2015年04月06日

富士山

昨日、外国の方とお話しをしていたら、
富士山を見たいと言ってました。
近くからでも新幹線の中からでも良いそうです。
DSC_4100.jpg

2015年03月05日

すったり、こねたり!

今回の精進料理は白玉団子をこねたり、
DSC_0348.JPG
里いもをすったりと調理に時間がかかります。
DSC_0347.JPG

おかげで美味しい料理ができました。
DSC_0350.JPG
さつま芋もこの季節、味が美味しい一品です。
DSC_0349.JPG
ご馳走様でした。
posted by 寺庵 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2015年03月04日

京都にも春が来た!

小雨が降る北野天満宮、
梅園が八分咲きの梅です。
DSC_0352.JPG

DSC_0351.JPG

DSC_0371.JPG

DSC_0363.JPG
ここで見つけたのは「つくし」、
可愛らし様子です。
DSC_0361.JPG

ちょっぴり寒くなったので
お茶をいただきました。
DSC_0374.JPG
昆布茶で温まりました。
明日の天気はどうでしょか。

posted by 寺庵 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2015年02月11日

丸めたり、絞ったり、精進料理

今回の精進料理は
すり下しや団子に丸めるなど手作業が多かったです。
長いもの茶巾.jpg
長いもの茶巾。
じゃがいもでもできます。

れんこん団子.jpg
れんこんはすりおろして揚げています。

中身を変えるだけで感じがかわります。
出汁ををはったお椀の中に入れ、
大和芋でふたをしてから蒸しました。
熱々が寒い日にうれしいです。

精進料理.jpg
ご馳走様でした。
posted by 寺庵 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2015年01月16日

虹を!

新幹線での帰り名古屋駅を通過、
ふと外を見ると虹です。
DSC_3663.jpg
小豆粥の帰りに虹を見ると
何となくうれしくなりました。
うれしいおすそ分けです。
DSC_3654.jpg
posted by 寺庵 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2015年01月15日

小豆粥の日

今日1月15日小豆粥の日です。
京都東林院ではこの日は
「小豆粥・散飯式」を行っています。
朝京都に着くと雨のお出迎えでした。

この日はいただいた小豆粥を少量とり分け、
庭にお供えし小鳥たちに分けます。
新春を迎え、仏様に感謝する儀式です。
DSC_3642.jpg
そのあとはお茶とお菓子をいただきます。
DSC_3646.jpg
最後に小豆粥を食べて儀式は終了します
DSC_3657.jpg
posted by 寺庵 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2014年12月10日

精進料理を作る

師走の精進料理は胡麻豆腐から。
胡麻をよくすってからこしていきます。
作り方は同じでも毎年少しずつ違った仕上がりです。DSC_3501.jpg

にんじんも金時にんじんを使います。
甘みも歯ごたえも独特です。DSC_3504.jpg

カレー風味の一品は目先が変わったものでした。
冬瓜とカレー粉のとり合わせもおもしろいものです。
DSC_3502.jpg

とても冷たい京都でした。
DSC_3500.jpg
でもこれだけいただければお腹から温まります。
ごちそうさまでした。






posted by 寺庵 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2014年12月09日

師走の京都

朝から晴天です。
車中より富士山を撮影できました。
DSC_3481.jpg
京都に9時1分到着し山陰本線に乗り換えて
妙心寺の塔頭の一つ東林院を目指します。
DSC_3490.jpg
妙心寺も師走の様子、
参道もきれいに掃き清められていました。
DSC_3493.jpg

DSC_3488.jpg

posted by 寺庵 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2014年11月26日

そうだ、京都に行こう!3

参道.jpg

石に紅葉.jpg

枝垂れ紅葉.jpg

水琴窟に紅葉横.jpg

窓より眺める.jpg

IMG_5058.JPG
妙心寺と東林院にて。
posted by 寺庵 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2014年11月25日

そうだ、京都に行こう2

DSC_0010.JPGとてもきれいな紅葉です。撮影場所:妙心寺
posted by 寺庵 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

そうだ、京都に行こう!

雨の京都も風情があり、
落ち着いた紅葉を眺められます。
DSC_3351.jpg

紅葉は落ち葉となっても
きれいな模様を地面に描いています。
DSC_3349.jpg

DSC_3363.jpg

銀杏も黄色となり、
秋が終わりを告げていました。
DSC_3390.jpg
posted by 寺庵 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2014年10月09日

東林院の精進料理

今月の精進料理は
この秋に収穫された食材
里芋、栗などがあります。
里芋の白和え.jpg

またしめじの和え物も美味しいです。
しめじのう和え物.jpg

滋味が深い秋の精進料理です。
精進料理膳.jpg



posted by 寺庵 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2014年10月08日

秋の庭の昼と夜

京都東林院の秋の庭です。
昼には少し紅葉しているつつじがあります。
ツツジJPG.jpg

ホトトギスは珍しい白い花をつけています。
ホトトギス白.jpg

夜には名月に里芋と栗のお供え
名月と秋の七草.jpg

収穫祭.jpg

明日からは特別拝観、梵燈の会が始まります。

posted by 寺庵 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2014年10月07日

初秋は京都

台風一過の京都ですが、
吹く風も秋の空気を運んでいます。
DSC_3141.jpg
妙心寺でザクロや花梨がなっています。

DSC_3148-6705f.jpg
こから紅葉の季節です。

DSC_3135.jpg

DSC_3146.jpg
posted by 寺庵 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2014年09月10日

精進料理

今回は夏野菜と秋の収穫のさつま芋を使っています。

さつま芋はゆでてからつぶし、あんこを入れて丸めて蒸します。
まだ本来の味が入っていないので砂糖が入ります。
さつま芋団子.jpg
美味しいスイーツです。

ほうれん草は味が梅酢で和えてます。
ほうれん草の梅かけ.jpg
外はまだ暑いので酢を使った料理がありがたいです。

かぼちゃの胡麻かけ.jpg
かぼちゃにもごまあんがあいます滋味あふれる料理をいただきました。

今日の精進料理.jpg
ご馳走様です。

富士山.jpg
夏山の富士山もきれいな形です。でも朝晩はきっと秋本番の空気でしょう。
posted by 寺庵 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2014年09月09日

京都は晴天!

今朝、新幹線で見た富士山です。
DSC_2940.jpg
東京を出るときは小雨でしたが、
箱根を過ぎたら青空です。
もちろん京都も晴天です。
日中は30℃まで上がるのでしょううか。
DSC_2969.jpg
しかし先月のジリジリした太陽からサラッとした照り返しです。
DSC_2960.jpg
DSC_2951.jpg
秋も感じる京都でした。

posted by 寺庵 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2014年08月05日

夏の京都は。

台風前の暑い京都です。
DSC_2803.jpgDSC_2791.jpg

DSC_2818.jpg
DSC_2822.jpg
東林院の精進料理も夏野菜がたくさんありました。


DSC_2808.jpg
posted by 寺庵 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2014年07月08日

文月の京都精進料理

祇園祭の前の京都です。
台風の影響でとても蒸し暑く感じます。
今回の東林院の食材はゴーヤ、つるむらさき、とまとが入ります。
DSC_2648.jpg

ゴーヤは薄切りにします。
栄養たっぷりの色です。
DSC_2636.jpg

油で炒めて、生姜で煮ます。
DSC_2640.jpg

つるむらさきはゆでて
白和えにします。

トマトはホイルに包んで焼きます。
味噌がトマトの旨味と調和して とても美味しいです。

ご馳走様でした。
posted by 寺庵 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2014年06月19日

沙羅の会

今日は京都の妙心寺の塔中、
DSC_2404.jpg

東林院の沙羅の会に参加しました。
DSC_2412.jpg

DSC_2407.jpg

沙羅は日本夏椿と呼ばれ、
その花の寿命は一夜と言われています。
DSC_2431.jpg

花の寿命は一日ですが、
はかない命を思いながら、
白い花を見つめました。
DSC_2421.jpg

一瞬で花は落ちてしまいます。
日々無常の中で私たちが生きていると感じる瞬間です。

沙羅の会でいろいろな方とお話しながら、一期一会を大切に思いました。
posted by 寺庵 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより

2014年06月04日

竹の子 真竹

昨日京都東林院さんで沙羅の会の準備がありました。
東林院の庭.jpg

まだ沙羅の花は蕾ですが
会の始まる15日ごろには咲くと思います。
沙羅双樹の木.jpg

沙羅の花の蕾.jpg

そんな折、「真竹とは竹」を見せていただきました。
は竹.jpg
は竹
真竹1.jpg
真竹「

細長い竹の子です。
下ゆでをせずに調理をします。

東林院さんから真竹をたくさんいただきました。
真竹.jpg

適当に切って油揚げで煮ます。
京都の知人がその日に調理をして友人と一緒にご馳走になりました。
真竹と油揚げの煮物_2303.jpg

薄い色ですが味が油揚げまでしみておいしかったです。
ごちそうさまです。
posted by 寺庵 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都たより