2019年04月19日

春のちらし寿司 桜

東京の桜は八重桜になりましたが、
春、桜にちなみちらし寿司を作ります。
688025FC-9056-4330-827C-E6532EBCCB7B.jpeg
桜の花と木の芽も入ります。

甘酢漬けも一緒に作ります。
3EDBCA4B-B8CD-4DA4-92D9-C859674687B4.jpeg
さぁ、お弁当を持って出かけましょう!

posted by 寺庵 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2019年04月18日

春から初夏へ。

精進料理の食材はいつの間か
春から初夏へと変わって来ました。
1FA97F7E-B030-4D29-9B04-B517EE9D261A.jpeg
新ジャガと空豆の和えもの
B1A2C2B8-E65C-43BA-B860-2569A49F8E23.jpeg
きゅうりとみょうがが入ったかき揚げ、
C04671AC-B4AF-4620-A4A1-1CB153FECAC6.jpeg
文旦と長芋の酢の物
7AA0968C-A419-413C-B96A-21FCB04BF150.jpeg
春キャベツの漬物。

献立をたてながら、
季節の変化を感じます。



posted by 寺庵 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2019年04月15日

竹の子

ご飯に合う竹の子の一皿です。。
takenok.jpg
今回は竹の子をいつもより濃い味つけににしました。
IMG_8250今日の精進料理.jpg
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2019年04月06日

四季の精進 春の

今日は四季の精進料理の日です。5E5FFB55-6733-4FB5-AB24-87518F3A3592.jpeg
グリーンピースご飯や、桜どうふ
56D308DB-C82F-4BD8-A836-BCCB5AFD59A4.jpeg
長いもとブンタンの酢のもの
FF2AA61F-5FBF-4251-AD3D-6ECF4482369F.jpeg
若竹煮
3AC89FF4-A1A6-4BB7-B5E6-FD98D888B106.jpeg
切り干し大根とヨモギのかき揚げ
F9004F41-ED1E-4E92-B81F-48492A63A050.jpeg
デザートにヨモギ餅を作りました。
j
C4BB8B1F-5283-490D-BF15-D8BC97E9F6B9.jpeg
春が少し新緑に変化しているのを
実感します。l
posted by 寺庵 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

四季の精進 春の

今日は四季の精進料理の日です。5E5FFB55-6733-4FB5-AB24-87518F3A3592.jpeg
グリーンピースご飯や、桜どうふ
56D308DB-C82F-4BD8-A836-BCCB5AFD59A4.jpeg
長いもとブンタンの酢のもの
FF2AA61F-5FBF-4251-AD3D-6ECF4482369F.jpeg
若竹煮
3AC89FF4-A1A6-4BB7-B5E6-FD98D888B106.jpeg
切り干し大根とヨモギのかき揚げ
F9004F41-ED1E-4E92-B81F-48492A63A050.jpeg
デザートにヨモギ餅を作りました。
j
C4BB8B1F-5283-490D-BF15-D8BC97E9F6B9.jpeg
春が少し新緑に変化しているのを
実感します。l
posted by 寺庵 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2019年04月05日

精進料理入門 基本1

今日は精進料理の入門です。
始めに歴史、料理について五味五法の説明をし、
実技では出汁の取り方から調理をしました。
IMG_8194-1.jpg
今日は、桜豆腐 豆腐の扱い、蒸し方。
IMG_8198-1.jpg
にんじんのきんぴら、切り方や炒め方。
アスパラの胡麻和え、あえ衣の作り方をを学んでいただきました。
今日は和のスイーツで白玉団子(ヨモギ入り)も加えました。
IMG_8201-1.jpg
春の精進料理。
ゆっくりと楽しんでいただけたようです。

posted by 寺庵 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2019年03月31日

精進料理 入門2

今日は日にちの変更がありましたが、
精進料理教室の入門(基本)の2回目です。
IMG_8139精進料理.jpg
作り方は蒸しものが入りました。
桜の花びらを使い、
豆腐をすり、流し函に入れて蒸します。
IMG_8145桜豆腐.jpg
春キャベツと新ワカメを使う和えも
春の色です。
IMG_8150胡麻酢.jpg
竹の子がたっぷり入ったご飯も
春の食材です。

食事の時に、生徒さんからは、
「春の味、春の色ですね。」と喜んでいただけました。

旬の食材を使い、
五味五法の作りかた、味つけで
精進料理の一汁三菜ができあがりました。

来月の5日と7日も精進料理の基本1が始まります。
少し季節が進み、どんな食材が登場するのでしょうか、
楽しみです。

posted by 寺庵 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2019年03月28日

春の精進料理

海産物の中で新ものが出始めました。
ひじきやワカメもきれいな色です。
ワカメは春キャベツといただきます。
IMG_8113春キャベツ.jpg
ひじきは大豆と一緒に炊き込みご飯です。
IMG_810gohan.jpg

桜豆腐も春色に変身です。
IMG_8116桜豆腐.jpg

春めくお昼の精進料理です。
IMG_3840syoujinnryouri.jpg

春のパワーをいただいて元気になります。
ご馳走様です。


posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2019年03月27日

春と竹の子の前線

竹の子前線が北上中。
待ちに待った竹の子、昨日の夕方ゆでておき、
今朝は皮をむいて使います。
ほぼ一年ぶりのこの作業、
糠の後始末がちょっと面倒ですが、
おいしく作るためのひと手間です。

今日は木の芽和えを作ります。
IMG_8101木の芽和え.jpg

優しい春の味が心西見てきます。

IMG_8099shoujinnryouri.jpg
ごちそうさまです。
posted by 寺庵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2019年03月21日

春彼岸のお供え 精進料理

春の花が咲く頃、
精進料理は菜の花や桜を使います。
4CECFB4E-3933-420E-B5C3-E3316E22F200.jpeg

ちらし寿司はたくさん作り
阿弥陀様やご先祖様にお供えします。
006B3D6B-12AF-4B7B-933C-012CF162A667.jpeg

桜の生麩も少し甘めにしていただくと、
和のスイーツになります。
1C316D4D-9FB0-44A5-BC84-701EA510D9B6.jpeg

posted by 寺庵 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2019年03月12日

春野菜が。

今日も春にちなみ「桜豆腐」を作りました。
昨年も参加された生徒さんは『おいしい!』と
ニッコリです。
0A99086F-BB51-4AC2-9714-21FFC72B4EBA.jpeg
春キャベツとワカメの胡麻酢、
4EC3CC5D-35B1-425B-95EB-A2A2AEF58270.jpeg
アスパラの梅長いもかけ、
BD801BDB-5EE9-4E28-94E2-641FA0464810.jpeg
春菊のクルミ白和え、
A63EE841-ED44-4BEF-9B27-61CAD9DCEB18.jpeg
と春の献立は今日の陽気にピッタリしています。まだ肌寒い時もありますが、これからどんどん春野菜も増えることでしょう。
posted by 寺庵 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

おいしさの秘密

この一食の味は、甘い、辛い、酸っぱい、しょっぱいなど
いくつかの味で構成されています。
IMG_7882精進料理.jpg

春キャベツと新もののわかめの胡麻酢かけ、
IMG_7883-1.jpg

春菊とにんじの胡桃白和え
IMG_7885-1.jpg

満月のようなさつまいもの甘煮など
これらをご飯と交互にいただきます。

おいしさの秘密は、メリハリがついた味だと思います。




posted by 寺庵 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2019年03月11日

今年初めての竹の子

今年初めて使う竹の子です。
竹の子の飛龍頭材料.jpg
この材料は飛龍頭用です。

竹の子と言えば、「木の芽和え」なのですが、
今回は竹の子が少ないので飛龍頭にします。
春の訪れを実感するこの料理のためには、竹の子が少ないのです。
IMG_7886竹の子.jpg

飛龍頭は「外はカリッとして、中は竹の子の香りがします。」と生徒さんに喜んでいただけました。

posted by 寺庵 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2019年03月01日

弥生と桜

今日から弥生です。
ひなあられ.jpg
今朝は河津桜の話を聞きながら、
東京の桜の開花はいつなのか
気になります。

気象予報士の方の話では、
昨年より早く、20日過ぎには咲き始めのようです。

早く暖かくならないかなと
ちょっとわがままに考えてしまいます。
IMG_3382-1.jpg
2018年3月17日赤坂アークヒルズで撮影



posted by 寺庵 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2019年02月26日

料理は五感を使う

にんじんのきんぴらを作っている時に、
炒め終わる直前に音が少し高くなります。

生徒さんにそのことを伝えると、
「確かにそうですね。
炒める音が変化をします。」
IMG_7633-1.jpg
「五感を使っていることに気がつきます。」

じっくりと調理をしていると
いつの間にか集中して、
音や色の変化に気がつきます。

料理が苦手だと思う人には
じっくりと調理をしていただくと
小さな変化に気がつき、
次に何をするのかがわかり
料理に慣れてきます。

そうすると、
いつも自分の好きな味がわかり、
おいしいと感じます。

高価な調味料や料理道具に頼らなくても
大丈夫です。
IMG_7628-1.jpg



posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2019年02月24日

五目飛龍頭

今日は久しぶりに五目飛龍頭を作りました。
IMG_7618-1.jpg
外はカリッと中はふわっと仕上がっています。

7626-1.jpg

ほうれん草の胡麻和え、にんじんのきんぴら、けんちん汁を
ていねいに作っていただけました。
「どの味もおいしいです。」
「作りながらリラックスできました。」
と生徒さんの感想です。
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2019年02月18日

如月 精進料理

きょうの精進料理
-1.jpg

IMG_7558胡麻酢かけ.jpg
胡麻酢がポイントです。

さといも.jpg
那須の里芋を使います。ねっとりと味が濃いのが特徴です。

小松菜.jpg
豆腐をよくしぼり炒めます。味がしみやすくなるため、おいしくなります。
ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2019年02月16日

如月の精進料理

日射しが明るく感じてもまだ寒い日が続きます。

お腹から温まる一品は、
ゆっくりと煮た大根と油揚げの煮物です。
IMG_7546small.jpg

胡麻酢でブロッコリーとカリフラワーとパプリカを和えます。
IMG_7540small.jpg
彩がきれいです。

最後の一品は、豆腐がシジミのような味がして、
ちょっと変わった一品です。
小松菜の炒り豆腐smll.jpg
手軽にできておいしいと評判です。

small.jpg
「長時間かけて煮る間に、ほかの料理も作りました。
 その結果おいしい精進料理ができあがりました。」

「ふだん家ではなかなか手間をかけて作れませんが、
 ここではゆっくり料理をしながら、
気持ちをリフレッシュさせることができます。」
と感想をいただきました。

ご馳走様です。

posted by 寺庵 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2019年02月12日

蕪蒸し

寒い時期に作る料理の一つに、
「蕪蒸し」があります。
IMG_7501small.jpg
丸い蕪をすりおろし
具と一緒に蒸します、
上に銀あんをかけます。

中身がとても熱いので、
気をつけていただきます。

生徒さんも
「熱いのですが、たいへんおいしいです。」
「寒い日にいいですね。」
IMG_7491small.jpg
ご馳走様です。

posted by 寺庵 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2019年02月09日

だいこ炊き

聖護院大根が手に入ったので、
「だいこ炊き」を作りました。
(丸大根でも作れます。)

IMG_7446small.jpg
皮を厚めにむいた大根を
米のとぎ汁で下ゆでします。
(皮はザルにおいて数日外で乾かします。)

竹串がすっと入ったら
出汁に調味料を加えた鍋に入れて
油揚げと一緒に
コトコトと煮ます。

生徒さんには、
「箸でも割れるほど柔らかいですね。」
「味がしみておいしい!」と喜んでいただけました。

0209small.jpg

ふだんと違った料理にを
ゆっくり作り
時間をかけていただきました。

体も温まり、ご馳走様です。
posted by 寺庵 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室