2016年08月21日

擬製豆腐 えだまめ

えだまめを使った擬製豆腐を作りました。
枝豆.jpg
さや付きのえだまめを400gをゆで、
薄皮まで取ります。
ちょっと手間ですが、がんばります。
する.jpg
すり鉢で昆布出汁を加え、よくすります。
枝豆2.jpg
葛粉を加えこします。
葛粉を入れてこす.jpg
こしたえだまめのお汁をねってかためていきます。

茶巾しぼりにして冷やします。
茶巾の枝豆豆腐.jpg
ちょっとかわいいえだまめ豆腐の出来上がり。
「手間をかけて作ったえだまめ豆腐は、
 やわらかく、風味がありおいしいですね。」

ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年08月19日

トマトを食し医者いらず!

今日の精進料理は、
名残のトマトをたっぷり使います。

普段は一食に同じ食材が登場することは少ないのですが、
来月はもう9月、トマトも露地ものもそろそろ終わりです。

一品目、トマトの寒天よせ。
IMG_0855-4.jpg

二品目は、胡麻あんの焼きトマト。
焼きトマトごまあんの.jpg

この寒天よせはトマトを室温で固めますが、
ヒンヤリ感がのど越しをよくしています。

胡麻あんを使った焼きトマトは
トマトの存在感があり、
焼いたときに出るジュースがとてもおいしく
ご飯にかけてサラサラといただけます。

「トマトは料理によってこんなに味が違うのがいいですね!
特にごまあんが美味しいです。」と生徒さん。

外国では『トマトを食べて医者いらず』と言うそうなので
今日の精進料理はまさに医者いらず。
今日の精進料理.jpg
身にも心にもしみわたります。

ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年08月18日

トウモロコシのすり流し

すり流しは、枝豆、豆腐などをすりつぶし、
出し汁でのばして作ります。

今回はトウモロコシ。
ゆでて実をはずし、すり鉢でつぶしてから
裏ごしをします。
つぶす.jpg

昆布出汁でのばして、少し味をつけます。

裏ごしに時間がかかりますが
出来上がりはきれいな一品。
とうもろこしのすり流し.jpg
「トウモロコシの自然な味ですね。」と生徒さん
「軽やかな疲れもありましたが、
 とても美味しかったです。」
精進料理.jpg

旬のものをいただき、
滋養になります。
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年08月17日

擬製豆腐

擬製豆腐は豆腐の加工品です。

作り方は豆腐をゆで、布巾でしぼり、調味料を入れ、
具材を加え蒸したり焼いたりしたものです。

中に入れる材料によって
ごま豆腐、枝豆豆腐、くるみ豆腐などもありますが
銀杏を入れた五目豆腐や夏野菜を入れた五目もあります。

今回は枝豆やにんじんを入れてフライパンで焼きました。
ぎせいどうふ.jpg
焼き方も人数分に分けて焼くと簡単です。
今日の生徒さん1.jpg
「枝豆がかわいいですね。他の具は下味がついているので
 そのままでも美味しいですね。」
成形.jpg
擬製豆腐は手間はかかりますが、いろいろと楽しめると思います。ぎせい豆腐.jpg
posted by 寺庵 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年08月16日

今日は寒天の日!

今日は寒天を使った料理が三種類あります。

トマトの寒天よせ
IMG_0790-1.jpg

豆乳の梅はちみつ
豆乳お菓子.jpg

のっぺ五汁
今日の精進料理.jpg

「どれもさっぱりとした口当たりで、夏らしいですね!」
と生徒さん。
野菜がたっぷり入っているので、
夏バテ予防にぴったりです。
特におすすめなのが、トマトの寒天よせです。
トマト丸ごと使いました。
トマトのちょうど良い酸味が身体をシャキッとさせます。

ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年08月12日

飛龍頭

今日は2回シリーズの最終日です。

例年にない暑さなので、
今日はどんな精進料理にしようかと思います。

でもこれは是非作っていただきたいのは
「夏野菜の飛龍頭」です。

具をその時の旬の野菜を入れると一年中作れます。

今回はとうもろこしと枝豆、みょうがです。
ひりょうず.jpg
「中はやわらく外はカリッとして美味しいです。」と感想をいただきました。

「すり鉢の使い方が勉強になりました。」と生徒さん。

どこでもいつでも作れる精進料理を紹介できました。
今日の精進料理.jpg
「また家でも作ります。」とおしゃっていただけました。

ご馳走様でした。

posted by 寺庵 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年08月11日

おから稲荷

今日の精進料理は
おから稲荷を作りました。
おから稲荷.jpg
夏場にはおからは足が早いので夏の料理には向かないと言われますが、
ちゃんと炒り煮にして作ってすぐに食べれば大丈夫です。
また。少しお酢を入れる工夫などでもこの時期でも安心です。

おからは初めてという方には是非作っていただければと思います。
今日の精進料理.jpg
今日の生徒さんも
「おいしいですね」とにっこりとしてご試食いただいてました。

ご馳走様です。

posted by 寺庵 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年08月07日

夏野菜の精進料理

今日は豆乳蒸しの中に
豆腐、きくらげ、にんじんの他に
とうもろこしのゆでたものを入れました。
夏野菜の飛龍頭.jpg
飛龍頭にはしいたけ、みょうがが入ります。
夏野菜の飛竜頭.jpg
それぞれ夏野菜の彩りが料理をひきたてます。
長いもののモロヘイヤ和え.jpg
そして暑い日には体の中から熱を作るものがいいですね今日の精進料理.jpg

posted by 寺庵 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年07月30日

土用丑の日、精進料理

今日は土用丑の日です。
江戸時代、平賀源内が暑さ対策で、
鰻を食べることを奨励したと言われています。

確かに今日もとても暑く、
鰻が食べたくなりますね。

精進料理では
鰻もどき料理があります。
今回はじゃがいもを使いました。
すりおろしたじゃがいもをザルのおき、
水けが切れたら焼き海苔に置き、
油で揚げます。
タレも作ります。

じゃが芋の磯辺揚げ.jpg
なんとも香ばしいかおりがしてきます。
一口食べると、モチモチ感が口いっぱい広がります。
他には、豆腐やごぼうでも同じようにできます。

今日は他にも
豆乳と長いもの蒸し物や
豆乳の蒸し物.jpg
モロヘイヤの梅和えも作りました。
長いもの和え物.jpg
冬瓜ののっぺ汁も体が温まります。
冬瓜のっぺ五汁.jpg
土用丑の日、精進料理で元気になりましょう!今日の精進料理.jpg
ご馳走様でした。
posted by 寺庵 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年07月29日

夏の飛龍頭

今日は生徒さんのリクエストの飛龍頭を作りました。
今日の生徒さん.jpg
具材は枝豆、新ごぼう、みょうが、生しいたけです。
夏野菜の具.jpg
枝豆がエメラルドの眼玉のようです。
夏の飛龍頭.jpg
「外はサクッと中はフアフア、みょうがの味がいいですね!」
と出来上がりの時の感想をいただきました。
出来上がり.jpg
「前回は銀杏、百合ね、きくらげが入っていましたね」
そうなんです、春は竹の子、初夏には新ひじき、秋、冬は銀杏やゆり根など
その季節ごとに、具が変えられます。

何を中身にしようかと考えるだけで楽しい飛龍頭作りです。
美味しかったです。
ご馳走様です。

 
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年07月22日

冬瓜の田楽

夏の野菜に冬瓜がありますが、
この冬瓜、古くからある野菜で暑い時に収穫され、
冬まで持つのでこの名前があります。

色は緑色、ラグビーボールのような形をしています。
味はこれといったものがないので
汁もの、田楽をのせるかだいたい二種類の味のつけ方があります。

皮も堅いのである程度切ってから皮をむいた方がよいと思います。
また、面とりをすると煮くずれずきれいな形になります。
切る.jpg

冬瓜1.jpg
田楽みそは白みそと赤みそを作ります。
多めに作るとナスの田楽にも使えるので重宝します。
混ぜる.bmp
下茹でした冬瓜を炒めてから上にそれぞれみそをおき、
上から炒り胡麻をちらしでアクセントをつけます。
炒める.jpg
のっぺ汁もおいしいいのですが
ちょっとパンチのきいた一品です。

生徒さんは
「冬瓜は初めてですが、コクの出るように炒めることや、
田楽みそをのせていただくので、おいしく冬瓜が食べられました。」

皮むきがちょっと大変でしたか?
厚くむいたほうがおいしいですよ。
田楽冬瓜の.jpg
ご馳走様でした。


posted by 寺庵 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年07月09日

精進料理の味

精進料理は五味:甘い、辛い、酸っぱい、塩辛い、苦い 
五法:生で食べる、焼く、煮る、蒸す、揚げる
五色:赤、青、黄、白、黒
を使い作られます。

そして味にはもう一つ、淡い味があるとされています。
今回の淡い味はトマトの寒天寄せで感じられます。
生徒さんからは、
「トマトの自然の味がしますね。」
とご試食の時にいただきました。
とまと寒天よせ.jpg
一方、味の深みは
賀茂ナスの田楽みそでは
「賀茂ナスの深い味がします。」
こちらは食材の本来の味が昆布出汁によって深い味わいになっています。
淡い味ではないけれど出汁によって引き出された味です。
IMG_0495-1.jpg
精進料理の味わいを時に感じられる二品です。
IMG_0501.JPG

ご馳走様です。
   
posted by 寺庵 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年07月08日

夏のお膳

「今日の献立は夏らしいですね。」と生徒さん

旬なもので作るので、自然に夏の献立になります。
味つけもこの季節を過ごすため必要な調味料が加わります。
夏のお膳.jpg
きゅうりになす(体を冷やすと言われる食材)
なすときゅうりのみそいため.jpg
トマト(夏の太陽で熟したものを使う)
とまと寒天よせ.jpg
甘長唐辛子(ぴりっと辛い唐辛子は食欲のない時のお助けもの)
万願寺とうがらし.jpg

季節にあったものをいただけるのは、今はぜいたくであり、
ご馳走です。
しかし、特別な食材ではなく、手間をかけ、ていねいに作ったものです。

生徒さんに感謝をし、「ご馳走様でした。」
posted by 寺庵 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年07月04日

体験の精進料理

朝からとても蒸し暑く、
台所の扇風機も頑張ってます。

今日は体験で精進料理を作りました。
こんな日はちょっと簡単にと思いましたが、
この季節と精進料理ならではのものを献立にのせました。

そして、無駄を省き、手間をかけて出来上がりました。

おからと油揚げのおいしさと、
炒りおから.jpg
トマトの旨みを感じ、
トマトと厚揚げの葛とじ.jpg
夏の白和えのこしらえ方を体験していただけました。
にんじんといんげんの白和え.jpg
「家にあるもので、できる料理なのですね。」
「今度の休みの時に作ります」と
生徒さん。
今日の精進料理.jpg
ありがとうございます。
ご馳走様です



posted by 寺庵 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年07月02日

四季の精進料理

「夏の精進料理は?」と聞かれ、
食材は夏に旬を迎える野菜を使います。
具体的には何かというと・・・・献立がたくさんあるので
困ってしまいます。

夏野菜は旬が長いのでナスにしようか、きゅうりにしようかと考えて、
トマトの寒天寄せにしました。
tomato.jpg
そして白和えでは重たく感じる和え衣に
少し酢を加え味を軽くしてみました。
炒りにんじんの白酢和え.jpg
最後に夏野菜たっぷりのソーメンは豆乳の味でいただきます。
夏野菜の豆乳そうめん.jpg
「旬の野菜を使った料理を食べるのがうれしいです!」と
感想をいただきました。
si四季の精進料理.jpg
ありがとうございます。
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年07月01日

誰でも作れる精進料理

「精進料理は難しそう」とよく聞きますが、
食材に向き合い、ていねいに作れば
世界中どこでもでおいしい精進料理が出来上がります。。

作るヒントは「キモチ」だと思います。

今回南米から来日の方が2週間の間で
3回寺庵で精進料理を作りました。
刻む.jpg
初めての食材は切り干し大根とかんぴょうです。
巻く.jpg
かんぴょうの説明は少々難しかったのですが、
なんとか元の形をイメージしていただけました。
切り干し「大根の稲荷巻き.jpg
初対面の生徒さんも英会話で楽しんでいらっしゃいました。
三人で日本の文化や料理ついて語りながら
あっと言う間の3時間がすぎました。
きゅうりナスみそ.jpg

今日の精進料理.jpg
今回「作るキモチ」をたくさん感じる、
海外からの生徒さん、
帰国後も楽しんで作りたいと笑顔で帰りました。

もしかしたら来年は南米へ精進料理のレシピと食器を持って行くかもしれません…?
posted by 寺庵 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年06月27日

ひさしぶりの精進料理

今日の生徒さんは、久しぶりの参加です。
「手間がかかるけれど、その分
美味しく感じます。」と生徒さん
IMG_0475-1.jpg
おから稲荷がかわいくできあがっています!
IMG_0477-1.jpg
「炒りおからが特においしいですね。」
DSC_0511-1.jpg
おからの炒り具合がポイントです。
今日の精進料理.jpg
zultuki-ni.jpg

ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年06月22日

千両ナスがおいしい!

夏至も過ぎ、
本格的な夏へまっしぐらの気がします。

夏野菜の代表格の一つ、
なすが美味しくなって来ました。

ナスは種類も多く、長ナス、賀茂ナス、米ナス
水ナスなど地方の特有のなすがあります。
しかし、今回は千両ナス。
一番よく見かけるナスです。
油と相性が良いので今回は揚げました。

一緒に万願寺の甘長唐辛子を使います。
肉厚の万願寺と千両ナス
ナスと甘長唐辛子の揚げびたし.jpg
夏野菜のおいしい一品です。
「もう揚げナスの季節なのですね。」
IMG_0429-1.jpg
と生徒さん。
油で揚げるとナスの色がテカッときれいです。

ご馳走様です。
精進料理.jpg



posted by 寺庵 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年06月21日

和食でもトマト

トマトのブログ第2弾です。今度はお料理編。

この時期の美味しいトマトは生でも加熱してもおいしいものが手入ります。

厚揚げと炒め煮をするとトマトの旨みと煮汁の昆布出汁の旨みが
合わされることで、より美味しい一品ができあがります。
厚揚げ.jpg
相乗効果とも言いますが、
トマトの旨みが和食でもこんなに美味しくなるのかと
知らない人も多いと思います。
厚揚げとトマト葛とじ.jpg
生徒さんも、「色もきれいで美味しい料理ですね。」
料理中.jpg
ありがとうございます。
料理のポイントはトマトの旨みの引き出し方です。
精進料理.jpg
ご馳走様です。


posted by 寺庵 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2016年06月18日

築地ツアー2

約1時半の築地ツアーの後は
寺庵で料理教を開催しました。
1盛りつけ.jpg

なすと万願寺の揚げ浸し.jpg

おから稲荷の盛り付け.jpg

おから稲荷.jpg

アスパラの梅長いも和え.jpg

今日の精進料理.jpg

ご馳走様でした。

posted by 寺庵 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室