2016年06月13日

夏の精進ちらし寿司のデザートは?

じっくり小豆を煮ました。
ちらし寿司を作る前から小豆を煮ていました。
小豆煮る.jpg
渋切りを2回しながら柔らかくなるまで煮て、
砂糖を加えます。
ちょっぴり入れた塩が味をひきしめます。

出来上がりは、とても美味しい小豆あんになりました。
白玉団子にかけていただきました。
白玉団子とあずきあん.jpg
ちらし寿司に良くあう精進スイーツです。
IMG_4128-1.jpg

2016年05月29日

和食のイロハ 金目鯛の煮つけ

今回の和食のイロハは
・金目鯛の煮つけ
・アスパラガスの梅長いも和え
・小松菜とこんにゃくの炒め煮
・グリーピースご飯
を作りました。
寺庵では大根ときゅうりの糠漬けと
浸し豆を用意しました。
和食のイロハ.jpg
この献立は家でもすぐに作ることができるものです。
ふだんは魚の煮つけは…と言う方に是非作っていただきたいと思いました。
煮つけ金目鯛の.jpg
また、グリピースご飯はピースの色を大事にしました。

こまつなとこんにゃくの炒め煮は
コンニャクのおいしくなる下ごしらえもお伝えしました。
小松菜とコンニャクの炒め煮.jpg
生徒さんは
調理中.jpg
「バランスの良い献立なのでおいしくいただけました。」
アスパラガスの梅入り長いもかけ.jpg
「こんにゃくの下ごしらえがおもしろく、箸でちぎるのも良かったです。」
「金目鯛のおいしかったこと!」
「家でもすぐ作れるのがうれしいです。」
などいろいろとお話をいただきました。

ありがとうございます。
そして、ご馳走様です。

2016年05月02日

和食のイロハ

今日は和食のイロハの日、
生徒さんからのリクエストです。
筑前煮.jpg
筑前煮
出汁巻き卵.jpg
出汁巻き卵
一足早いお正月料理?でしょうか。

他にはそら豆ご飯
空豆ご飯.jpg
そら豆は今が旬です。
「きれいな色ですね。美味しい!です」

デザートにイチゴの豆乳寒天を作りました。
の豆乳寒天イチゴ.jpg
抹茶をかけてさらにおいしさがUP!
「家で作った時はなかなか固まらなかったので、
今日は常温でもきれいな仕上がりですね。

旬の野菜は柔らかな色合いです。

今日の精進料理.jpg
ご馳走様です。


2016年02月19日

和食のイロハ 鰯のつみれ汁

今日は和食のイロハ 鰯のつみれ汁です。

時折、鰯は高級魚になる時があります。
今回は大丈夫、フツーの値段です。

鰯の下処理をして、手開きにします。
中骨を取り、
包丁でたたいて生姜と塩で味をつけ、
すり鉢ですります。
匙てすくい汁の中に入れ、味をつけます。
最後にねぎを入れて出来上がりです。
鰯のつみれ汁.jpg
他には、ふきみそを作り里芋の田楽にします。
里芋のふきみそ.jpg
「春の味を感じつつ、鰯のつみれ汁の美味しい味がいいですね。」
と生徒さん。
生徒さん今日の.jpg

和食のイロハ.jpg
ご馳走様でした。




2016年02月07日

ちょこっと入門1

偶数月はちょこっと入門1です。
生徒さんは、普段の野菜料理が少ないのでレパトリーを増やしたい、
減塩の食事が作りたいとおっしゃっています。

精進料理の歴史や食材、出汁の話を聞いてから
調理が始まります。

出汁のところでは、昆布出汁自体も塩分はあること、
でも出汁は食材の美味しさや旨みもひきだすので
使うことで薄い味付けでも、
十分美味しい料理が作れることもお話しました。
今回はおから稲荷
おから稲荷.jpg
菜の花の辛子酢みそ
菜の花の辛子酢みそ和え.jpg
せりの三杯酢海苔のせです。
せりの三杯酢.jpg
試食の後、生徒さんは
「すぐ作れる料理もあるのでうれしいです。
 また家で復習をします!」とお帰りになりました。
チョコット入門.jpg
ご馳走様です。

2016年01月23日

和食のイロハ ブリの照り焼き

大寒は過ぎましたが、本当に寒いこの頃です。
和食のイロハでも旬の食材を中心に献立をたてます。

今回は冬に旬を迎える魚、ブリを使います。
ブリの照り焼き.jpg
ブリの照り焼き

照り焼きにすると、初心者には作りやすいと思います。

照り焼きのタレの砂糖、みりん、しょうゆは
量の比率で覚えると応用できます。
また、魚臭さを抑えるやり方もお伝えしました。

他には春菊の胡麻みそ和え、
春菊の胡麻みそ和え.jpg
じゃが芋のバター焼き、
じゃが芋のバター煮.jpg
菜の花のすまし汁を作りました。
和食のイロハ.jpg
ご馳走様でした。

2015年12月28日

さつま芋のきんとん

栗きんとんは、
裏ごしがとても大変です。

今回はさつま芋の栂ノ尾煮に
栗の甘露にを混ぜてきんとんもどきを作ります。

途中でクチナシの実を入れたのできれいな
色となりました。煮るさつま芋を.jpg

さっぱりとした味ですが
栗入りでぜいたくな栂ノ尾煮となりました。


2015年12月27日

和食のイロハ お正月のおせち料理3

今回はおせちの中で比較的作りやすい献立です。

炒り鶏、
炒り鶏.jpg
矢羽れんこん
矢羽れんこん.jpg
たたきごぼう
たたきごぼう.jpg
ご家族のために今回はこの三品を作るそうです。
生徒さんの一番のお気に入りは、
たたきごぼうです。
「たたいてあるごぼうなので食べやすく、
 味もしみていて美味しいです。」と感想をいただきました。

そして、れんこんの二種類の煮る方法や、
矢羽になるように切ることについて、
普段と違った料理なのでとても喜んでいただけました。

炒り鶏は「炒る」ことで味を濃くつけます。
正月料理ならではの調理方法です。
「鶏肉もぐっと美味しいあじですね。」とせいとさん。
和食のイロハ.jpg

おせち料理はいくつかありますが、
少しずつでも自分のおせちを作ると
食べる人も喜んでいただけると思います。

ご馳走様です。

2015年12月19日

和食のイロハ

今日は和食のイロハの1回目です。

各料理の中からそれぞれ調理の要点と理由を学んでいただきました。
炒り鶏では乱切りで食材を同じくらいに切ること、
少ない煮汁で炒って調理すること。
炒り鶏.jpg

里芋の煮方では最初に皮ごと煮る方法で
皮の取り方。

ほうれん草とりんごの胡麻和えは
胡麻をすりばちですって和え衣の作り方。
ほうれん草とりんごの胡麻和え.jpg
生徒さんの感想は
「料理には手順があり、
五感を使って料理をするのだとわかりました。」
「美味しかったです。さっそく炒り鶏とほうれん草のとりんごの胡麻和えを作ります。」
和食のイロハ.jpg
いろいろな感想をいただきました。ありがとうございます。
そして、ご馳走様です。

2015年12月18日

おせち料理2 だて巻きを作ろう!

今日はおせち料理2
だて巻き
だて巻き.jpg
だて巻きは調味した卵液をこし、
卵焼きのフライパンで焼いてから
鬼すだれで巻きます。

出来上がりに生徒さんは大喜び!
「できました!」試食の時も「とても良い味です。」
 今日の生徒さん.jpg
炒り鶏
炒り鶏.jpg
たたきごぼう
たたきごぼう.jpg
おまけで
けんちん汁です。
けんちん汁.jpg

おせち料理和食のいろは.jpg
「これで今年のおせちは決まりです」と喜んでいただけました。
ご馳走様です。
  

2015年12月16日

和食のイロハ

今日は和食のイロハの日です。
今月はおせち料理を中心に行います。

炒り鶏 矢羽れんこん 五色なます 出汁巻き卵を作りました。
おまけで炒り銀杏。
和食のイロハおせち料理.jpg
小さいお重に詰めていただきました。
今日の生徒さん.jpg
「お重に詰めていただくと、お正月の雰囲気ですね!」
「今年のお正月には、この四種類を作ります。」
おせち料理.jpg

汁ものは紅白の汁ものです。
一足先におせちをいただきました。
ご馳走様です。

2015年09月29日

和食のイロハ

今回は酢を使った料理です。

酢豚!揚げた肉や野菜を甘酢でからめます。
酢豚.jpg
中華ではなく、家庭でできる酢豚です。
「ちょうど良い酢の加減です。」と生徒さん。

ほうれん草とエノキのかぼすかけは、
エノキを下味をつけて煮ています。
この季節のかぼすをお酢がわりにたっぷりかけ、
浸し地に味をつけました。
ほうれん草とえのきのカボスかけ.jpg

ピーマンとなすのなべしぎはみそ味です。
なすとピーマンのなべしぎ.jpg

精進料理と食材は違いますが、
作る気持ちは同じです。
無駄をしないように作り、
感謝の気持ちでいただきます。
今日の精進料理.jpg
ご馳走様でした。


2015年07月20日

和食のイロハで春雨と夏野菜のサラダ

今日は春雨と夏野菜のサラダ、トマトと厚揚げの葛とじ、
ゴーヤの生姜煮を作りました。

この季節に夏野菜ををたくさん使ってサラダにします。
また、トマトと厚揚げを昆布出汁で煮込むとトマトの旨みが
厚揚げに入ります。
厚揚げとトマトの葛とじ.jpg
ゴーヤは生姜と相性が良く、
苦味はきになりません。

「どれも美味しくて、一番のお気に入りが決められません。」
今日の生徒さん.jpg
このサラダも具材をいろいろ足すことができ、
冷やし中華のにも使えますとお伝えしました。
春雨といろいろサラダ.jpg
料理は工夫次第で応用ができます。
いろいろ試してみて、ご自分の好きな味を見つけてください。

今日の和食のイロハ.jpg
ご馳走様でした。

2015年06月24日

和食のイロハ 鰯

今回の和食のイロハは「鰯のつみれ汁」です。
完成.jpg

入梅の頃から10月頃まで脂がのって美味しいころです。。

n−3系の脂肪酸を含むので
悪玉コレステロールや中性脂肪を減らします。

鰯を手開きにして骨をはずし、細かく切ってからすります。
1本お手本で作ってから、後の3本は生徒さんにバトンタッチしました。
「最初は怖々だったのですが、少しずつ慣れてきました。」と生徒さん
生徒さん.jpg
味つけは塩としょうが汁、隠し味程度にみそ少々です。
出来上がりに
「フワフワして美味しいです!」と感想をいただきました。
和食のイロハ.jpg
ご馳走様でした。








2015年06月16日

和食のイロハ 春巻き

今日はマキマキ春巻きのです。
和食のイロハ 春巻き.jpg

春巻きは中華料理かもしれませんが、
この春巻きは普段のおかずです。

調味料も塩、薄口しょうゆ、しょうが汁で味をつけます。
春雨を使うので余分な汁が出ません。

カリッとした仕上がりに生徒さんも喜んでいただけました。
今日の生徒さん.jpg
海老を使っても違う味で美味しいですよ!和食のイロハ.jpg

ご馳走様でした。

2015年05月16日

和食のイロハ

今日の献立
・豚肉のしょうが焼き
・春野菜の胡麻酢和え
・アスパラガスときぬさやの胡麻和え

急に暑くなった時に豚肉がお勧めです。
良質なたん白質源になるのと
糖質代謝に必要なビタミンB1が多く含まれているからです。

1回の食事で豚肉は80g〜100g食べるので
栄養的に多く摂取できます。

和食のイロハ.JPG

今日の生徒さんは
普段忙しいので中々料理が作れないとおっしゃっていました。
「ていねいに教えていただいたので家でもできそうです。」
と感想をいただきました。
今日の生徒さん.jpg

他の胡麻酢和えや胡麻和えも喜んでいただけたようです。
ご馳走様でした。

2015年05月08日

和食のイロハ 鰆の煮物

鰆(サワラ)はこの漢字の通りに春が旬です。

塩焼き、西京焼きが良く知られていますが
今回は竹の子と蕗も一緒に入れて炊きました。

汁はお酒をたっぷり用意し、水と一緒に味をつけて煮ます。
落し蓋をしてコトコト。
鰆の煮物.jpg
露地もののフキと竹の子も美味しく味がついています。
「魚がやわらかくて美味しいですね。」
「春野菜の胡麻酢和えも甘夏の酢がいいですね。」と生徒さん
今日の生徒さん.jpg

春野菜の胡麻頭和え.jpg

ご馳走様でした。

2015年03月28日

和食のイロハ 魚

今日の献立は、
鯖のみそ煮、せりとにんじんの白和え、蕗の青煮、花わさびのお浸しです。
今日の和食のイロハ.jpg

「おいしい鯖のみそ煮と豆腐を使った白和えが作りたい」とリクエストをいただきました。
この時期は鰆(さわら)が旬ですが、例年より寒いのでまだ市場で入荷が少ないようです。

「鯖のみそ煮は今まで何となく作っていましたが、
 おいしくできてます。」
鯖のみそ煮.jpg

「白和えとても味がいいですね。」と生徒さん。
せりとにんじんの白和え.jpg

豆腐の水切りの方法について質問がありました。
重石をする、ゆでる、布巾でしぼるなど
料理との関係をお話しました。

ふきのあおに.jpg

花わさび3.jpg
今日の和食のイロハは生徒さんにとても満足していただけました。
ご馳走様でした。

2015年02月25日

和食のイロハ 鴨のロース焼き

合鴨と言うと高級食材のイメージであまりなじみがないようですが、
金沢の郷土料理の治部煮や鴨南蛮、鴨鍋などで昔から使われていました。

今回は築地場外市場で購入した合鴨ロースを使いました。
合鴨は皮と肉の間に脂が多いので、
皮をフォークでつついてから調理をします。

焼く時はフライパンに油をひかなくても
鴨の脂がびっくりするくらいたくさん出てきます
和食のいろは.jpg

「家族が鴨が好きなので
今回作ることができて良かったです。」

「美味しいです!」

春めいてきた近頃ですが冬の風物詩の鴨料理、
まだ寒いのでお腹の中から温まります。

ご馳走様でした。

2015年02月23日

和食のイロハ

今日は和食のイロハの日です。
献立は
・かぼちゃのそぼろあんかけ
・キャベツの春雨サラダ
・けんちん汁
和食のイロハ.jpg

かぼちゃの煮物にそぼろあんをかけるので、
鶏そぼろのあんかけの作り方がポントです。
かぼちゃのそぼろ煮.jpg
春雨サラダは他の具材で応用し
副菜が主菜になるには何を入れるかを伝えました。
キャベツと春雨のサラダ.jpg
けんちん汁は寺でよく作る有名な建長寺汁です。
出汁や味付けがポイントです。
「今日は時に野菜をたくさん調理」しました。」
けんちん汁.jpg
「ここで作る料理はていねいなので
 何回か通ううちに自然とそれが身に付きました。」
今日の生徒さん.jpg

「食べることはホント大切だものね。」

一緒に作りながらいろいろな話ができ、
楽しいひと時でした。

今回も美味しくいただきました。
ご馳走様でした。