稲荷
おから稲荷.jpg
里芋の白みそあえ
さといものともえ和え.jpg
せりの三杯酢です。
芹の酢の物.jpg
おからは豆腐の製造過程でできた、
大豆の搾り粕(かす)です。
しかし、食物繊維、タンパク質も多いので
カスなんて呼んではいけません。

野菜を入れて味をつけ、炒り煮にすると
とても美味しい一品になります。

里芋は皮をむくのが難しい人のために、
米のとぎ汁を使います。
「白みそを使うのが新鮮!」と生徒さんの感想です。

せりはさっと作ることが出来ます。三杯酢が合います。
今日の精進料理.jpg
「今日はゆっくりと、
野菜たっぷりの料理が作ることができ
良かったです。」

美味しかったですよ。
ご馳走様です。

posted by 寺庵 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年01月30日

五目飛竜頭

五目飛竜頭は、
「レシピを読んだだけでは難しいそうです。」とよく言われます。

500gの豆腐を布巾でしぼり、すり鉢ですります。
中身はごぼう、にんじん、きくらげ、ゆりね、ぎんなんを入れます。
素揚げのしていただきます。
五目飛竜頭.jpg

「さっくりと上がっていて美味しかったです」

「でも実際に作るとそうでもなかったです。」

他に、は春菊の胡麻和え
春菊と油揚げの胡麻和え.jpg
菜の花の酢みそ和えも作りました。
菜の花の辛子酢みそ和え.jpg
最後はれんこん団子のみたらしです。
「甘辛くていいですね。」
「食事の最後に登場したら、デザートですね。」
れんこん団子.jpg

今日の精進料理2.jpg
四菜作っていただきました。
美味しかったです。
ご馳走様でした。


posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年01月25日

早春の食材

菜の花に芹と聞くと、
早春の食材です。

菜の花は辛子酢みそ和え、
菜の花の辛子酢みそ和え.jpg
芹は焼き海苔を使います。
芹の海苔酢和え.jpg
寒さの中に春のかすかなきざしを感じます。
でもここ一番の寒さには蕪料理、
味がしみた蕪はお腹を温めます。
今日の精進料理.jpg

いろいろな食材ののお話もできました。
今日の生徒さん.jpg
ご馳走様でした。

posted by 寺庵 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年01月24日

撮影

今日は精進料理の撮影がありました。
撮影風景.jpg
飛竜頭(がんもどき)
モニター.jpg
参加者は一汁三菜を作り、

参加者.jpg
本堂の外陣でいただきました。
一汁三菜.jpg
精進料理のとは何か、その味の特徴などもインタビューがありました。




posted by 寺庵 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年01月17日

胡麻豆腐

今日は胡麻豆腐を体験していただきました。

作り方は
胡麻をすり、水でこし、葛粉を溶かし、火を入れながらねります。
最後に流し函に入れてかためます。

作る手間がかかるので、
おもてなし料理とも言われます。

「乾いた胡麻がやわらかい食感に変わるのが不思議ですね。」
と生徒さん。
今日の生徒さん1.jpg

きょうの生徒さん2.jpg
試食の時には
「胡麻豆腐、美味しい!」と皆さんからいただけました。
胡麻豆腐.jpg
他にもこの季節の料理を作りました。
興味をいただいたのは、
加賀れんこんの揚げ炊きです。

加賀れんこんは普通のれんこんよりもっちりとしています。
すりおろしてそのまま団子にして揚げます。
お吸い物より濃い味の汁で煮ます。
加賀蓮根の煮あえ.jpg
「アツアツで美味しいです。」と好評でした。
今日の精進料理.jpg
参加者のかたの笑顔がうれしいと思います。
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年01月14日

手の届かない精進料理

精進料理の中で作ってみたいのは
胡麻豆腐とよく言われます。
手間がかかるので、
生徒さんが何人か集まった時に作ります。

飛竜頭(がんもどき)はどうでしょうか?
「手の届かない難しい料理」と生徒さんは
レシピを見て一言。

実際作ると
「1回作ると難しい料理ではないと思います。」
と感想をいただきました。
飛竜頭五目.jpg
そうなんです。レシピの字を追うとイメージできますが、
実際作ってみると感じ方が変わります。

精進料理は五感を使う料理と言われます。
まさに今回の飛龍頭はいろいろな調理をするので、
「あっそうなのか!こんな料理なのか」と考えるようです。
今日の生徒さん.jpg
四季の食材で変化する飛龍頭のお話をしました。
「応用のできる料理なのですね。」とにっこり。
精進料理.jpg
今回も美味しくいただきました。
ご馳走様です。


posted by 寺庵 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年01月05日

今年初の精進料理

今日は今年初めの精進料理教室です。
縁起の良いれんこんやくわいをすり下し、
団子などにし、油で揚げました。
れんこん団子.jpg
れんこん団子
くわいの海苔巻き.jpg
くわいの海苔巻き

煮物料理の食材ですがこんな食べ方もあります。
生徒さんは
「くわいは初めて料理をします。
サクサクと包丁が入りますね。」

土鍋で炊いた小豆ご飯も好評です。
赤飯.jpg

精進料理今日の.jpg

「もっちりしたくわいの海苔巻きと、
くわい海苔巻きの揚げ物.jpg

 れんこんの甘辛い味も美味しいです。」
れんこん団子のみたらし.jpg

「ふだん揚げ物はしないのですが、
 みんなで集まった時の料理になりますね。」
今日の生徒さん.jpg
いろいろな感想をいだだきました。
ご馳走様です。





posted by 寺庵 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年12月26日

京都の丸大根

京都の丸大根をいただいたので
油揚げとじっくりと煮ました。

弱火でゆっくり煮る時には
煮くずれないように、必ず面取りををします。

この大根は昆布出し汁と椎茸の戻した出し汁で
大根の甘みがでます。

また、下ごしらえは米のとぎ汁で煮ておきます。
そうすると大根の臭さがぬけるので美味しい大根の煮ものになります。
大根と油揚げの煮物.jpg

生徒さんは「煮くずれず、薄味だけれど美味しいですね。」と感想をいただきました。

また、「全部手作りの精進料理に感激です。」
とニッコリしていただけました。
れんこんのきんぴら.jpg

五色なます.jpg

今日の精進料理.jpg
ご馳走様でした。




posted by 寺庵 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年12月20日

作りたくなる精進料理

今回の料理には、蒸し物と赤飯が登場します。
蕪蒸し 
蕪蒸し1.jpg
蕪の美味しい季節に
この蒸し物をよく作ります。
寒い季節、お腹から温まります。

赤飯は炊飯器で作ります。
来月の小豆粥にも使えます。

たたきごぼうも香り良く仕上がりました。
たたきごぼう.jpg
矢羽れんこん
きれいにな矢羽になりました。

矢羽れんこん.jpg
「れんこんからこんなに風に作ることが出来ておもしろいですね。」
と生徒さん。
生徒さん.jpg

「精進料理をは季節の料理ですね。」
「野菜からこんなに作る楽しみがあるとは思わなかったです。」

精進料理1.jpg
そうなんです、調味料はどこにでもあるものを使い、
野菜、豆腐、海藻、きのこを工夫しながら作ります。


そして、出来上がった料理から、
先人の知恵を感じると思います。

ありがとうございました。
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年12月14日

飛竜頭 ひりょうず

今回は飛龍頭を作りました。
冬なのであんかけでいただきました。

ひりょうずの語源はポルトガルの揚げ菓子フィリョースだそうです。
関西ではひろうす、関東では雁もどきと一般的には使われ、
特に京都では禅寺の屋根の鬼瓦に龍があるので飛龍頭とも書きます。

「手間がかかるけれど、美味しいひりょうずができました。」と生徒さん。
飛竜頭を作る.jpg

飛竜頭のあんかけ.jpg

今回はぎんなん、ごぼう、にんじん、きくらげを入れました。
季節によって旬のいろいろな食材が入るので味も違います。
精進料理2.jpg

かぼちゃの胡麻みそ煮.jpg

五色なます.jpg
とても美味しかったです。
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年12月13日

作りながら元気になる精進料理

精進料理は手間暇かけて作ります。
そして、時間がかかり面倒だと思われます。

でも、時間をかけて作りながら自分自身の心をリセットでき、
リラックスして食事に向きあえるのも精進料理です。
切り干し大根の稲荷巻き.jpg

りんごとほうれん草の胡麻和え.jpg

揚げさつま芋の生姜みつ.jpg

師走の忙し時にその体験をしていただけました。
今日の生徒さん.jpg
きちんと出来上がり美味しかったです。
今日の精進料理1.jpg
ご馳走様でした。
posted by 寺庵 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年12月12日

本山での精進料理教室2

今回の講座は2時間では少し足りなく、20分延びてしまいました。
紹介1.jpg

1調理中.jpg

でもご参加の皆さん、「美味しいです。」とニッコリしながら
出来上がりの一汁三菜を試食していました。
食事前.JPG

試食2.jpg

出来上がり2.jpg

出来上がり.jpg
終了後は職員の方と一緒に食具を片づけると4時半になりました。
そして、御影堂、阿弥陀堂に外から手を合わせて夕方帰路につきました

ご参加いただいた坊守さん、
企画、お手伝いいただいた本山職員の皆様に感謝をいたします。
ありがとうございます。
posted by 寺庵 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年12月11日

本山での精進料理教室1

今回初めての真宗高田派の本山での教室です。

DSC_0508-1.jpg

DSC_0502-1.jpg
対象は三重県のお寺の坊守さんです。

お経.jpg

坊守とは寺の住職の奥さんのことです。
もちろん私もそうです。
寺の奥向きの用をしています。
住職が円滑に動けるようにサポートします。
それぞれの寺では報恩講で精進料理を作り、
檀家や他のお寺のご住職さんにお料理をお出しします。

今回の講座では精進料理の歴史や一汁三菜の基礎からお話をし、
実習をしました。(午後1時開始)

2用意.jpg

用意1.jpg

用意3.jpg
posted by 寺庵 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年12月06日

プライベートレッスンでは

今日は体験での精進料理教室です。
作りながらいろいろな発見がこの料理にはあります。

今回は「胡麻を油が出るまで擦り続ける」、
生徒さんは、油が出る状態とは?と思いながらゴリゴリと音を立てながらすります。

両腕に力が入り、しばらくすると「腕が〜」となりました。
そんなに力を込めて料理はしませんよ、リラックスしてくださいとお伝えしました。

やがてすりこ木の先にうっすらと油がにじんできました。
「これが、油が出るまでするのですね!」と生徒さんはニコニコしています。
胡麻と豆腐の和え衣も整い、具を和えて出来上がりました。
ひじきの白和えです。
ひじき.jpg
「家でもまた作ります。でも胡麻をするのがここまでできるかしら?」
大丈夫ですよ、ここまでできたことは手で体験し、目で確認してますから。
生徒さん.jpg
レシピに書かれていることを実際に手を動かしながらやってみると、
こんな感じだったなど覚えているものです。
精進料理.jpg

「きんかんの甘煮もおいしい!」と喜んでいただけました。
出来上がりの美味しい三菜、
厚揚げの葛とじ.jpg

かぼちゃの揚げみそ和え.jpg

ご馳走様でした。
posted by 寺庵 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年12月05日

四季の精進料理 冬

今日は三か月に一度の精進料理教室です。
冬の季節には蒸し物がかかせません。

茶巾れんこのあんかけ
れんこん団子のあんかけ.jpg
お腹の中から温まります。
金時にんじんのきんぴら
金時にんじんのきんぴら.jpg
たたきごぼう
たたきごぼう.jpg
さつま芋の栂ノ尾煮
さつま芋の栂尾煮.jpg
口直しにキンカンの甘煮
「忙しくてゆっくり料理ができないのですが、
 ここではじっくり料理ができるので癒されます!」
今日の生徒さんjpg.jpg

四季の精進料理.jpg
ありがとうございました。ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年12月01日

親子で作る精進料理

この精進料理教室で一番長く、親子で参加いただています。
今日の生徒さん.jpg
精進料理だけではなく、寺の雰囲気も気に入っていただいているようです。

今日の精進料理も二人で四菜の調理です。
精進料理.jpg
加賀蓮根の揚げ団子もさっくり揚がりました。
加賀蓮根団子.jpg

蕪蒸しもお腹から温まります。
蕪蒸し.jpg
楽しいおしゃべりと美味しく出来上がった精進料理、
ご馳走様でした。
posted by 寺庵 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年11月30日

料理で思うこと

ここでは切ることや、胡麻を油が出るまでするので
ゆくりと料理に向き合えます。
出来上がった料理は
精進料理11月28日.jpg
ほうれん草とりんごの胡麻和え
りんごの胡麻和えほうれんそうと.jpg
五目炒り豆腐
五目炒り豆腐.jpg
さつま芋の栂ノ尾煮
栂ノ尾煮さつま芋の.jpg
「料理に向き合うと気分転換になります。」
と生徒さん。
ご馳走様でした。


posted by 寺庵 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年11月29日

蕪蒸し

料理の中で、季節を考えると今は「蕪蒸し」が一番似合います。

すりおろした蕪を具にのせて蒸します。
汁椀の味付けの汁を上からかけていただきます。

蕪蒸し.jpg
「お腹のなかから温まりますね。」と生徒さん。
アツアツの蕪にとろみがついた汁をかけます。
お匙でかきまぜると中から銀杏や栗が出てきます。

後はさつま芋の栂ノ尾煮とこんにゃくとにんじんの白和えです。
クチナシで色をつけています。
「きれいな色ですね。味もいいですね。
satumaimno.jpg

今日の生徒さん.jpg
ありがとうございます。
ご馳走様でした。
posted by 寺庵 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年11月27日

NY正法寺にて二日目

今回のNYの精進料理教室の2回目です。
二日目の精進料理.jpg
リピターの方から
「今回は簡単でした。これなら家で作れます。」
と感想をいただきました。
じゃがいもの磯辺あげ.jpg
じゃが芋のすり揚げは
油で揚げる料理なので、細心の注意を払いながら一つ、一つ揚げました。
「もっちりと美味しかったです。」
じゃが芋のようにすることができる野菜は、れんこん、ごぼうです。

豆腐のきのこあんかけ.jpg

大根と人参の煮和え.jpg

ご飯は土鍋で炊きました。
器や土鍋まで持参したので、皆さん喜んでいました。
そして精進料理の器のお話もできたので、
料理をよそい方や、食べることの大切さもご理解いただけたようです。
お寺にて.jpg
今回もほぼ完食をしました。ありがとうございます。
ご馳走様でした。
posted by 寺庵 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2015年11月26日

出来上がり

一日目の出来上がりです。
DSC_0427.jpg

仏様にお供えします。
DSC_0429.jpg


食後はお抹茶のお点前です。
DSC_0432.jpg



posted by 寺庵 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室